お悩み解決コラム虫歯

MI治療で将来の歯を守る!歯の寿命を延ばす歯科治療とは?

MI治療

48view

近年、歯科治療においては「MI治療」という言葉を目にする機会が増えてきました。歯科医院の公式サイトを確認してみると、実に多くの歯科医院が「歯に負担をかけない」「歯に優しい」といった修飾語とともに「MI治療」をかかげていることがわかります。

こちらの記事では、「MI治療とは何か」という知識に加え、「具体的にはどのような治療がMI治療に含まれるのか」といった部分まで踏み込んで解説したいと思います。

1.MI治療とは何か?

「MI」というのは「Minimal Intervention(ミニマルインターベンション:最小限の侵襲)」の略です。侵襲は「身体を傷つけること」ですから、MI治療は「身体を傷つけるのを最小限にとどめた治療」を意味します。

結局のところ、医療には「身体を傷つける治療」が少なからず含まれます。「外科手術」「注射」「縫合」なども、患者さんの身体をメスで切ったり、針で刺したりする医療行為です。歯科治療における「歯の切削」も例外ではありません。体の一部を削りとるわけですから、やはり「侵襲を伴う医療行為」にあてはまります。

MI治療は、「侵襲(体を傷つけること)」を最小限にとどめる歯科治療というわけです。

2.なぜ、MI治療が重要なのか?

「あまり身体を傷つけない治療」が「何となく良いこと」なのは直感的に理解できると思います。しかし、もう少し具体的に、MI治療のメリットを知りたいと思いませんか? この項目では論理的側面から、MI治療の有用性を解説することにしましょう。

2-1 歯は二度と再生しない!

外科的処置で皮膚を切開したとしても、時間経過で治癒するはずです。多少、傷跡は残るかもしれませんが、きちんと縫合すれば傷自体は完全に塞がります。しかしながら、歯はどうでしょうか? 削ってしまった歯は、二度と再生しません。

歯科治療は結局、削ったところに金属・セラミックなどを入れているだけであり、本当の意味で治しているわけではないのです。であれば、そもそも「削る範囲をなるべく狭める」というのが、歯の健康を保つための条件となります。再生しない以上、「なるべく残す」しかありません。

2-2 歯科治療の目的は、歯を長持ちさせること!

2011年におこなわれた歯科疾患実態調査の結果を引用してみましょう。すると、75歳以上の高齢者が有している「自分の歯」は平均13.32本です。65~74歳では平均19.16本となっており、やはり20本を割りこんでいます。もともと、人間には親知らずを含めて32本、含めなくとも28本の歯がある事実を踏まえると、「歯を維持することの難しさ」が浮き彫りになった調査結果と言えるでしょう。

1989年から、日本歯科医師会と厚生労働省は「8020運動」を推進してきました。これは「80歳になったとき、20本の歯を残そう」という運動です。ここからわかるのは、「なるべく歯を長持ちさせること」が歯科治療の目的である…という事実です。

となれば、「なるべく歯にダメージを与えないこと」が歯科治療における重要なポイントになるのは明らかでしょう。神経を抜いたり、たくさん削ったりした歯の寿命は明確に縮むからです。MI治療は、「歯の寿命をなるべく縮めない治療」と言い換えることができます。

参照URL:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-04-001.html

3. MI治療には、どのような方法があるか?

MI治療の基本は「虫歯になっている部分だけをピンポイントに除去し、健康な歯にダメージを与えないこと」にあります。実際に「最小限の侵襲」を実現するために、どのような方法が用いられているのでしょうか? この章では、具体的なMI治療の例を紹介したいと思います。

3-1 「MIバー」によるピンポイントの切削

歯科医院でドリルを使用していることはご存じだと思います。ドリルの先端につける「歯を削るヤスリ」を「バー」と呼びます。MI治療を実現するための「ピンポイント切削」に適したバーを指して、「MIバー」または「マイクロプレパレーションバー」といいます。後者は長いので、こちらの記事ではMIバーで統一しましょう。

さて、MIバーには「MIダイヤモンドバー」と「MIスチールバー」の2種類がありますので、それぞれの特徴を解説したいと思います。

MIダイヤモンドバー

ヤスリ部分を小さくしてあるのに加えて、ネック部分を細くしているのが特徴です。虫歯の部分を目視しやすく、さらに削るべき箇所だけをピンポイントで削れる「取り回しの良さ」を実現しています。

MIステンレスバー

ネックを細長く設計してあるので、削る部位の視認性が非常に高くなっています。また、ステンレスは「虫歯でやわらかくなった歯質」を削りやすい反面、「健康で硬い歯質」をあまり削りません。「最小限の切削」に適した器具といえます。

3-2 「スマートバー」による選択的切削

MI治療に適した器具には「スマートバー」という種類も存在します。スマートバーは、ヤスリ部分が「ポリマー樹脂」と呼ばれる材質でできています。物質の硬さを測る指標に「ヌープ硬度」というものがありますが、ポリマー樹脂のヌープ硬度は「50」です。

虫歯になった象牙質(う蝕象牙質)は「0~30」、健全象牙質は「70~90」なので、スマートバーは「虫歯より硬く、健全歯質よりやわらかい」ことになります。

結果、スマートバーで歯を削ると、「虫歯は削れるけど、健康な歯は削れない」という状況になるわけです。あたかも「ドリル自らMI治療を実践する」といった歯科治療が実現します。

3-3 「Er:YAGレーザー」による選択的切削

「Er:YAGレーザー(エルビウム・ヤグレーザー)」は唯一、保険適用で虫歯切削に使用できるレーザー治療機器です。水分子に高いエネルギーを与え、水蒸気爆発を起こさせる性質があります。歯を削るときには、水蒸気爆発の力で削るわけです。

虫歯になった象牙質(う蝕象牙質)は健全象牙質より水分が多いので、Er:YAGレーザーに反応しやすくなります。結果、虫歯の部分を選択的に削ることができるのです。

3-4 虫歯検知液による選択的切削

虫歯検知液は、虫歯になっている部分だけを赤く染める薬液です。「どこを削り、どこを残すべきか」が視覚的に理解できるようになります。「なるべく削る範囲を狭め、可能なら神経を残す」というのがMI治療の基本です。

4.まとめ

インプラントが普及したり、より優れた詰め物・かぶせ物素材が使われるようになったりと、歯科治療の技術は日進月歩です。しかし、今でも「失われた歯を再生する方法」「本物の歯より優れた人工物」は生まれていません。やはり、生まれ持った天然歯に勝るものはないのです。自分の歯をできるかぎり長く残すためにも、歯科治療を受ける際には「MI治療に力を入れている歯科医院」を選んでみてはいかがでしょうか?

こちらの記事で紹介した医療器具を取り入れている歯科医院なら、「80歳で20本の歯を残す8020運動」につながるMI治療を受けられると思います。

ごうデンタルクリニック_MI治療

ページトップへ