永久歯が生えてこない…!考えられる原因と対処法まとめ

永久歯_生えてこない
4,017view

「子どもの永久歯がなかなか生えてこない」と悩んでいませんか?実は、一部が生えてこないケースは決して珍しいものではありません。「すべての永久歯が必ず生えてくる」というものではないのです。

生えるのが遅れているだけかもしれませんが、念のために「生えてこない場合、どうするべきか」を確認しておきましょう。この記事では「永久歯が生えてこない理由」に加え、「一般的な対処法」を解説しています。

1.永久歯が先天的欠如歯であるケース

「永久歯が生えてこない理由」として考えられるのは、「先天性欠如歯」です。
先天性欠如歯とは、先天的に=生まれつき、永久歯の数が、欠如=少ないという状態です。
そのため、永久歯が生えてくることはありません。

本来、乳歯の下では、「歯胚(将来、永久歯になる歯のもと)」が育っていきますが、この歯胚が存在しない場合があります。
「遺伝的な理由」「母親の胎内にいた頃の栄養欠如」などが、先天性欠如歯の要因になるのでは?と考えられていますが、明確な原因はわかっていません。
先天性欠如歯のほか、「先天的欠損歯」「無歯症」と呼ぶこともあります。

1-1 先天的欠如歯のある子供は約10%!

日本小児歯科学会が2010年におこなった調査によると、先天性欠如歯がある子供の比率は10.09%でした。
具体的な数としては、1万5,544名のうち、1,568名に「1本以上の先天性欠如歯」が認められています。

ですから、先天性欠如歯は決して珍しい状態ではありません。
病気というわけではなく、「歯の形成異常」という表現をするのが普通です。

1-2 先天的欠如歯になりやすい歯はどれ?

日本小児歯科学会の調査結果によれば、上顎(うわあご)に先天性欠如歯がある子供の割合は4.37%、下顎は7.58%でした。
「先天性欠如歯が生じやすい部位」を高確率だった順番に上から並べると、

1位 下顎の第二小臼歯(6.2%)
2位 下顎の側切歯(3.81%)
3位 上顎の第二小臼歯(2.98%)
4位 上顎の側切歯(2.65%)

※第二小臼歯:親知らずを含めずに奥から3番目の歯
※側切歯:正面の歯2本の隣にある歯

となります。
第二大臼歯・側切歯の欠如が目立つ結果となっています。

ちなみに、これは子供を対象とした調査なので、親知らずの欠如は含まれていません。
親知らずが生えないことを「先天的欠如」に含めると、「先天的欠如歯のある人」は全体の30%近くになります。

永久歯の数は、親知らずを含めなければ28本、含めると32本です。
28~32本の間であれば、永久歯の数が何本であっても問題ありません。

1-3 先天的欠如歯の場合、乳歯が抜けない!?

本来、乳歯の下で永久歯が育つと、歯茎を突き破って生えてきます。これを萌芽(ほうが)と呼びます。
永久歯が萌芽すると、乳歯の根(歯根)が圧迫され、だんだんと吸収されていきます。
具体的には、乳歯の歯根が溶けて短くなっていきます。

先天的欠如歯の場合は永久歯が生えてこないので、乳歯が抜け落ちることはありません。
乳歯の歯根吸収が起こらないからです。
永久歯が生えてこないかわりに、乳歯が残ることになります。

1-4 先天的欠如歯の対処法は?

永久歯が生えてこない場合、歯医者さんでレントゲン撮影をすると「先天的欠如なのかどうか」が判別できます。
6~7歳になっても、乳歯の下の永久歯が確認できなければ、先天的欠如と考えて良いでしょう。

先天的欠如歯であることがわかれば、「乳歯をできる限り長く使い続けること」を考えなければなりません。
乳歯は生え変わることがないので、当面は乳歯を使えば問題なく噛むことができます。

ただし、乳歯は永久歯に比べて歯根が短く、エナメル質・象牙質の厚みも半分くらいしかありません。
どんなに長くても、乳歯を使い続けられるのは、20~30代までです。
20代後半あたりまで乳歯を使い続けるためには、定期的に歯医者さんで検診・クリーニングを受ける必要があります。

また、乳歯は永久歯より小さいので、多くの場合、「歯と歯の隙間」ができてしまいます。
噛み合わせが乱れる原因になるので、必要なら歯列矯正を検討しましょう。
歯列矯正をする場合は、「乳歯を抜き、残った永久歯だけで安定した歯列をつくる」という選択肢もあります。
どちらの矯正方法が適しているかは、「顎・歯の大きさ」によって変わってきます。
歯医者さんで相談するようにしてください。

乳歯を残した場合、いずれは「乳歯が使えなくなる時期」がやってきます。
そのときは、ブリッジ・義歯・インプラントなどで失った歯をおぎなう「補綴(ほてつ)」をおこなうことになります。

2.永久歯が埋伏歯であるケース

永久歯が生えてこない原因は、「埋伏歯(まいふくし)である場合」もあります。
埋伏歯の場合、先天的欠損歯と異なり、永久歯そのものは存在しています。
しかし、正常に生えてくることができず、歯茎・骨の中に埋まっている状態です。

2-1 埋伏歯には「完全埋伏歯」と「不完全埋伏歯」がある

埋伏歯には、「全体が埋まっている完全埋伏歯」と「斜めに生えるなどして一部が埋まっている不完全埋伏歯(半埋伏歯)」があります。
このうち「永久歯が生えてこない」と錯覚する場合があるのは、完全埋伏歯です。

2-2 埋伏歯の対処法は?

埋伏歯への対処法は、2通りが考えられます。
1つ目は「埋伏歯を抜歯する方法」、2つ目は「埋伏歯を牽引して、正常な位置に誘導する方法」です。

抜歯する場合は、歯茎を切開して抜歯します。
一般的に、歯が欠損することによる悪影響を避けるために、歯列矯正を勧められることが多くあります。

埋伏歯を保存するのであれば、「開窓・牽引」をおこないます。
歯茎を切開して(開窓)、埋伏歯に矯正装置を取りつけ、ほかの支点にして牽引します。
無事に表面まで出てくれば、埋伏歯を永久歯として使用できる可能性が高まります。

ただし、牽引だけで「本来、あるべき位置」に誘導できる例はまれです。
牽引後に、歯列矯正で歯並びを整える必要があることがほとんどです。

3.まとめ

先天的欠如歯・埋没歯とも、それほど珍しい例ではありません。
「永久歯が生えてこない」というのは「日常的に見られる出来事」です。
「なかなか永久歯が生えてこないな…」と思ったら、早めに歯医者さんに相談しましょう。
将来の悪影響を最小限に抑えるためにも、早期に対処した方が良いと言えます。

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告
ページトップへ