口が開かない…!顎関節症・歯性感染症・神経性障害による開口障害を解説

口が開かない

207view

「口が開かない」と悩んでいませんか? もし、精一杯に口を開いたとき、約4.0cm開かないようであれば、正常な状態とは言えません。4.0cmは、だいたい「人差し指・中指・薬指」の3本指の幅に相当します。この事実から、「指3本が入らなければ、顎に問題があるのではないか…」と捉えるのが一般的です。

思うように口が開かない…という場合、いくつかの原因が考えられます。とはいえ、もっとも確率が高いのは、顎関節症による「開口障害」でしょう。こちらの記事では、顎関節症を中心に「口が開かない原因」を解説することにしました。

1.顎関節症で口が開かない!

まずは、もっとも高確率の原因から解説します。顎関節症に起因する開口障害です。同じ顎関節症でも、口が開かなくなる原因を4種類に細分化することができ、どの原因なのかで開口障害の症状が異なります。

1-1 顎関節症3型(関節円板障害 / クローズドロック)

下顎骨(かがくこつ)は頭蓋の側頭骨にはまっていて、動くようになっています。そして、下顎がスムーズに可動するように、下顎骨と側頭骨(正確には側頭骨の下顎窩とよばれる部位)の隙間にはクッションが入っています。このクッション材を指して「関節円板」と呼んでいます。

さて、顎関節症3型は「関節円板の位置が手前にずれて、下顎骨がうまく動かなくなった状態」を指しています。下顎を動かしたとき、一時的に関節円板が本来の位置に戻るなら「復位性関節円板転位」と呼ばれます。復位性関節円板転位であれば、「ピキッ」とか「カクン」と異音がするものの、口を開けることは可能です。ちなみに、異音の正体は「関節円板が元の位置に戻る音」です。

問題は、「下顎を動かそうとしても、関節円板が元の位置に戻らない場合」です。これを「非復位性関節円板転位」と呼びます。関節円板の位置が戻らないと、痛みが出て下顎骨を動かすことができません。要するに「口が開かない」ということです。非復位性関節円板転位を起こしていると、だいたい2cmが限界になります。この状態を指して「クローズドロック」と呼ぶこともあります。

顎関節症3型によるクローズドロックを起こした場合、「突然、口が開かなくなる」という発症経過になります。

1-2 顎関節症1型(咀嚼筋障害)

下顎の関節が問題なく動くにもかかわらず、開口障害に陥ることがあります。口を開けたときに咀嚼筋(特に4つある咀嚼筋のうち咬筋)が緊張状態になっていると、咀嚼筋痛が生じます。咀嚼筋痛がひどい場合、痛みで口を大きく開けることができません。

筋性の開口障害は、気づかないうちにだんだんと進行していくのが特徴です。徐々に開口できる範囲が縮んでいき、ある日、「そういえば、あんまり口が開かない…」と気づくような経過をたどります。

1-3 顎関節症2型(関節痛障害)

顎関節には、「靱帯(じんたい)」「関節包(関節を覆っている組織)」といった軟組織が存在しています。顎関節症2型は、これらの軟組織が損傷したことで発生します。簡単に表現するなら、捻挫(ねんざ)のような状態です。

ただし、「口が開かない」というよりは「口を開くと痛い(開口困難)」と表現したほうが、顎関節症2型の症状を的確に表していると思います。

1-4 顎関節症4型(変形性顎関節症)

顎関節を使い続けていく中で、軟骨が摩耗して骨が変形する場合があります。慢性的なダメージが蓄積した結果…と表現しても良いでしょう。多少の変形があっても自覚症状がなければ良いのですが、人によっては「口を開くと痛い」「関節から異音がする」といった症状をきたすことがあります。

2.歯性感染症で口が開かない!~炎症性開口障害

口腔内の細菌感染が原因で、炎症を起こす場合があります。たいていは歯茎が腫れて痛む程度ですが、悪化すると顎全体が腫れて「痛くて口が開けられない」という状況になることがあるのをご存じでしょうか?

開口障害・開口困難に発展する「歯が原因の感染症(歯性感染症)」には、たとえば、以下のような種類が存在します。

2-1 智歯周囲炎

斜めに生えてくるなど、歯磨きが困難な親知らずが要因の炎症です。清掃不足になった歯茎で雑菌が繁殖し、歯茎が腫れるなどの炎症を起こします。

2-2 急性歯槽骨炎

抜歯の傷口に細菌が入ると、歯を支える骨(歯槽骨)が炎症を起こすことがあります。抜歯した部位に腫れ・発赤・痛みが生じます。

2-3 顎骨骨膜炎(がっこつこつまくえん)

顎骨を覆う骨膜が炎症を起こした状態です。原因歯のまわりだけでなく、顔が大きく腫れるので、開口困難を起こすこともあります。

2-4 顎骨骨髄炎

顎骨の内部が炎症を起こすと、「顎骨骨髄炎」と呼ばれます。発熱・倦怠感といった全身症状が目立つ一方、顔の腫れはそれほど見られません。

2-5 蜂窩織炎(ほうかしきえん)

口腔内の全体に腫れ・むくみが出ます。劇症化した歯性感染症で、口が開かない状態になることも珍しくありません。喉が激しく痛むことも多く、唾液を飲みこむのも困難です。気道閉塞の危険もあるため、早急に医療機関を受診するべき状態といえます。

3.中枢神経の障害で口が開かない!~神経性開口障害

開口筋を動かしている中枢神経系に障害が起こると、「口が開かない症状」が出ることがあります。顎・筋肉に問題があるのではなく、顎・筋肉に命令を伝達するための神経(三叉神経)に問題が起きているわけです。

3-1 痙攣(けいれん)性神経性開口障害

痙攣性の開口障害が起こる病気には、破傷風(はしょうふう)・脳出血・脳腫瘍・てんかんなどが存在します。たとえば、破傷風では、破傷風菌の毒素「テタノスパスミン」が脊髄に悪影響を及ぼし、三叉神経障害・咬筋硬直が起こります。

3-2 麻痺(まひ)性神経性開口障害

麻痺性の開口障害を引き起こす病気としては、神経炎・急性小児麻痺などがあげられます。また、神経の損傷によっても開口障害をきたす場合があります。

4.そのほかの原因で口が開かない!

開口障害をきたす要因はほかにも存在します。上述した原因以外で口が開かない場合は、以下に掲げるような要因があるのかもしれません。

4-1 外傷性開口障害

顎骨・頬骨(きょうこつ / ほおぼね)の骨折により、骨片が顎関節の動きを阻害すると、口が開かなくなることがあります。

4-2 瘢痕(はんこん)形成開口障害

口腔・顎・顔面に外傷、火傷などを負った場合、瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)と呼ばれる症状をきたすことがあります。腱・腱膜などの軟組織がケロイドを起こし、筋肉を弛緩させる信号(活動電位)が発生しなくなることが要因です。関節の可動域が狭まるため、口が開かなくなることがあります。

4-3 腫瘍性開口障害

口腔癌・咽頭癌など、腫瘍の発生が要因で口が開かなくなることがあります。腫瘍の浸潤によって、関節の周囲組織が圧迫されることで起こります。

5.まとめ

思うように口が開かないのは、何らかの病気にかかっているサインかもしれません。多くは顎関節症ですが、中には「生命にかかわる病気の症状」というケースもあります。口がうまく開かない状況になったら、すぐに医療機関を受診しましょう。顎関節症による「クローズドロック」だとしても、早期に治療したほうが回復は早まります。

ごうデンタルクリニック_口が開かない

ページトップへ