歯科医師 迎 耕司先生(ムカエ歯科医院|神奈川県相模原市)インタビュー

    歯科医師 迎 耕司先生(ムカエ歯科医院|神奈川県相模原市)インタビュー
    ムカエ歯科医院(神奈川県相模原市)
    迎 耕司院長

    ムカエ歯科医院には、古淵駅周辺にお住まいの方はもちろん、横浜や都内に通勤している方もお仕事終わりや休日を利用して通院されているのだそう。

    患者さまの不安を和らげられるよう、医療機関特有の緊張する雰囲気や薬品臭を感じさせない院内環境づくりに力を入れています。

    患者さまのお気持ちを大切にした診療に取り組む院長の迎先生に、診療のこだわりや環境面で配慮していることなどをお伺いしました。

    目指すのは『患者さまに寄り添った治療』。リラックスして治療を受けられる環境を整えています

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットー・日ごろ心がけていることを教えてください
    迎 耕司先生
    迎 耕司先生

    診療で心がけているのは『日々研鑽を積んで、患者さまに提供していくこと』です。

    言うまでもなく医療は日々進歩しています。保険制度という制約はありますが、できるだけ新しい情報、技術を取り入れて患者さまに還元していけるように勉強を欠かさないようにしています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    力を入れている「歯科口腔外科」のについて詳しく教えてください
    迎 耕司先生
    迎 耕司先生

    当院では難しい親知らずの抜歯やインプラント治療(※自由診療)などに対応しています。

    外科処置ではいかにして患者さまのお体への負担を減らせるかを考えています。より緻密な治療計画を立てるため歯科用CTであらかじめリスクを把握するほか、手術前には模型を使って同じ手順で処置をするシミュレーションを行っています。

    不安感が強い方の処置の場合、笑気麻酔を使用することも可能です。また症例によっては静脈内鎮静法(※自由診療)も使用しますので、歯科恐怖症の方はご相談いただけたらと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    設備面のこだわりを教えてください
    迎 耕司先生
    迎 耕司先生

    当院は1978年に開院して以来、技術や知識をアップデートすることはもちろん、設備も新しいものを取り入れるようにしています。

    「セラミック治療システム」もその一つです。これは専用のカメラで口内を撮影してかぶせ物を設計・製作する機械で、印象材を使った従来の型取りが不要です。またセラミックは耐久性があり、金属アレルギーの心配もありません。(※自由診療)

    症例にもよりますが、早ければその場でかぶせ物を製作できるため、通院の負担を減らすことができると考えています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    患者さまが通院しやすいよう工夫していることはありますか?
    迎 耕司先生
    迎 耕司先生

    歯科医院を受診される際、患者さまは少なからず不安なお気持ちで来られると思います。特にほかの患者さまの治療音や歯科医院特有の消毒のにおいがあると、緊張してしまうという方も多いのではないでしょうか。

    緊張や不安が大きいと血圧が上がったり痛みに敏感になったりと、治療にも影響があります。そのため当院では少しでも患者さまにリラックスしていただけるよう、待合室に熱帯魚の水槽や空気清浄機を設置しています。

    ほかにも絵を飾るなど、医療機関特有の雰囲気を感じさせない環境づくりで、患者さまには心を落ち着けた状態で治療に入っていただけたらと思っています。

    ムカエ歯科医院(神奈川県相模原市)を掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 迎 耕司先生(ムカエ歯科医院|神奈川県相模原市)インタビュー 2021-10-15T19:47:47+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ