口を開けると顎が痛い…!原因は顎関節症?三叉神経痛?

口を開けると顎が痛い

555view

「口を開けると顎が痛い…」という症状に悩まされていませんか? 放っておくと、もしかしたら「口を大きく開けられない」などの深刻な症状に発展するかもしれません。なるべく早く原因を突き止め、適切な治療を受けるべきでしょう。そこで、こちらの記事では「開口痛(口を開けると顎が痛い症状)」の原因を解説することにしました。

開口痛の原因は、複数存在しています。もちろん、「口を開けると顎が痛い」と感じるなら、もっとも確率が高いのは顎関節症でしょう。しかしながら、「顎が痛い=顎関節症」と決めつけるのは早計だと思います。開口痛をきたす病気の種類を確認することにしましょう。

1.口を開けると顎が痛いのは、顎関節症…?

「顎が痛い」というのが主な自覚症状であれば、やはり、もっとも高確率なのは顎関節症だと思います。ただ、顎関節症は、あくまでも症状の名前です。「顎の関節、咀嚼筋などに違和感・痛み・開口障害が出ている状態」を指す言葉であって、特定の病名ではありません。そのため、顎関節症には複数の原因が存在します。この章では、顎関節症の種別ごとに「特徴・原因」をまとめたいと思います。

1-1 顎関節症3型―顎関節円板障害

下顎骨は、頭蓋骨にぶら下がるようにして存在しています。そして、顎関節の部分は「下顎骨が側頭骨にはまりこんだ状態」です。下顎骨と側頭骨が蝶番(ちょうつがい)のようになって、顎関節が動くわけです。

さて、2つの骨が接触しているわけですから、接合部にはクッション材が必要になります。クッション材がないと、「下顎骨が側頭骨にはまっている部分」に摩擦が生じるからです。この「顎関節をスムーズに動かすためのクッション材」を指して「関節円板」と呼んでいます。3型の顎関節症は、関節円板がうまく機能しないことによって発症します。

復位性関節円板転位

クッション材である関節円板は、下顎骨と側頭骨の接触部に存在しなければなりません。接触している2つの骨の間に挟まることで、クッションの役割を果たすからです。しかし、3型顎関節症の人は、関節円板が本来の位置からずれて、前方に動いています。

下顎骨と側頭骨の隙間に関節円板がないと、痛くて口を開けることはできません。とはいえ、多くの場合、「口が開かない状態」にまでは至りません。口を開けようとしたとき、関節円板が本来の位置に戻るからです。必要に応じて元の場所に戻る状態であれば、「復位性関節円板転位」と呼ばれます。実のところ、人口の1~3割は関節円板がずれていて、それほど珍しい病態ではありません。口を開けたときに痛むようなら、早めに治療を受けるべきですが、「口が大きく開き、痛みもない」という人は治療対象にならないのが普通です。

ちなみに、復位性関節円板転位を起こしていると、口を開け閉めしたときに「パキッ」「カクッ」「ジャリッ」などの雑音が聞こえることが多いです。これは、関節円板が元の位置に戻るときの音です。顎関節から雑音がする場合、3型顎関節症を起こしていると考えてください。

非復位性関節円板転位

「非復位性」という名称から想像がつくように、「口を開けようとしても、関節円板の位置が戻らない病態」が存在します。非復位性関節円板転位の場合、口を大きく開けることはできません。痛みが強く、2cm程度しか開かなくなります。この状態を「クローズドロック」と呼んでいます。

1-2 顎関節症1型―咀嚼筋障害

下顎骨を動かす筋肉(咀嚼筋)に問題が起きていると、開口痛が生じます。咀嚼筋はいくつもの筋肉の総称であり、8つの筋肉に細分化することが可能です。開口筋(口を開けるための筋肉)に顎舌骨筋・頤(おとがい)舌骨筋・顎二腹筋・外側翼突筋(下頭)があり、閉口筋(口を閉じるための筋肉)に咬筋・側頭筋・内側翼突筋・外側翼突筋(上頭)があります。これらの筋肉にコリ・痛みがあると、1型の顎関節症をきたします。

口を開けるときに痛みが生じるほか、筋肉の緊張に起因する頭痛・肩こり・手のしびれなど、幅広い症状をきたす傾向です。顎関節症の1つですが、口を開閉したときに音がすることはありません。

1-3 顎関節症2型―顎関節痛障害

顎関節の「関節包(関節を覆う組織)」「靱帯(じんたい)」が損傷していると、開口痛が生じます。関節の軟組織が損傷したことで痛むわけです。「口を開けるとき」だけでなく、「口を閉じるとき」「咀嚼するとき」「顎付近を圧迫したとき」など、さまざまなタイミングで顎が痛みます。損傷の程度によっては、何もしていないときに鈍痛を感じることもあります。

顎関節症のイメージとは裏腹に、やはり、関節から異音がすることはありません。関節自体がどうこう…というよりは、軟組織の問題だからです。むしろ、「顎関節の付近を捻挫したようなもの」と考えたほうが、実情に近いかもしれません。

1-4 顎関節症4型―変形性顎関節症

顎関節を使い続けるうちに、軟骨が摩耗して骨が変形する場合があります。長期的なダメージの蓄積…といったところです。明確な症状が出ていなければ問題ありませんが、開口痛・異音などの症状が出ることもあります。

2.三叉神経痛

顎を含めて「顔面が痛む」という症状をきたす病気に「三叉神経痛」があります。三叉神経は「眼神経」「上顎神経」「下顎神経」に枝わかれする神経で、顔の感覚の大部分をつかさどっています。

三叉神経痛は、「顔に触れたとき」「食べ物を噛んだとき」「口を開けたとき」など、何らかの動作に伴って、数秒ほどの痛みが発現します。口を動かした拍子に上顎神経・下顎神経の支配領域が痛む場合、「口を開けると顎が痛い」という自覚症状になることがあるのです。

さて、三叉神経痛の原因は「血管が神経を圧迫すること」にあります。特に動脈硬化を起こした血管は神経を圧迫する傾向があり、そのために50代以降での発症が多くなっています。

3.歯性感染症

歯科疾患がきっかけになり、口腔内に炎症が起こることを「歯性感染症」と呼んでいます。親知らずの周囲に溜まった細菌が歯茎に感染する「智歯周囲炎」、抜歯した傷口から細菌が入って歯槽骨に感染する「急性歯槽骨炎」などが代表的な歯性感染症です。

これらの感染症が拡大すると、「口を開けるのに困難を感じるほどの強い痛み」が現れることがあります。顎骨を覆う骨膜が感染する「顎骨骨膜炎(がっこつこつまくえん)」、口腔全体に感染が広がる「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」などに発展した場合、強い開口痛・開口障害が起こります。

4.まとめ

「口を開けると顎が痛い…」という症状があるなら、多くは顎関節症だと思います。しかし、顎関節症にもいくつかの種類があり、自己判断で「これが原因」と特定するのは困難です。顎の痛みが続くようなら、一度、歯科医院・歯科口腔外科を受診して、きちんと診断を仰いだほうが良いでしょう。

ごうデンタルクリニック_口を開けると顎が痛い

ページトップへ