お悩み解決コラム歯周病

歯茎が赤いのは危険なのか?その原因と対処法【注意すべき口内の異変】

歯茎_赤い

2,045view

歯磨きをしていると、痛みはないのに歯茎から血が出る。歯茎がいつもより赤い気がする。歯茎が腫れているので食事に差し障る。虫歯の痛みはしないのに…。

歯茎が赤いのは危険信号です。虫歯や歯周病、親知らずといった様々な歯の病気を知らせています。

この記事では、歯茎が赤い時の様々な症状や赤くなる原因、対処法についても紹介していきます。

1.歯茎が赤い時の症状

健康な歯茎はピンク色をしています。
悪くなるにつれ、ピンク色 → 赤 → 赤紫 → 黒(紫)へと進んでいきます。
形も丸くなり、健康な状態と比べて柔らかくなっています。
まずは歯茎が赤くなると一緒に現れる症状を見ていきましょう。

1-1 出血しやすい

歯茎が赤くなるのは腫れているからです。歯茎についた細菌を排除するために、歯茎に血液が集まるからです。

この状態で歯磨きをしたり、せんべいのような硬い物を食べたりすると、痛みはないのに出血することがあります。

1-2 歯茎がムズムズと痒くなる

赤く腫れているのは炎症を起こしている状態です。頭を洗わないと頭皮が痒くなるように、歯茎も細菌がついて汚れているので痒くなります。

とても敏感な状態なので、ちょっとした刺激でムズムズしてしまうのです。

1-3 冷たいものがしみる

歯茎が赤く腫れる原因の一つに歯周病があります。歯周病による炎症の場合は、進行が進むと歯茎が下がってきます。

歯の外側はエナメル質に覆われているので刺激は受けないのですが、歯茎が下がることでエナメル質に覆われていない象牙質が露出するので、冷たい水などを飲むとしみてしまい
ます。

1-4 口臭がする

歯茎が下がることによって、歯と歯茎の間の溝が広がって歯周ポケットができます。歯周ポケットに細菌が溜まることで、膿のような臭いがします。

また、歯茎は少しの刺激でも出血する状態なので、血液の臭いも口内に充満するので、細菌による臭いと合わさって口臭はより強くなります。

2.歯茎が赤くなる原因

ここでは、歯が赤く腫れるのはどんな原因があるかを紹介します。

2-1 口内炎

口内炎には口の中に原因があることで起こる「原発性口内炎」と、全身の病気から引き起こされる「症候性口内炎」があります。

ストレスや睡眠不足などの免疫力低下で起きる「アフタ性口内炎」や、歯磨きが不十分なことや熱湯などの物理的刺激で起きる「カタル性口内炎」が一般的です。
自分でケアをすることで自然回復する可能性が高いです。

2-2 親知らず

奥歯である親知らずはまっすぐ生えてこないので、ブラッシングの時に毛先をしっかり当てることが難しくなります。

磨き残しで歯垢(プラーク)が溜まることで、親知らずの周囲に炎症が起きることがあります。自宅でのケアや歯医者さんでの治療で炎症が治まっても、親知らずは周囲をしっかり磨かないと、何度でも炎症が再発します。

親知らずが周囲の歯に悪影響しか与えないようでしたら、抜歯することも考えましょう。

2-3 歯肉炎

歯周病には歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏の3段階があります。

歯肉炎は歯周病の初期症状です。歯肉炎は歯と歯茎に細菌がつくことで炎症を起こすことです。

歯周炎になると、歯と歯茎の間の溝に歯周ポケットができ、広がっていきます。これは歯を支える骨が溶かされている状態です。

歯槽膿漏は歯を支える骨の3分の2以上が失われて、歯がグラグラして今にも抜け落ちそうな状態です。ここまでくると、もう抜歯して義歯やインプラントを埋め込むことでしか、歯の機能は戻りません。

歯周病は糖尿病患者に多く発症すると言われています。体を守る白血球が弱ることで、細菌に感染しやすくなるからです。歯周病との相性は悪く、合併症も引き起こすことがあるので注意が必要です。

2-4歯根囊胞

虫歯が原因で歯茎が赤く腫れることもあります。虫歯が歯の神経にまで進行してしまうと、身体の防衛機能が働いて毒素が顎に広がらないように袋を作って閉じ込めてしまいます。
袋の中に細菌が溜まることを「歯根囊胞(しこんのうほう)」と呼びます。

虫歯が深く進行した時だけでなく、歯の神経を取るような深い虫歯の治療の後で起きます。歯の根を洗浄して無菌状態にすることで治療します。

2-5 骨髄炎

骨髄炎になると、歯茎がかなり腫れて顎も痛くなります。歯を支える顎の骨の中にまで細菌が入り込むことで起こります。

顎が腐っているので強い痛みを感じ、嘔吐や発熱といった全身に及ぶ症状が出ます。抗生物質を長期間投与して、顎に広がった細菌をなくすことで治療します。

2-6 歯肉ガン

歯茎にガンができることでも赤く腫れます。ガンの中ではかかる比率は少ない方なのですが、口内炎など他の原因と見間違われやすいので進行した状態で見つかることが多いです。

虫歯や歯周病といった口内の不清潔、義歯や詰め物が歯茎に長期間刺激を与える、飲酒やタバコなどが原因で起きます。

口腔外科で手術によってガンを切除することで治療します。

3.自宅でできるケア

歯が赤く腫れたという状態というのは、様々な要因を含んでいます。自分の判断だけでは原因を特定することができません。

ただし、自分でケアをして赤い腫れが改善されるのなら心配はないと思います。ここで紹介するケアを試して症状が改善されないなら歯医者さんに行きましょう。

3-1 歯ブラシだけでなく、デンタルフロスも使う

歯茎の腫れは細菌がついて汚れているから起きます。しっかりとブラッシングをして、歯や歯茎の汚れを落とすことで症状が改善することが多いです。

ただし、歯ブラシだけではどんなに丁寧に磨いても、歯と歯の間、歯茎に溜まった歯垢を取り除けません。

そこで、デンタルフロスを使うようにしましょう。糸巻タイプとホルダータイプがありますので、自分が使いやすい方を選んでください。

【関連記事】初めて使う方は必ず見て下さい、デンタルフロスの正しい使い方

3-2口呼吸の人は鼻呼吸を心がける

唾液には細菌から歯や歯茎を守るバリアの働きがあります。唾液が少ない人は虫歯や歯肉炎になりやすくなります。

口呼吸の人は口内の唾液が乾燥しやすいです。歯茎のバリアが剥がれてしまって、歯肉が無防備になるので細菌に感染しやすくなるのです。

3-3 間食を控え、食べたらすぐにケアする

唾液には口の中を浄化してくれる働きがありますが、食後に時間が経ってから働きます。1日に何度も食事をして間隔を空けなければ、歯垢が作られる時間が増えるので、歯肉は悪化します。必ず次の食事までに間を空けるよう心がけてください。

食後の30分以内は細菌が一番活発なので、すぐに歯を磨いて口内を清潔にしてあげることが大事です。どうしても歯を磨けない時や、間食でおやつやジュースを口に入れた時は、ティッシュで歯や歯茎を拭うようにしましょう。

3-4 タバコをやめる

タバコを吸うことで一番怖いのは、ニコチンが血管を収縮させて酸素不足にしてしまうことです。これによって、危険信号を告げる歯茎の赤い腫れが隠され、細菌と戦う免疫力が低下します。

歯の赤い腫れが歯肉炎であった場合など、歯周病の進行に気付かないだけでなく、進行を促進させることになります。本人が自覚した時には、改善が難しい状況になっていることが多いのです。

4.まとめ

痛みは体の異常を知らせる一番わかりやすいサインです。虫歯であるならすぐに自覚できても、歯茎だと虫歯のような痛みを感じることが少ないので気づきにくいのです。

毎日チェックすることで歯茎の異常を見逃さないようにしましょう。そして、ケアはあくまでもケアだということを忘れないでください。

歯茎の炎症を改善する一番効果的な治療は、歯医者さんで歯垢や歯石を除去してもらうことです。歯茎の状態で判断に迷ったら、すぐに歯医者さんに相談しましょう。

ページトップへ