【プロバイオティクス】スウェーデン式の虫歯・歯周病予防について

プロバイオティクス

770view

最近、「プロバイオティクス」という単語をあちこちで目にするようになりました。何となく、「微生物・細菌を利用した健康法みたいなもの」というのはわかると思いますが、具体的にどんな作用があるのか知らない…という方も多いのではないでしょうか?

プロバイオティクスに期待されている効果の1つは、「虫歯・歯周病リスクを下げること」です。実際、国をあげて予防歯科に力を入れているスウェーデンでは、プロバイオティクスがとても盛んにおこなわれています。「歯の健康を守るためのプロバイオティクス」を中心に、プロバイオティクスの可能性を見ていきましょう。

1.プロバイオティクスは「善玉菌」を使った予防医療

「プロバイオティクス」とは、簡単にいうと「善玉菌」を意味します。善玉菌というのは、「健康に有益な働きをする微生物」のことです。とはいえ、プロバイオティクスという言葉は、単に善玉菌そのものを指すだけではありません。善玉菌に関連する、以下のような意味合いを含んでいます。

・善玉菌を含んでいる食品類
・善玉菌がもたらしてくれる健康増進作用
・善玉菌を有効活用して、健康を増進するという考え方

プロバイオティクスという単語は、これらすべての意味を含んでいます。つまり、簡単にいえば、「善玉菌の力で健康になること」を指しているわけです。

1-1 プロバイオティクスが脚光を浴びているのはなぜ?

なぜ、今、プロバイオティクスが注目されているのでしょうか? かつて、医療においては善玉菌より悪玉菌が注目されていました。「悪玉菌をやっつけて病気を治す」という考え方です。この方向性を「アンチバイオティクス」と呼んでいて、主役は「抗生物質」でした。

しかし、抗生物質を多用すると、一部の細菌は「抗生物質が効かない性質」を獲得します。抗生物質が効かない細菌は「耐性菌」と呼ばれています。

安易に抗生物質を使うと、どんどん耐性菌が増えてしまいます。しまいには、ほとんどの薬が効かない「多剤耐性菌(たざいたいせいきん)」まで出現しました。「悪玉菌をやっつける」という考え方だけでは、限界があったということになります。

そこで、「人間にとって役立つ善玉菌をサポートして、間接的に悪玉菌を減らす」というプロバイオティクスの考え方が注目されるようになったわけです。

1-2 もっとも身近なプロバイオティクスは乳酸菌

私たちの生活の中で、もっとも身近な場所にあるプロバイオティクスとは何でしょうか?

間違いなく、「乳酸菌を取り入れた食品・食習慣」だと思います。「ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂取して、おなかの調子を整えている」という方はきっとたくさんいるでしょう。プロバイオティクスは決して特別なものでも、難しいものでもなく、すでに私たちの生活の中に入りこんでいます。

おなかの調子を整えてくれる善玉菌として、乳酸菌・ガセリ菌・ビフィズス菌といった細菌の名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。

実は、おなかに優しい善玉菌と同じように、口の中の健康を守るための善玉菌が存在しています。口腔内のプロバイオティクスにおいて注目されている善玉菌の名前を、「ラクトバチルス・ロイテリ菌」といいます。長い名前なので、ここから先は略称として「L.ロイテリ菌」という名前を使うことにします。

2.L.ロイテリ菌を活用!プロバイオティクスで歯を健康に

口の中の健康を考えるとき、着目するべきプロバイオティクスはL.ロイテリ菌です。乳酸菌の一種で、1980年代に発見された菌種です。人間を含む哺乳類の消化管に住んでいる善玉菌で、母乳にも含まれています。もともと人間の体内に存在していることから、あまり警戒せずに摂取できる…というのも1つのメリットになるでしょう。

2-1 L.ロイテリ菌の力で、虫歯・歯周病リスクを下げる!

L.ロイテリ菌には、口の中にいる虫歯菌・歯周病菌を抑制する働きがあります。広島大学でおこなわれた研究では「L.ロイテリ菌の働きにより、虫歯菌の発育が約90%抑制された」という結果が得られました。これは、「L.ロイテリ菌と虫歯菌を3:1の比率で混合し、試験管内で培養する」という実験手法で得られた結果です。

また、広島大学では歯学部付属衛生士学校の学生40名に協力してもらい、「L.ロイテリ菌を含むヨーグルトを摂取してもらう」という実験もおこなわれました。1日1回、2週間の摂取を続けてもらったところ、唾液中の虫歯菌は1/3~1/5まで減少しています。

要するに、健康を脅かす悪玉菌を減少させることで、間接的に私たちの健康状態を向上してくれるわけです。おなかの中で「善玉菌と悪玉菌のパワーバランスを変える」という考え方はすでに広まっていますが、それとほぼ同じことが口の中でも起こせるのだ…と理解していただければ良いと思います。

参照URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/kohog/news/h14/020705.htm

2-2 どうしてL.ロイテリ菌は虫歯菌・歯周病菌を減らせるのか?

L.ロイテリ菌は、脂肪に含まれる「グリセリン(グリセロール)」を「1,3-プロパンジオール」という物質に変える働きを持っています。そして、このときに出る副産物に「ロイテリン」という物質があります。重要なのは、このロイテリンです。

ロイテリンには、一部の細菌・カビ・酵母が増殖するのを抑える作用があります。ロイテリンは有益な善玉菌には影響を与えず、虫歯菌・歯周病菌などの悪玉菌をピンポイントに攻撃してくれる物質です。

2-3 L.ロイテリ菌が作用するのは、口の中だけじゃない!

虫歯菌・歯周病菌を撃退してくれるL.ロイテリ菌ですが、実は、胃腸の健康維持にも役立つのをご存知でしょうか?

胃の中に住んでいて胃炎・胃潰瘍・胃がんなどの原因になる細菌として、「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」という細菌が有名です。L.ロイテリ菌が生産するロイテリンには、ピロリ菌を抑制する作用もあると考えられています。

また、一般的な乳酸菌と同じように、「腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働き」も知られています。腸内の細菌バランス(腸内フローラ)を良好に保ち、便秘・下痢などを改善できる可能性があるわけです。

3.プロバイオティクス入門!L.ロイテリ菌を摂取する方法は?

L.ロイテリ菌は、基本的にサプリメントから摂取することになります。L.ロイテリ菌の多くは、スウェーデンの「Bio Gaia社」が保有しているので、同社のサプリメントが広く知られています。細菌の商業利用にも権利関係の問題があり、L.ロイテリ菌については、Bio Gaia社が多くの特許を保有している…というのが理由です。

同じようなケースとしては、日本のヤクルト社がラクトバチルス・カゼイ・シロタ株(通称:ヤクルト菌)の多くを保有している例があります。

ちなみに、歯医者さんの中には、プロバイオティクスの考え方を用いた「虫歯・歯周病予防」をかかげているところもあります。もっとも間違いがないのは、「歯医者さんに相談した上で、プロバイオティクスを取り入れる」という方法でしょう。プロバイオイティクスのほか、「バクテリアセラピー」といった名称が使われていることもあるので、あわせて調べてみてください。

L.ロイテリ菌の安全性はどう評価されている?

2014年の段階で、世界80の国・地域において、L.ロイテリ菌を用いたプロバイオティクスが採用されています。西欧諸国・北米を中心とした医療先進国で多くの採用例があることから、一定の信頼性は認められている…と判断して構わないでしょう。

また、L.ロイテリ菌の商業利用を進めている「Bio Gaia社」は、多くの臨床試験結果を公表しています。健康な人はもちろん、消化器疾患で入院中の患者さん、HIV感染者、集中治療室の未熟児などにもL.ロイテリ菌を投与し、悪影響が出ないことを確認しています。

参照URL①:http://www.childhealth.jp/reuteri.html
参照URL②:http://www.biogaia.jp/reuteri/academy/cat155/467.html

4.まとめ

近年、プロバイオティクスの考え方はさまざまな場所に拡大してきています。「おなかの善玉菌を増やして、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう:細菌のバランス)を改善する」というのは、もはや常識のレベルになってきています。

人間は細菌・微生物と共存関係にあって、「大切なのは菌を殺すことではなく、善玉菌をサポートすること」という価値観が、すでに主流になりつつあるわけです。

こういったプロバイオティクスの考え方を口腔内・歯の健康に生かしたのが、L.ロイテリ菌による虫歯・歯周病予防です。今後、「虫歯は予防するもの」という考え方はますます強くなっていくことが予想されます。日々の歯みがきでプラークコントロールを心がけながら、新しい予防法についても知識を深めていきましょう。

ページトップへ