お悩み解決コラム虫歯

関連痛とは?原因がないのに歯が痛む、不思議な症状を解説

関連痛

1,081view

上の歯が痛いと思っていたのに、歯医者さんに行ったら「下の歯が虫歯」と言われた…。そのような経験はありませんか? 人間の痛覚はアバウトなので、実際に炎症が起きている場所が痛むとは限りません。このような「別の場所が痛む現象」を指して、「関連痛」と呼んでいます。

関連痛のほかにも、「実際には痛くないはずの場所が痛む」という現象は存在しています。こちらの記事では、関連痛をはじめとする「不思議な痛み」を解説することにしました。「歯の健康」はもちろんのこと、「人体の不思議」を知る一助としてお役立てください。

1.関連痛とは何か?

関連痛の定義は「本来、問題が起きているのとは別の場所が痛むこと」です。関連痛が発生する原因としては、「収束投射説(しゅうそくとうしゃせつ)」が有力です。

たとえば、「皮膚表面」と「内臓」の二か所を想定してください。それぞれに痛みを伝える神経が通っています。「痛みを伝える神経」のことを、正式名称で「侵害受容ニューロン」といいます。「皮膚表面」と「内臓」の侵害受容ニューロンが、脊髄で同じニューロンに繋がっている…としたら、どうでしょう?

痛みの情報が大脳に伝わるとき、「皮膚表面」と「内臓」の痛みが同じになるかもしれません。つまり、本当は内臓が悪いのに、「皮膚が痛い」と感じることがあり得ます。これが、収束投射説による関連痛の説明です。

1-1 有名な関連痛は、「アイスクリーム頭痛」

特に有名な関連痛に「アイスクリーム頭痛」があります。アイスクリーム・かき氷などを食べたとき、頭がキーンと痛くなることがあります。きっと、誰でも一度は経験があることでしょう。

冷たいものが喉を通ると「三叉神経(さんさしんけい)」が刺激されますが、脳が三叉神経の刺激を「頭の痛み」と誤認することで頭痛が起こります。結果、頭には問題がないのに、一時的な頭痛を覚えるわけです。

1-2 虫歯の痛みも、関連痛を起こしやすい!

歯の痛みは、もともと関連痛を起こしやすい痛みとして知られています。実際、冒頭でも示したように「上の歯が痛いと思っていたのに、虫歯になっているのは下の歯だった」という例はわりと頻繁に見られます。

これは、「上顎神経」と「下顎神経」が耳のあたりで1つに繋がるからです。上顎神経、下顎神経に「眼神経」を加えた3つの神経は、元をたどると三叉神経という神経になります。三叉神経が枝分かれして、上顎神経・下顎神経・眼神経になっているわけです。そのため、「上顎神経の痛覚」と「下顎神経の痛覚」を混同することがあるのです。

そのほか、「1本の歯が痛いのに、周囲全部に痛みを感じる」という例も散見されます。上の奥歯1本が虫歯になっているだけなのに、「周りの歯」「頬全体」「目の周囲」などが痛むこともあります。これも関連痛によるものです。このように、「関連痛が周囲に波及し、実際より広い範囲が痛んでいる状態」を「放散痛(ほうさんつう)」と呼びます。歯痛は放散痛を起こしやすいので、この事実を指して「歯の痛みは放散性が強い」と表現します。

1-2 肩・首・顔の筋肉が原因!「筋・筋膜性歯痛」

歯に痛みを感じる関連痛には、「筋・筋膜性歯痛」と呼ばれる症状も存在します。「歯を強く噛みしめる癖(クレンチング)」「過度のストレス」「口呼吸」などが重なり、肩・首・顔の筋肉が緊張することが原因です。

痛みの原因は筋肉がこわばっていることですが、関連痛として「歯が痛い」と感じることがあります。これが筋・筋膜性歯痛です。多くの場合、「ここを押すと痛む」という部位があり、その部位を「トリガーポイント」または「圧痛点(あっつうてん)」と呼んでいます。

急性の筋・筋膜性歯痛には、「中枢性筋弛緩薬」「抗炎症薬」「トリガーポイント注射による神経ブロック」などがおこなわれます。慢性化している場合、温熱・電気刺激・マッサージなどの理学療法が用いられることも多いです。筋・筋膜性歯痛のように、「歯に原因がないのに歯が痛む状態」のことを「非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)」と総称します。

1-3 ほかにもある!口腔内の関連痛

口腔内の関連痛は、上述した2つの例だけではありません。ほかにも多くのバリエーションが存在します。「歯の痛み」と誤認しやすいものには、たとえば、以下のような痛みがあげられます。

・三叉神経痛
・群発頭痛
・偏頭痛
・帯状疱疹
・上顎洞炎(副鼻腔炎の一種)
・心筋梗塞
・狭心症

中には、生命にかかわる病気も含まれていますから、「歯に異常が見られないのに歯痛がある」という状況が長期間にわたって続く場合は、念のために医療機関を受診したほうが良いでしょう。

2.関連痛以外にもある!虫歯がないのに歯が痛む症状

「虫歯ではないのに歯が痛い」という症状をきたすのは、関連痛だけではありません。ほかにも、「本当は痛くないはずの歯が痛む」という例は存在しています。

2-1 非定型歯痛

「器質的原因が存在しないのに歯が痛む状態」を「非定型歯痛」といいます。器質的原因とは「組織の炎症・損傷など、物理的に理解できる要因」のことです。歯科治療をきっかけに痛み出すこともあり、40代以降の女性に好発します。鎮痛薬は無意味で、三環系抗うつ薬・抗精神病薬(神経遮断薬 / メジャートランキライザー)などが一定の鎮痛作用を生みます。別名を「突発性歯痛」ともいいます。

2-2 疼痛性障害

「疼痛性障害」は「身体表現性障害」と呼ばれる心因性障害の一種です。器質的原因が見られないのに痛みが現れており、精神疾患が強く疑われる場合は、疼痛性障害である確率が高いです。抗うつ薬・抗不安薬(マイナートランキライザー)による薬物療法のほか、認知行動療法などがおこなわれます。

3.まとめ

人間の痛覚は、あまり正確性の高い感覚とはいえません。本当は痛くないはずの場所が痛んだり、器質的には何ともないのに痛んだり、わりとアバウトです。ただ、時には「心筋梗塞・狭心症の関連痛」として歯が痛むこともあります。「きっと何ともない」で済ませることなく、痛みが続くようなら医療機関を受診するようにしてください。

ごうデンタルクリニック_関連痛

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ