オーラルケアで虫歯・歯周病予防~歯磨きのコツはイエテボリテクニック!

オーラルケア

302view

虫歯・歯周病を予防するためには、オーラルケアが不可欠です。たとえば、虫歯は本当の意味で治ることがありません。歯そのものは再生せず、失った部分を金属・セラミックなどで埋めることしかできないのです。治療が必要になる前に、きちんとケアするほうが合理的だと思います。

本来、人間には親知らず4本を除いても28本の歯があります。しかし、日本人は長寿のわりに、歯が長持ちしません。残存する歯の平均本数は、「65~74歳」で19.2本、「75歳以上」で13.3本となっています。

こちらの記事では、「少しでもたくさんの歯を残すために」という観点で、オーラルケアの基礎知識をお伝えしたいと思います。ご自身はもちろん、お子さんの虫歯予防にもお役立ていただき、今のうちから歯を残す努力をはじめていただければ幸いです。

1.オーラルケアの基本は毎日のブラッシング!

言うまでもありませんが、オーラルケアの基本は「歯磨き」です。ここで大切なのは「歯ブラシで磨くこと」が何より重要で、「歯磨き粉にこだわる」「洗口液で口をゆすぐ」などの行動はすべて二の次であるという事実です。

実のところ、「歯磨き粉をどれにするか」より、歯ブラシで物理的に歯を磨くことのほうが重要性は高くなります。これは、虫歯・歯周病の原因が「口腔バイオフィルム」であることに由来します。

オーラルケア・予防歯科イメージ

1-1 バイオフィルムと戦え!口腔環境を守るために

バイオフィルムというのは、簡単に言うなら「細菌の集合体」です。細菌本体と「細胞外高分子物質(EPS)」で構成されていて、全体としては「ヌルヌルと粘性のある付着物」です。固体・液体の表面に、膜のような形状で付着する性質があります。ちなみに、細胞外高分子物質というのは、細菌が分泌した多糖類・タンパク質などの総称です。

細胞外高分子物質は「水分・栄養分を運ぶ役割」「バイオフィルム内部の細菌を守る役割」を果たしています。内部の細菌同士は共存・共栄の関係にあり、バイオフィルムは、さながら「細菌の国家」です。細菌たちで協力して、身を守りながら暮らしている…ということです。

実際、バイオフィルムに対して、洗口液の殺菌成分などはほとんど無力です。細胞外高分子物質に守られているので、殺菌作用が及ぶのは表面にいるごく一部の細菌だけなのです。大半の細菌は生き残り、平然と増殖を続けることでしょう。「口をゆすぐだけで、虫歯を防ぐ」などというのは、しょせん夢物語です。

1-2 バイオフィルムを除去するのは、物理的な清掃!

「じゃあ、どうすればバイオフィルムを除去できるの?」という質問の答えは、「歯磨きによる物理的なブラッシング」です。バイオフィルムは洗口液の殺菌成分をシャットアウトできますが、歯ブラシによる物理的な力には抵抗できません。

歯磨きのときにバイオフィルムを除去しているのは、「歯磨き粉の成分」ではなく「ブラッシングの摩擦」です。歯磨き粉を気にするよりも、まずはブラッシングに力を入れてください。もちろん、歯ブラシの毛先が開いているようなら、すぐに新しいものに取り替えましょう。毛先を歯面にくまなく当てることが、バイオフィルム除去の基本です。

オーラルケアをする人

1-3 歯を磨くときには、バス法がおすすめ!

虫歯菌は歯の表面、歯周病菌は「歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)」にバイオフィルムを形成します。歯周ポケットをきちんと磨くためには、「バス法」と呼ばれるブラッシング方法が良いでしょう。

バス法では、歯ブラシの毛先を歯周ポケットに向けて、斜め45°の角度で当てます。歯ブラシを持つ手はやわらかいペングリップにして、あまり力を入れず、小刻みに毛先を動かしてください。汚れを掻き出すイメージで、毛先を歯周ポケットに当てます。

ただ、歯ブラシだけでは「歯と歯の間」を磨ききれないので、なるべくデンタルフロスを併用するようにしてください。歯磨きのあと、フロスで歯間のバイオフィルムを落とせば、より効率的に虫歯・歯周病を予防できます。

実際、「80歳で20本の歯が残っている人」がたくさんいるスウェーデンでは、51.3%の人がデンタルフロスを使用しています。日本は19.4%ですから、その差は歴然。毎日の歯磨きにフロスによるオーラルケアを追加すれば、より虫歯・歯周病のリスクが減少するはずです。

参照URL:https://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/pdf/2014050.pdf

オーラルケアでフロス

2.虫歯・歯周病予防に役立つ「オーラルケアグッズ」とは?

毎日の歯磨きが何より大切…なのは間違いありませんが、虫歯・歯周病のリスクをより減らすために、もう一歩、踏みこんだケアをしたいところです。そこで、虫歯・歯周病予防に有用なデンタルケア法を紹介することにしましょう。

2-1 フッ素(フッ化物)を活用した虫歯予防!

前述したとおり、「歯磨き粉の殺菌成分」はあまり役に立ちません。バイオフィルムを形成した虫歯菌に対して、あまり殺菌力を発揮できないからです。しかし、「歯磨き粉なんて何を使っても同じ」という結論にはなりません。歯磨き粉は、きちんと選ぶべきです。

歯磨き粉を選ぶ基準は、「歯を強くする成分―フッ素」が入っているかどうかです。フッ素はエナメル質を強化して、虫歯菌に溶かされにくい状態を作り出してくれます。正確には、エナメル質を構成する「ハイドロキシアパタイト」を「フルオロアパタイト」に変化させて、耐酸性(酸性環境でも簡単には溶けない抵抗力)を強めるのです。

オーラルケアで丈夫な歯

実際、公益財団法人 ライオン歯科衛生研究所の発表によれば、フッ素配合(フッ化ナトリウム / 濃度1,100ppm)の歯磨き粉を使用することで、歯冠虫歯が41%、歯根虫歯が67%減少したとのことです。ちなみに歯冠虫歯は「噛み合わせる面の虫歯」、歯根虫歯は「歯の根元の虫歯」を指しています。

参照URL:https://www.lion-dent-health.or.jp/basic/basic14.htm

2017年3月まで、日本国内におけるフッ素濃度上限は1,000ppmでした。しかし、今では海外と同じ1,500ppmに引き上げられており、国内でも1,450ppmのフッ素濃度を有する歯磨き粉が入手可能になっています。

スウェーデンのように5,000ppmの製品が売られてはいませんが、それでも、1,000ppmが上限だったときに比べれば、より虫歯予防が容易になったと考えて良いでしょう。

2-2 クロルヘキシジンを活用した歯周病予防!

歯周病菌に対する殺菌作用が期待される成分として、クロルヘキシジンがあります。うがい薬などに含まれる殺菌成分です。前述のとおり、口腔内の細菌はバイオフィルムに守られていますが、歯磨き後に使用すれば一定の作用は期待できるかもしれません。実際、口腔内の殺菌にクロルヘキシジンをすすめる歯科医師は多いです。

オーラルケアのケアグッズ

ただ、国内で販売されているクロルヘキシジン含有のうがい薬は、あまりクロルヘキシジン濃度が高くありません。そのため、どの程度の効果が期待できるか…には諸説あるのが現状です。

スウェーデンでは、複数の歯科大学が共同開発した「クロルヘキシジン含有のうがい薬」が市販されていますが、その製品と同レベルのクロルヘキシジン濃度は、日本では認められていません。

3.今日からはじめるオーラルケア~イエテボリテクニック!

「せっかくオーラルケアの記事を読んだのだから、今日から実践したい」という人に向けて、おすすめのケア方法をまとめることにしましょう。紹介したいのは、「イエテボリテクニック」と呼ばれる手法です。

オーラルケアできれいな歯

まず、フッ素入り(できれば濃度1,450ppm)の歯磨き粉を1.5g、歯ブラシにつけます。ただし、お子さんは0.5gにとどめてください。その上で、バス法によるブラッシングを採用し、3分間、歯を磨きます。

大事なのは、最後です。あんまり口をゆすぐと、フッ素が流れてしまいます。そこで、口内の泡を吐き出さずに、そのまま10ml程度の少量の水を口に含んでください。泡を吐き出さないまま、わずかな水で軽くゆすいで終わりです。歯磨き後、2時間は飲食を避けてください。

以上が、スウェーデンにおける歯科研究の筆頭―イエテボリ大学が推奨する方法(イエテボリテクニック)です。どうしても口をゆすぎたい人は、水のかわりにフッ素洗口液でゆすぎましょう。それなら、いくらゆすいでもフッ素がなくなりません。

4.まとめ

虫歯・歯周病を予防するには、ブラッシング&フッ素がカギになります。記事内でも紹介したイエテボリテクニックを身につけて、より効率的なオーラルケアを習得してください。虫歯・歯周病は、治療するより予防するほうがずっと簡単です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ