歯科医院でレーザー治療!Er:YAGレーザー、CO2レーザーの作用は?

レーザー治療

144view

最近は、レーザー治療器を保有する歯科医院も増えてきました。患者さんにも「レーザー治療」の存在を知っている人が増えてきたように思います。多くの人が「レーザー治療だと、痛みが少ないらしい」というレベルの知識は持っているのではないでしょうか?

こちらの記事では、「レーザー機器の種類」「どのような治療に用いられるか」など、歯科用レーザーの基礎知識をお届けしています。少しでも痛みが少ない治療を受けたい…と考えている方々の参考になれば幸いです。

1.虫歯を削れるのは、エルビウムヤグレーザー!

いわゆる「虫歯のレーザー治療」で用いられるのは、エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)です。2017年現在、「歯の切削」において認可を受けている唯一のレーザーになります。

2008年4月、エルビウムヤグレーザーを用いて虫歯処置をおこなった場合、「う蝕歯無痛的窩洞形成加算」という診療報酬が加算されるようになりました。2017年9月現在、う蝕歯無痛的窩洞形成加算が算定されると、本来の点数に「+40点」の加算が発生します。保険点数は「1点=10円」ですが、普通は3割負担なので、患者さんの負担は「+120円」です。

レーザー治療のレーザーイメージ

1-1 なぜ、エルビウムヤグレーザーは歯科治療に向いている?

エルビウムヤグレーザーには、水分子にエネルギーを与えて、水蒸気爆発を起こす力があります。水蒸気爆発の力で、虫歯になった歯質を削るわけです。虫歯になった象牙質は、健全な象牙質より水分の含有量が多くなります。そのため、水蒸気爆発により、選択的に虫歯の部分を削ることが可能になるわけです。

「歯の内部に存在する水分を水蒸気爆発させる機種」のほか、「外部から注水し、その水を水蒸気爆発させる機種」の2通りがありますが、歯の切削に用いる限りにおいて、あまり違いを意識する必要はないでしょう。

また、エルビウムヤグレーザーのエネルギーは水分子によって吸収されやすい…という特徴があります。人間の身体は約60%が水分なので、「水分子に吸収される=組織の表層で吸収される」と捉えて構いません。レーザーのエネルギーが「表面近くの水を水蒸気爆発させること」に消費されやすく、組織の深部にダメージを与えにくいわけです。

実際、生体に対して複数のレーザーを照射する実験においても、「エルビウムヤグレーザーの作用は組織表面だけに限定される」という結果が出ました。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)では炭化層が、ネオジムヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)と半導体レーザー(Diodeレーザー)では炭化層・熱変性層が生じており、組織の深い部分にも影響が及んでいました。

参照URL:https://www.whitecross.co.jp/articles/view/385/0

ただ単に「歯が削れれば良い」というなら、能力的には(やって良いかどうかは別にして)炭酸ガスレーザーでも切削可能です。しかし、レーザーのエネルギーによりエナメル質が熱変質を起こす恐れが出てきます。

変質しなかった部分との間に亀裂が入るなど、健全な歯質に悪影響をもたらすかもしれません。こういった理由から、歯などの硬組織を切削するには、表面だけに作用するエルビウムヤグレーザーが適しているのです。

レーザー治療を歯に当てる

1-2 歯周病治療にも、エルビウムヤグレーザーが使える!

また、2011年4月には、エルビウムヤグレーザーによる歯周病治療が保険適用となりました。歯周病になると「歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)」に歯石が溜まり、歯石の中で歯周病菌が増殖していきます。歯周病菌による炎症は、歯を支える骨―歯槽骨が溶ける原因になり、最終的には歯を失います。

一般に、重度の歯周病に対しては「フラップ手術」と呼ばれる歯周外科治療をおこないます。歯茎を切開して歯根を露出させ、感染組織・歯石を掻き取る術式です。このとき、歯根にエルビウムヤグレーザーを照射すると、水蒸気爆発の力で効率的に歯石除去・殺菌が可能になります。スケーラー(金属の器具)で掻き取るより効率的です。

2016年現在、歯周外科治療においてエルビウムヤグレーザーを用いると、「Fop及びGTR1次手術時歯根面レーザー応用加算」として、診療報酬に「+60点」が加算されます。保険適用3割負担だと、患者さんの負担は「+180円」です。

2.自由診療においては、炭酸ガスレーザーなども活躍!

歯科治療において用いられるレーザーは、エルビウムヤグレーザーだけではありません。そのほかに、炭酸ガスレーザー、ネオジムヤグレーザー、半導体レーザーなどが使われることもあります。ただし、これらは保険適用になっていないレーザーです。

ただ、「必要に応じて、保険外のレーザーを追加費用なしで使用する歯科医院」もあります。必ずしも、「保険外のレーザー=高額」とは限りません。保険外というのは、「保険診療では患者さんに費用請求できない」という意味合いです。必ずしも、自由診療(自費)になるわけではありません。

この章では、多くの歯科医院が導入している炭酸ガスレーザーに絞って、「どのような用途に用いられるのか」を解説することにしましょう。

2-1 炭酸ガスレーザーは、軟組織に適したレーザー!

炭酸ガスレーザーは「軟組織に適している」と表現されることが多い機器です。軟組織というのは皮膚・粘膜・歯肉などの総称になります。骨・歯などの硬い組織ではなく、やわらかい組織を切開するのに向いている…ということです。「レーザーメス」と表現すれば、実態が掴みやすいと思います。

血液を凝固させる性質があることから、止血に優れています。「切開と同時に止血する」ということになり、少々の切開なら縫合の必要もありません。軟組織の切開に関していえば、とても利便性の高い機器といえます。

レーザー治療のイメージ

2-2 口内炎の治療に炭酸ガスレーザーを活用!

基本的に、口内炎はステロイド剤などで消炎(→自然治癒の促進)を目指します。しかし、何度も同じ場所に繰り返すようなケースでは、炭酸ガスレーザーで患部を灼くこともあります。

特に、白い潰瘍が現れる「アフタ性口内炎」を繰り返しているようなケースでは、炭酸ガスレーザーによる治療が選択されることも多いです。「レーザーを照射した瞬間に口内炎の痛みがなくなった」と感じる人が多く、すぐに口内炎を治したい…という患者さんに適した方法です。

2-3 歯肉切除でも炭酸ガスレーザーが活躍!

虫歯が歯茎の下で進行している(縁下カリエス)場合、その部分の歯茎を切除しなければなりません。昔は電気メスで切除するのが普通でしたが、近年は炭酸ガスレーザーを使うことが増えています。実際、レーザーで切ったほうが、より早く治癒する傾向にあります。

この使用法からもわかるように、炭酸ガスレーザーは「メスの代わりに軟組織の切開を担う機器」と考えれば、だいたい実情に即しています。

3.まとめ

エルビウムヤグレーザーを中心に、歯科治療におけるレーザー治療の位置づけはどんどん重要になってきています。記事内で説明した以外にも、「根管治療における歯内消毒」「顎関節症の痛み緩和」などにレーザー機器を使用する例があります。

ただ、保険適用外の用途でレーザーを使用するなら、歯科医師の説明をよく聞き、費用・期待される作用などに十分納得の上で治療を受けてください。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ