お悩み解決コラムその他

口内炎が赤い!口腔内に病変を見つけたときの対処法を総まとめ

口内炎_赤い

389view

口内炎は「口腔内の炎症」を意味する総称で、実際にはさまざまな種類があります。「痛みの程度」「悪化した場合のリスク」なども、それぞれ異なります。

こちらの記事では、「赤い口内炎」に焦点をあてて「主な症状」「一般的な治療法」を解説することにしました。「自然治癒を待つべきか、医療機関を受診するべきか」を判断する上での一助にお役立ていただければ幸いです。

1.赤い口内炎の種類・症状

「赤い病変を伴う口内炎」には、いくつかの種類があります。中には約50%が癌化するリスキーな前癌病変も存在しますので、まずは「自分の口内炎はどの種類なのか」を特定することが大切です。

1-1 カタル性口内炎

赤い口内炎の中では、もっとも一般的な種類になります。口腔粘膜に赤い斑点(紅斑)が生じるのが特徴です。斑点の境界線は不明瞭で、見た目にはぼやけた印象です。斑点の周囲が全体的に赤く腫れることも多いです。悪化すると、白っぽくただれたり、粘膜表面にひび割れができたりする場合もあります。

痛みはあまり強くありませんが、赤く腫れた一帯に「熱っぽい感覚」が生じることがあります。また、「辛いもの」「酸味の強いもの」など、刺激の強い食品を口にしたとき、若干の痛みを感じる人もいます。

「熱感」「痛み」のほかに、以下のような症状を訴えるケースがあるようです。

《カタル性口内炎の症状》
・粘性の強い唾液が多量に分泌される
・口臭が悪化する
・味覚がにぶり、食べ物の味がわかりにくくなる

疲労・睡眠不足などによる体調悪化に、「慢性的な物理刺激」「口腔内の不衛生」などが重なると発症しやすくなります。外見的特徴から「紅斑性口内炎」、物理的刺激で発症することから「単純性口内炎」といった別名で呼ばれることもあります。

1-2 カンジダ性口内炎

カンジダ性口内炎は、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌によって引き起こされる口内炎です。一般に「カンジダ性口内炎」と呼ばれている口内炎は、白い苔状の病変を生じます。

しかし、これは「偽膜性カンジダ症」といって、カンジダ症の中の1種類にすぎません。ほかに「萎縮性カンジダ症」「肥厚性カンジダ症」があり、萎縮性カンジダ症は赤い病変をきたす口内炎です。

さて、萎縮性カンジダ症は慢性的な口内炎で、多くは義歯(入れ歯)を装着している部位に発症します。カンジダ菌が義歯の内部に入りこんで繁殖し、それが口腔粘膜に感染するわけです。義歯の洗浄に「義歯洗浄剤」を使っていない人は、萎縮性カンジダ症になるリスクが特に高くなります。

萎縮性カンジダ症の場合、義歯の床部分が接触している箇所が赤くなり、ヒリヒリとした「痛み」「熱感」を生じます。

1-3 ヘルペス性口内炎

ヘルペス性口内炎は「単純ヘルペスウイルス1型」に感染したことによるウイルス性の口内炎です。単純ヘルペスウイルス1型は「口唇ヘルペス」「単純ヘルペス脳炎」「ヘルペス角膜炎」などを引き起こすウイルスで、口内炎の原因にもなるのです。

さて、ヘルペス性口内炎を発症すると、口腔内・喉の奥に赤い発疹を生じます。かなりの痛みを伴うことから、食事を摂るのに難儀します。

1-4 紅板症(こうばんしょう)

口腔内粘膜の一部が赤く盛りあがり、粘膜が薄くなります。赤くなった部分の表面はつやつやしていますが、一部に潰瘍(えぐれた形状の病変)を伴うこともあります。粘膜が薄くなるときに刺激痛を感じることもありますが、基本的に痛みはありません。

さて、紅板症は前癌病変といって「癌の一歩手前にあたる症状」です。紅板症の約50%は癌化すると言われています。紅板症を生検(組織を切り取って検査すること)すると、すでに「上皮内癌」と呼ばれる初期癌になっていることも多いです。口腔癌のリスクがある症状ですから、紅板症が疑われる場合は早急な医療機関の受診が必要です。

2.赤い口内炎の治療方法

それでは、これまでに紹介した4種類の口内炎について、一般的な治療方針を確認したいと思います。

2-1 カタル性口内炎の治療法

カタル性口内炎であれば、自宅で経過観察しても構いません。基本的に1週間~10日もあれば自然治癒します。口腔内が不衛生だと長引くので、衛生管理には留意してください。患部を刺激しないように「ぬるま湯」でうがいするなどして、口腔内の衛生状態を保ちましょう。

あるいは、「イソジン」「コンクール」など低刺激のうがい薬を使用しても構いません。ただし、アルコールの入った洗口液は刺激が強すぎるので避けましょう。そのほか、抗生物質の入った軟膏を塗布するのも有効です。雑菌の繁殖を抑えることで、炎症の悪化を防ぐことが期待できます。

2-2 カンジダ性口内炎の治療法

真菌(カビ)の感染症なので、抗真菌薬による治療をおこないます。ステロイド・抗生物質はカンジダ性口内炎の誘発・悪化要因になるので注意が必要です。ステロイドは免疫反応を抑えてしまいますし、抗生物質はカンジダ菌に効きません。特に抗生物質は、ほかの菌を殺菌することで、結果的にカンジダ菌のさらなる増殖をサポートしてしまいます。

2-3 ヘルペス性口内炎の治療法

ヘルペス性口内炎は「単純ヘルペスウイルス1型」が原因ですから、抗ウイルス薬による治療を試みます。「アシクロビル」「ビダラビン」などの抗ウイルス薬を用いることで、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることが可能です。

ヘルペス性口内炎の痛みを抑える際、鎮痛薬としては「アセトアミノフェン」を用います。「ロキソプロフェン(商品名:ロキソニン)」「ジクロフェナクナトリウム(商品名:ボルタレン)」など消炎作用の強い鎮痛薬は症状を悪化させるからです。同様に、免疫を鈍らせる「ステロイド剤」も逆効果です。

2-4 紅板症の治療法

紅板症は、癌化する確率の高い前癌病変なので、外科的に切除するのが一般的です。ただ、切除後の再発リスクもあるため、長期的な経過観察をしなければなりません。ただ、紅板症の段階で切除し、経過観察をおこなえば、まず口腔癌に進展することはないでしょう。紅板症の段階で治療を開始できたら、「早期発見できた」とプラスに受け止めるようにしてください。

3.まとめ

通常の口内炎は、おおよそ2週間以内には自然治癒します。ですから、全身症状がなく、局所的な炎症であれば、2週間は様子見でも良いでしょう。ただ、「2週間が経過しても改善する様子がない」というケースでは、早期受診が必要です。耳鼻咽喉科や歯科、皮膚科でも口内炎の診断・治療をしてくれます。

ごうデンタルクリニック_口内炎_赤い

ページトップへ