歯周病の治療にはいくらかかる?進行度別の保険内・保険外費用まとめ

4,843view

歯周病は、歯を失うリスクがもっとも高い疾病です。虫歯が進行すると痛みが生じますが、歯周病は自覚症状がないまま進行します。気づいたときには重度で、歯がグラグラ揺れはじめている…というケースも珍しくありません。

末永く自分の歯を保存していくためには、歯周病の予防・治療が不可欠です。こちらの記事では、歯医者さんでおこなわれている一般的な歯周病治療を紹介し、費用の目安を掲載することにしました。

1.歯周病治療の費用目安~保険診療編

まずは、保険診療でおこなわれる治療内容・費用の目安について解説したいと思います。保険診療の費用は保険点数で定められています。保険点数は「1点=10円」ですが、健康保険が適用されるので、多くの人は3割負担になります。結果、実質的に「保険点数1点あたり3円」と計算するほうがわかりやすいでしょう。

ただし、こちらの記事でおこなっているのは、あくまでも「費用目安を算出するための概算」になります。症状・医院によって検査内容・処置内容は変わりますので、ご注意ください。また、検査費用・治療費用のほかに初診料などがかかります。

1-1 歯周病の検査費用

治療前には検査が必要なので、歯周病治療のために受診した患者さんには歯周検査がおこなわれます。歯周検査には「歯周基本検査」「歯周精密検査」の2種類があります。

歯周基本検査

・歯周ポケットの深さ測定(1歯につき1か所)
・測定時の出血有無を検査
・歯の動揺度検査

「プローベ」と呼ばれる針状の器具で歯周ポケットの深さを計測します。「歯と歯茎の隙間」にプローベを差しこみ、25gの力をかけて「止まった場所」を歯周ポケットの底と判断します。この刺激で出血があれば、「炎症がある」と考えます。そのほか、すでにグラついている歯がないかもチェックします。

《費用目安》
※1回に検査する歯の本数により金額が変わります
1~9本:保険点数50点=150円
10~19本:保険点数110点=330円
20本以上:保険点数200点=600円

歯周精密検査

・歯周ポケットの深さ測定(1歯につき4か所)
・測定時の出血有無を検査
・歯の動揺度検査
・歯垢(プラーク)の付着度確認

同じ歯でも、方向によって歯周ポケットの深さが異なる場合もあります。そこで、より歯周精密検査では、より精密に深さを測定します。そのほか、プラークの付着度も確認するなど、基本検査より踏み込んだ部分まで確認していきます。

《費用目安》
※1回に検査する歯の本数により金額が変わります
1~9本:保険点数100点=300円
10~19本:保険点数220点=660円
20本以上:保険点数400点=1200円

1-2 軽度歯周病の治療費用

スケーリング

歯周ポケットが4mm程度までの「軽度歯周病」には、「スケーリング」がおこなわれます。「スケーラー」と呼ばれる器具を歯周ポケットに差しこみ、歯周病の原因となる歯石を除去する治療です。

《費用目安》
※口腔内を「上前歯+犬歯」「下前歯+犬歯」「左上奥歯」「左下奥歯」「右上奥歯」「右下奥歯」の6ブロックにわけて、1ブロックあたりで金額が決められています。
(初回)1ブロック:保険点数66点=198円
(初回)追加1ブロックごとに:保険点数+38点=114円
(2回目以降)1ブロック:保険点数33点=99円
(2回目以降)追加1ブロックごとに:保険点数19点=57円

1-3 中等度歯周病の治療費用

ルートプレーニング

歯周ポケットが6mm程度までの「中等度歯周病」には「ルートプレーニング」がおこなわれることが多いです。「キュレット」と呼ばれる器具を使い、歯周ポケットの深いところにある歯石を削りとります。深いところまで器具を差しこむ治療なので、麻酔を使うことも多いです。

《費用目安》
※歯1本ごとに金額が決められています。麻酔を使う場合でも、麻酔費用は保険点数に含まれているので、追加費用はかかりません。
(初回)前歯:60点=180円
(初回)小臼歯:64点=192円
(初回)大臼歯:72点=216円
(2回目以降)前歯:30点=90円
(2回目以降)小臼歯:32点=96円
(2回目以降)大臼歯:36点=108円

歯周ポケット掻爬術(そうはじゅつ)

中等度~重度に差しかかる歯周病には、歯周ポケット掻爬術がおこなわれることがあります。スケーラーを使って、歯周ポケット内の歯石、炎症を起こしたセメント質(歯の根元にある組織)を除去します。歯周外科手術なので、麻酔をした上でおこないます。

《費用目安》
※歯1本ごとに金額が決められています。
1歯:80点=240円

1-4 重度歯周病の治療費用

フラップ手術

歯周ポケットが7mm以上の「重度歯周病」には「フラップ手術」がおこなわれることが多いです。麻酔をして歯茎を切開したあと、歯茎をはがして歯周ポケット内の感染部位を除去します。歯槽骨が破壊されていれば、形状を整えます。正式名称では「歯肉剥離掻爬手術(しにくはくりそうはしゅじゅつ)」といいますが、フラップ手術の名称が一般的です。

《費用目安》
※歯1本ごとに金額が決められています。
1歯:630点=1890円

2.歯周病治療の費用目安~自由診療編

自由診療の場合、保険点数のような一律の金額設定はありません。歯医者さんごとに、自由な価格設定が認められています。つまり、「特に決まりはなく、歯科医院が値段を決めている」ということです。ただ、だいたいの相場はあるので、一応、目安となる金額を記載しています。

2-1 自由診療における歯周病検査

自由診療の場合、検査内容・費用ともに決まりはありません。医院ごとに、内容・費用ともまちまちです。唾液に含まれる細菌を調べる「唾液検査」、口腔内の歯周病菌を目視検査する「位相差顕微鏡による検査」などがよくおこなわれています。

《費用目安》
1~3万円程度

2-2 歯周病予防・軽度歯周病の治療費用

口腔除菌療法

ドラッグリテーナー(マウスピース状の器具)に「歯周病菌を殺菌するための薬剤」を入れて装着する治療法です。まずは検査のあと、歯科衛生による口腔クリーニング(PMTC)をおこないます。その後、患者さん自身に薬剤を用いたホームケアを続けてもらいます。

《費用目安》
3万円程度

2-3 重度歯周病の治療費用

歯周組織再生療法

歯茎と歯槽骨・歯根膜の間に「人工の膜」を入れて、破壊された歯周組織の再生を促す外科手術になります。「GTR法」と呼ばれる歯周組織再生療法が広く知られています。

《費用目安》
5万円程度

3.まとめ

歯を失わないためには、なるべく初期の段階で歯周病治療をすることが大切です。初期の段階であれば、適切な治療を受けることで「歯周ポケットを縮小すること」も十分に期待できます。

歯みがきのときの出血があるようなら、早めに歯医者さんを受診して、歯周病の検査を受けるようにしてください。可能であれば、何もなくても定期健診を受けることが望ましいでしょう。

コージ歯科_歯周病_治療_費用

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ