お悩み解決コラム虫歯

根管治療の痛みを解消する!原因と対処法まとめ

根管治療_痛み

1,740view

神経まで達した深い虫歯を治療するときは、「神経を抜く治療」が必要になる場合もあります。そして、神経を抜いた歯は、最終的に「歯の根っこをきれいにする治療」をしなければなりません。この「歯の根っこをきれいにする治療」を「根管治療」と呼んでいます。

中には、根管治療の途中、または前後に痛みを感じる…というケースがあります。そこで、こちらの記事では「根管治療にかかわる痛み」について解説することにしました。

【関連記事】根管治療の費用はどれくらい?保険診療、自由診療それぞれの目安

1.根管治療は、歯の根っこを清掃する治療

実は、根管治療が問題なく進んでいれば、治療中に痛みを感じることはありません。そもそも、根管治療の前段階で、すでに歯髄は取り除かれています。「歯髄=神経」ですから、要するに神経がなくなっているわけです。

とはいえ、普通は「根管治療」「歯髄」といった言葉を聞きなれていないと思います。そこで、まずは根管治療の流れを解説することにしましょう。

さて、一度か二度は「歯の神経を抜く」という表現を聞いたことがあると思います。正式には「神経」を「歯髄」と呼び、「神経を抜く治療」を「抜髄(ばつずい)」と呼びます。

虫歯が深くまで進行すると、歯髄が虫歯菌に感染して炎症を起こします。軽度の炎症なら歯髄を残せることもありますが、歯髄が死んでしまった場合、歯髄が露出するほど虫歯が大きい場合は抜髄となります。

抜髄するときは、麻酔をかけて虫歯を除去したあと、そのまま歯髄も除去します。その後、歯髄が入っていた空洞から根管(歯の根っこ)にかけて治療しなければなりません。虫歯菌に感染した部分を取りのぞき、根管をキレイにします。この作業が「根管治療」と呼ばれる処置です。「リーマー」「ファイル」といった細い針のような器具で、感染部位を除去して、根管を真っ直ぐに整えます。

根管がキレイになったら、内部に消毒薬を詰めます。空洞のままでは、まだ虫歯菌が感染してしまうからです。このとき、隙間なく消毒薬を詰めないと、再感染のリスクが上がります。

2.根管治療による痛みの原因と対処法

ここまでに解説したとおり、根管治療をするときは、すでに歯髄が取り除かれています。つまり、「神経を抜いた状態」になっているわけで、何も問題がないなら、痛みを感じないのが自然です。

しかしながら、人間の身体はそれほど簡単なものではありません。現実には「治療期間中、家にいるときに痛む」とか「根管治療を終えた歯が痛む」という患者さんもいらっしゃいます。この場合、「治療の際、何らかの問題が起きている」「歯ではなく、周囲にある別の場所が痛んでいる」など、さまざまなケースが考えられます。

この章では、「根管治療に伴う痛み」に焦点をあてることにしましょう。その上で、「痛みが生じるタイミング」ごとに、原因・対処方法を紹介していきたいと思います。

2-1 根管治療の最中に強い痛みを感じるケース

根管治療のとき、針状の器具で根管を削ります。ドリルのように電動ではなく、歯科医師が手作業でおこないます。このとき、強い痛みを感じるようなら、歯髄の一部が残っている恐れがあります。

根管は細く、複雑に入り組んでいるので、歯髄を除去したつもりでも、多少、取り残してしまう場合があります。残っている歯髄に治療器具が触れると、激しい痛みが現れます。この場合、医師に「強い痛みがある」と告げて、麻酔をしてもらうほうが良いでしょう。

また、歯髄が除去できていても、「歯の根っこ付近にある歯茎」が痛むケースもあります。これは根管周辺の痛みを感じる部分が敏感になっている…という状態です。この場合も、治療に際して麻酔をしてもらいましょう。

2-2 初回の根管治療で、麻酔が切れたあとに痛むケース

麻酔を使って抜髄をおこない、たいていはそのまま初回の根管治療に入ります。初回の治療後、麻酔が切れてから痛みが出る…というのは、治療の刺激が原因です。時間が経てば痛みは引いていくことが多いので、鎮痛剤を服用するなどして様子を見ましょう。

強く痛む場合は、根管形状が複雑で歯髄が取り切れていない恐れがあります。鎮痛剤を服用して経過観察しても痛みが引かないなら、歯医者さんに相談したほうが良いでしょう。

2-3 根管治療を受けたあと、噛んだ拍子に痛みが走るケース

根管治療を受けたあと、噛んだときに痛む場合があります。これは、歯の根っこに位置する「歯根膜」という部位に炎症が出ているケースです。

歯根膜は「噛んだ食べ物の固さを感じとるための部位」です。噛み合わせに無理があり、噛んだときの刺激が強くなっている恐れがあるので、噛み合わせの調整をしてもらいましょう。歯医者さんに相談すれば、調整してもらえます。

2-4 根管治療を受けたあと、歯茎が腫れるケース

奥歯の根管治療は、1回で終わるものではなく、2~3回にわたって継続することが多いです。そのため、「まだ治療が完了していない状態で、仮の詰め物を入れて1週間待つ」ということも少なくありません。この場合、根管内に溜まった膿(うみ)が周囲を圧迫して痛むことがあります。

この場合、詰め物を外し、内部の圧力を抜く必要があります。受診している歯医者さんに相談してください。もし、深夜に耐えられないほどの痛みが出た場合などは、自身で仮の詰め物を外す…という応急処置もあります。

2-5 根管治療が完全に終わってから、痛みが出るケース

根管をキレイにしたあと、薬剤を詰める処置を「根管充填」といいます。根管充填まですべて終わったあとに痛む場合、薬剤を詰めたときの圧力が影響しているのかもしれません。まずは鎮痛剤を服用するなどして、様子を見てください。圧力による一時的な痛みなら、数日で引くことが多いです。

1週間ほど経過しても痛みが引かない場合、歯が割れていたり、ヒビが入っていたりする恐れがあります。痛みが長引いていると感じたら、歯医者さんに相談してください。

3.まとめ

歯髄に達した虫歯でも、根管治療をしっかりおこなえば、抜歯せずに保存することができます。そういった意味では、非常に大切な治療です。多少の痛みがあったとしても、歯を残すために必要な治療であることは間違いありません。

幸い、「痛みを我慢する治療」はすでに時代遅れになっています。歯医者さんに「痛みがある」と伝えれば、きちんと痛みがなくなるように対処してくれるのが普通です。痛みに耐えようとせず、痛みを抑えてもらえるよう歯医者さんに相談しましょう。

ページトップへ