歯科医師 橋本 明先生(はしもと歯科クリニック|大阪府大阪市)インタビュー

    歯科医師 橋本 明先生(はしもと歯科クリニック|大阪府大阪市)インタビュー
    はしもと歯科クリニック
    橋本 明院長

    はしもと歯科クリニックは土曜日や日曜日にも診療を行っているほか、キッズスペースやファミリールームを設置して通いやすさに配慮している歯科医院です。

    院長の橋本 明先生は「自分がされたくないと思うことはしない」という考えを基本とされているのだそうです。

    「すべては患者さんの笑顔のため」という橋本先生に、歯科医師としての思いや患者さまと接するうえで配慮していることなどを詳しくお伺いしました。

    患者さまの不安や痛みを取り除き、笑顔で帰っていただけるよう努めています

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    歯科医師としてやりがいを感じるのはどんなときですか?
    橋本 明先生アイコン
    橋本 明先生
    痛みや不安があって当院に来られた方に笑顔で帰っていただくことに、もっともやりがいを感じています。

    最初は痛みを取って差し上げることから始まりますが、メンテナンスや予防にも興味を持っていただき、笑顔で来て笑顔で帰っていただけるような環境づくりをしていきたいと考えています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    お子さまの治療で配慮していることはありますか?
    橋本 明先生アイコン
    橋本 明先生
    無理に押さえつけて治療をしたりせず、練習から始めることも取り組みのひとつです。スタッフも皆、お子さまへの接し方については同じように心がけています。

    また、当院ではご家族が一緒に入れるファミリールームも備えていますので、親御さまの治療の際に一緒に来てもらうなど、歯科医院の環境に慣れることによって自分からすすんで座ってくれるようにしていくこともできます。

    小さなお子さまが待合室でおとなしく静かに待っていることはなかなか難しいものですが、親御さまが気兼ねすることなく通っていただくためにも、ファミリールームを活用していただければと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    小児矯正について詳しく教えてください
    橋本 明先生アイコン
    橋本 明先生
    当院ではお子さまの歯列育成に取り組んでいます。いわゆる矯正治療のことです(※自由診療)。

    年齢によって、またあごの発育状況によって適した矯正方法は異なります。当院では小児用のマウスピース矯正と、あごの発育をサポートする治療方法に対応し、お子さまの成長段階に合わせた治療をご提案しています。

    矯正治療は必ずしも早ければよいというものではありませんが、永久歯が生え始める時期だからこそ柔軟に対応できるという場合もあります。

    お子さまの歯並びが気になるという方は、まずは気兼ねなくご相談いただけたらと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    一緒に働いているスタッフさんはどんな方ですか?
    橋本 明先生
    橋本 明先生

    受付は患者さまが最初に接するところですので、ていねいでやさしい対応を心がけてくれています。特に電話では顔が見えないだけに、事務的な印象にならないよう、対面の時以上に温かみのある対応に努めています。

    また、歯科衛生士も患者さまとのコミュニケーションを大切にしながら診療にあたっています。

    橋本 明先生の経歴

    2005年3月 北海道医療大学歯学部 卒業
    2005年4月~2010年6月 大阪市内にある歯科医院に勤務
    2010年12月 はしもと歯科クリニック 開院
    現在に至る

    はしもと歯科クリニックを掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    ページトップへ