お悩み解決コラム親知らず

親知らずが痛い場合の4つの原因とは?治療法と役立つ応急処置

親知らず_痛い

756view

親知らずは、何かと「痛い思いをする原因」になる歯です。実際、斜めに生えてきて隣の歯を圧迫したり、生えてすぐ虫歯になったり、口腔トラブルを引き起こす元凶になることが多々あります。そして、口腔トラブルを解消するために抜歯するとなると、今度は「抜歯して痛い思いをするのでは…」という恐怖心と戦うことになるのです。

多くの人が、親知らずを「口腔内のトラブルメーカー」と認識するのも頷けます。こちらの記事では「親知らずに起因する口腔トラブル」への対処法を紹介することにしました。せめて痛い思いをする回数が多少なりと減るように、応急処置の基礎知識を身につけておきましょう。

1.どんなときに痛いのか? 親知らずの口腔トラブル4つの原因

口腔トラブルの原因になりやすいのは、「斜め・横向きに生えてきた親知らず」です。特に「斜めに生えてきて、一部が歯茎に埋まったまま」という親知らずは、周囲の歯を巻き込んでさまざまなトラブルを起こす傾向にあります。この章では、「親知らずに起因する主なトラブル」を確認することにしましょう。

1-1 智歯周囲炎

斜めになった親知らずは、きれいにブラッシングするのが困難です。歯ブラシは「面を磨く形状」をしていますから、1本だけ「斜めに生えた歯」があると、その周辺をきちんと磨くことができません。すると、いつも親知らずの周囲だけ磨き残しができて、そこに歯垢が溜まっていきます。

慢性的な磨き残しがあると、どんどん雑菌が繁殖していきます。その結果、歯茎が雑菌に感染して、炎症を起こすわけです。初期症状は「親知らず周辺の歯茎が痛み、赤く腫れる」というものです。親知らずの別名を「智歯」というので、「智歯周囲炎」と呼ばれます。悪化すると発熱・喉の痛み・倦怠感などの全身症状が現れることもあり、この段階に至った場合は「歯性感染症」と呼ばれます。

斜めに生えてきている親知らずがあり、「周辺の歯茎が痛い…」と感じた場合は、智歯周囲炎を疑いましょう。

1-2 虫歯

前述のとおり、斜めに生えてきた親知らずは、全体をきれいに磨くことが困難です。そのため、慢性的な磨き残しが生じやすく、虫歯リスクが非常に高くなります。

特に磨き残しが生じやすいのは、手前の歯(第二大臼歯)との境目付近です。斜めに生えてくる親知らずの多くは第二大臼歯(親知らずの1つ手前の歯)のほうに傾いて生えてくるからです。そのため、親知らずだけでなく、「第二大臼歯を巻き込んで2本とも虫歯になる」という例が少なからず見受けられます。

1-3 第二大臼歯を圧迫している

斜めに生えてくる親知らずの多くは、第二大臼歯のほうに傾いています。当然ながら、「生える途中の歯」は自分が向いている方向に伸びます。すると、生えてくる過程で第二大臼歯をぐいぐいと押す恐れがあるわけです。第二大臼歯が圧迫されれば、圧迫による痛みが生じます。

問題は、単に痛みが生じるだけにはとどまりません。親知らずが第二大臼歯の歯根(根っこ)を圧迫している場合、歯根吸収が起きます。歯根吸収とは、圧迫された歯根が溶けて、短くなってしまうことです。歯根が短くなった歯は、寿命が縮む傾向にあります。

また、親知らずが第二大臼歯の歯冠(歯の本体)を圧迫している場合、歯列に悪影響が生じることがあります。親知らずに押された第二大臼歯が手前にずれて、さらに第一大臼歯を圧迫するからです。1本の歯がずれるだけで連鎖的に悪影響が拡大し、歯列全体に悪影響が及ぶわけです。

1-4 親知らずが歯茎・頬粘膜を噛んでいる

斜めに生えていたり、噛み合わせる相手の歯が存在しなかったりすると、歯茎・頬粘膜を噛む恐れがあります。斜めに生えている親知らずは「角になった部分」が反対側の歯茎に食いこむかもしれません。外側に傾いているなら、頬粘膜を噛んでしまうことだってあるでしょう。

2.原因別!親知らずが痛いときの治療法

親知らずが痛いときは、我慢せずに歯医者さんで適切な治療を受けるようにしましょう。中には「放っておくと全身症状が現れる」といったケースもあるので、早めにきちんと処置を受けることが肝心です。ただ、すぐに歯医者さんを受診できないときもあると思うので、応急処置の方法も併せて解説することにします。

2-1 智歯周囲炎が原因のケース

智歯周囲炎の原因は、「親知らずが邪魔で周囲の口腔ケアができていないこと」です。なので、根本治療は親知らずの抜歯です。

ただ、炎症が強いときは、親知らずの抜歯をおこなえません。麻酔も効きにくいですし、抜歯した際の腫れ・痛みが強くなるからです。そこで、鎮痛剤・抗生物質を処方して炎症を抑え、患部が落ち着いてから改めて抜歯することになります。

智歯周囲炎の応急処置

歯医者さんを受診できないときは、とりあえず市販の鎮痛剤で痛みを抑えましょう。そのうえで、親知らず周辺をきれいに清掃します。不衛生になった箇所で雑菌が繁殖しているわけですから、衛生状態を改善して雑菌を減らせば、炎症を鎮静化できる可能性があります。

具体的には、「毛先の柔らかい歯ブラシ」「デンタルフロス」「ワンタフトブラシ(小型のポイントブラシ)」を用いて、親知らず周辺を清掃します。

また、うがい薬で口腔内を殺菌・消毒するのも有効です。特におすすめなのは、「クロルヘキジシン」を主成分とするうがい薬です。クロルヘキシジンには歯周病の予防・緩和作用があり、口腔内の殺菌に適しています。クロルヘキシジンを主成分とする薬剤がなければ、ポビドンヨードを主成分とする「いわゆる一般的なうがい薬」でも構いません。

2-2 虫歯・第二大臼歯圧迫が原因のケース

当然ながら、虫歯が原因であれば歯科治療を受けるのが唯一の解決策です。親知らずが斜めになっているようなら抜歯、真っ直ぐ生えて噛み合わせに問題がないようなら虫歯治療がおこなわれることになるでしょう。

第二大臼歯を圧迫している場合、親知らずを抜歯することになります。特に歯根を圧迫しているケースでは、歯根吸収が進む前に対処しなければなりません。なるべく早めに抜歯をおこなうべきでしょう。

虫歯・圧迫痛の応急処置

すぐに歯医者さんを受診することが難しければ、とりあえず鎮痛剤を飲んで痛みを緩和しておきましょう。効き目の強い鎮痛剤がほしければ、「ロキソプロフェン」を主成分とする鎮痛剤がおすすめです。医療用に用いられる鎮痛剤と同成分で、市販薬の中では鎮痛作用の強い部類に入ります。

また、虫歯が痛いときに使用する「塗り薬」も市販されています。歯に直接、痛みを抑える成分を塗布する薬です。虫歯自体が治るわけではありませんが、「歯医者さんに行くまでの時間稼ぎ」に限定すれば、一定の有用性は認められると思います。塗り薬に関しては、「圧迫による痛み」が効能に含まれていないので、虫歯限定で活用しましょう。

2-3 親知らずが歯茎・頬粘膜を噛んでいるケース

口腔内に外傷を引き起こすようであれば、多くは抜歯するしかありません。早急に歯医者さんを受診したほうが賢明でしょう。

歯茎・頬粘膜外傷の応急処置

クロルヘキシジン・ポビドンヨードなどを主成分とするうがい薬で、傷口を殺菌・消毒しましょう。斜めに生えた親知らずの周囲は歯ブラシが届きにくく、不衛生になる傾向があります。傷口が細菌に感染すると、「大きく腫れる」「膿が溜まる」などの問題を引き起こすかもしれません。まずは殺菌・消毒を心がけてください。

ただし、アルコールを大量に含んだ洗口液の使用はNGです。刺激が強すぎて傷口にしみますし、腫れが悪化することもあります。なるべく患部を刺激しないように努めましょう。

3.まとめ

「親知らずが痛い…」という場合、主に4通りの原因が考えられます。原因ごとに治療法・応急処置法も変わってきますから、まずは「なぜ痛いのか」を特定することが大切です。親知らずに問題があると多くは抜歯になりますが、「斜めに生えている親知らず」の抜歯はそれほど難しくありません。必要以上に怖がらず、早めに歯医者さんを受診するようにしてください。

高村歯科医院_親知らず_痛い

ページトップへ