床矯正の基礎知識まとめ!メリットとデメリットも紹介【歯の矯正読本】

床矯正

1,213view

「床矯正(しょうきょうせい)」は、身体的負担・経済的負担がともに少ない歯列矯正として知られています。また、取り外し可能であることから、「利便性が高い」と認識している方も多いようです。

こちらの記事では、床矯正のメリット・デメリットをまとめ、主流となっている「ワイヤー矯正」との違いを解説することにしました。歯列矯正を検討している方のお役にたてれば幸いです。

1.床矯正は、どのような歯列矯正?

床矯正は1935年、オーストリアのウィーンで基礎が確立した歯列矯正法です。その後、1960年代のヨーロッパでは床矯正が主流となっています。ヨーロッパの矯正歯科は、ワイヤー矯正が主流のアメリカとは対照的な道を歩んできたわけです。日本はアメリカの歯列矯正を手本としてきたため、床矯正の普及率はそれほど高くありません。

プラスチック製の本体にネジ・ワイヤーなどが付属していて、歯を動かす機構になっています。矯正器具の形状が「床に義歯を立ててつくる総入れ歯」に似ていることから、床矯正と呼ばれるようになりました。

1-1 床矯正は、どんな矯正に向いている?

床矯正の器具で、自由自在に歯の位置を動かせるわけではありません。床矯正が得意としているのは、主に次の2点です。

・歯列の横幅を広げて、歯がきれいに並ぶスペースをつくりだすこと
・歯を内側から押して、デコボコにならないようきれいに並べること

つまり、「歯と歯の間に隙間をつくる」「内側の引っ込んだ位置にある歯を外側に向ける」という2つの方向で歯列を矯正する装置ということになります。歯が生えるスペースが不足しているケースで、「歯がきれいに並ぶスペースを確保する装置」と言い換えるとわかりやすいかもしれません。

1-2 床矯正装置には「できないこと」もたくさんある!

一方で、床矯正の器具では「できないこと」もあります。床矯正が不得意としているのは、主に以下の3点になります。

・歯の位置を根元から大きく動かすこと
・1本1本の位置を細かく決めて、矯正すること
・重度の不正歯列を矯正すること

まず、床矯正装置は「歯の根元はほとんど動かさず、傾きを変える」という性質があります。歯を根元から自在に動かすような力はありません。

また、同じ位置に生えている歯を1ブロック単位で大ざっぱに動かす装置なので、1本1本の位置を決めて細かく矯正することも不可能です。あくまでも「歯が生えるスペースを確保して、だいたい正しい形状に並べる」といった装置になります。

こうした特徴から、床矯正は「軽度の不正歯列を矯正する装置」と考えたほうが適切でしょう。極端に歯列が崩れている場合、床矯正装置の力では矯正しきれません。

2.床矯正はどれくらいの年代でおこなうの?

床矯正の適用になるのは、多くが4~12歳のお子さんです。特に「乳歯が生えそろってきた時期」と「永久歯に生え変わってから成長期が終わるまで」の2期間が、床矯正に適した時期と考えられています。顎が成長する時期のほうが、「歯と歯の隙間を拡大してスペースをつくる」という目的を果たしやすいからです。

ただ、中には成人を対象とした床矯正をおこなう歯医者さんもあるので、一概には言えません。歯科医師と相談しながら、「床矯正で目的を達せられるかどうか」を判断していくことになります。

3.床矯正のメリット&デメリット

さて、床矯正は「軽度の不正歯列なら手軽に矯正できる」わけですが、もう少し細かく、メリットとデメリットをまとめることにしましょう。歯列矯正をする際、床矯正とワイヤー矯正のどちらが自分に適しているのか…、予測を立てる際の基礎知識としてお役立てください。

3-1 床矯正のメリットは管理しやすいこと

まずは、床矯正の優れた点・便利な点をまとめることにしましょう。床矯正が「手軽で、管理しやすい」といわれている理由を列挙してみます。

・取り外し可能なので、歯磨きが簡単
・取り外し可能なので、食事のときに不便を感じない
・矯正期間中の痛みが少ない
・ワイヤー矯正と比較して、多くの場合は費用が安い

ワイヤー矯正は「ワイヤーの下をブラッシングできない」など明確に歯磨きが困難になりますが、床矯正にはそういった問題がありません。装置ごと取り外し可能なので、「矯正装置があると邪魔なときは外してしまえばすべて解決」という手軽さがあります。

ただ、「痛みが少ない」という部分は単純にメリットとばかりもいえません。痛みが少ないことは、矯正力が低い事実と表裏一体だからです。歯を動かす力が小さいぶん、痛みが少ないわけです。

費用の少なさに関しては大きなメリットといえるでしょう。ワイヤー矯正はトータルで70~100万円ほどかかる例が多くなります。それに比べて、床矯正は30万円前後でおさまることが多いようです。軽度の歯列矯正であれば、床矯正で費用を抑えたほうが賢いかもしれません。

3-2 床矯正のデメリットは違和感が強いこと

しかし、床矯正には「手軽さゆえの問題点」も少なからず存在します。また、総入れ歯のような大きな装置を使うことから、一定の不便さがあるのも事実です。床矯正の不便なポイントについても確認してみましょう。

・取り外しできるので、外しっぱなしにする子供も…
・発音が難しくなり、会話しにくい…
・口腔内全体に触れる大きさなので、違和感が強い…

取り外しできることはメリットであると同時に、デメリットにもなり得ます。床矯正の対象になるのは多くがお子さんなので、自分で外してしまうことも多いのです。1日に最低8時間、できれば12時間以上にわたって装着しなければならないので、「面倒になってすぐ外してしまう」というのは何としても避けるべき状況です。

また、総入れ歯と同じくらいの大きさがあるので、違和感は大きくなります。舌の動きが制約されることから、発音に困難を感じるケースもあるようです。たいていは1~2週間で慣れますが、慣れるかどうかにも個人差があります。

4.まとめ

床矯正は手軽な反面、「ワイヤー矯正と比べて矯正力が弱い」という特徴があります。噛み合わせを大きく改善できるわけではないので、すべての人のニーズを満たせるわけではありません。

歯1本1本を細かく動かしたいのであれば、ワイヤー矯正のほうが向いています。歯科矯正に際しては、自身のニーズを踏まえて、「どのような矯正方法が適しているか」を歯科医師と相談するようにしましょう。

高村歯科医院_床矯正

ページトップへ