お悩み解決コラムその他

ダイレクトボンディングの特徴まとめ!虫歯・歯並びの悩みを解消

ダイレクトボンディング

87view

近年、口もとの美容を気にする人が増えたことで、「白い詰め物に変えたい」というニーズが拡大しています。同時に、「正中離開(すきっ歯)を何とかしたい」など、歯並びの治療を希望する人も増えてきました。

こちらの記事では、美容面の治療でさまざまに応用がきく「ダイレクトボンディング法」の特徴を解説しています。

1.ダイレクトボンディングとは?

ダイレクトボンディングは、歯の欠損・隙間・穴などを「プラスチック樹脂」で埋める治療法です。プラスチック樹脂といっても、「フィラー(セラミック・ガラスなどの粉末)」が配合された歯科用の素材になります。

歯科用のプラスチック樹脂を指して、一般に「コンポジットレジン」と呼んでいます。ちなみに、ダイレクトボンディングは自由診療なので保険は使えません。

2.どのような治療に用いられるの?

ダイレクトボンディングの特徴は、適用範囲が広いことです。ペースト状のコンポジットレジンを歯に接着して固めるので、「削った部分の穴を埋める」「欠けた歯をおぎなう」「細すぎる歯の周囲に盛り足す」など、さまざまな使い方ができます。この項目では、ダイレクトボンディングが適用できる「主な症例」を確認してみましょう。

2-1 美容面を重視した虫歯治療

見栄えを重視して、「白い詰め物を使った虫歯治療」を選択する人も増えています。ただ、神経に達するほどの大きな虫歯には適用できません。ダイレクトボンディングの素材(コンポジットレジン)は強度が低く、歯全体を覆う「かぶせ物」をつくることは不可能です。

ちなみに、小さな虫歯の場合、保険診療で「コンポジットレジン充填」という治療法が存在します。「コンポジットレジンを埋めこむ」という意味では同じ治療法ですが、使用するコンポジットレジンの品質が異なります。

保険内の「コンポジットレジン充填」は経年劣化で着色しやすいのに加え、歯をこすりあわせただけで摩耗するほどの強度です。また、色のバリエーションも10色ほどにとどまっており、必ずしも自然な色合いを実現できるとは限りません。

それに対して、「ダイレクトボンディングに用いるコンポジットレジン」は、保険診療のものより強度が高く、色のバリエーションに富んでいます。より機能的に、より美しく治療することが可能です。

2-2 欠けた部分を補う治療

「前歯の一部が欠けている」などの症例で、欠けた部分を補うためにダイレクトボンディングをおこなう場合があります。欠損した箇所を埋めるようにコンポジットレジンを接着して、自然な形状に整えます。

2-3 正中離開(すきっ歯)の解消

いわゆる「すきっ歯」の問題は、「歯と歯に隙間があいていること」です。特に「正中離開(せいちゅうりかい)」と表現する場合、「上顎(うわあご)前歯の間に空間がある状態」を指します。美容面もさることながら、「サ行など、一部の発音が難しくなる」など機能面の問題を引き起こすこともあります。

ダイレクトボンディングで、2本の前歯の内側に「歯を付け足す処置」をおこなえば、前歯の間にあった空間はなくなります。少し前歯が太くなりますが、多くは「見た目」「発音」とも大きく改善します。

3.ダイレクトボンディング3つのメリット

白い詰め物には「セラミックインレー」という選択肢がありますし、すきっ歯を解消するなら「歯列矯正をする」という方法もあるはずです。さまざまな選択肢が存在する中で、「ダイレクトボンディングにはどのような利点があるのか」を確認してみましょう。

3-1 自由診療の中では費用が安い!

自由診療の治療法としては、費用が安い部類になります。美容を重視する詰め物なら「セラミックインレー」が知られていますが、一般的な費用は5~7万円程度です。ダイレクトボンディングなら1~4万円程度に落ち着くことが多く、費用が抑えられます。

すきっ歯の解消では、もっと顕著になります。歯列矯正には50万円以上かかるからです。ダイレクトボンディングは「コンプレックスを解消するための自由診療」としては、非常にリーズナブルです。

3-2 治療期間が短くて済む!

コンポジットレジンは「ペースト状の樹脂を埋めこんで固める素材」ですから、型をとる必要がありません。虫歯を削ったあと、その日のうちにレジンを詰めるところまで完了できます。虫歯が1本なら、1回で通院が終わることも珍しくありません。

3-3 削る範囲を最小限に抑えられる

銀歯・セラミックの詰め物を入れる場合、ある程度、削る範囲を大きくする必要があります。削る範囲が小さいと、詰め物が過度に小さくなるからです。詰め物は、薄すぎれば割れますし、小さすぎれば外れます。歯を大きく削って、それなりに大きな詰め物を入れなければなりません。

しかし、ダイレクトボンディングであれば、余分に削る必要はありません。虫歯の箇所だけを削り、健康な部分をたくさん残せます。ペースト状のレジンを接着するので、入れる場所の大きさは関係ありません。

4.まとめ

ダイレクトボンディングは「虫歯治療」から「すきっ歯の解消」まで、非常に対応範囲の広い手法です。「美容を意識した歯科治療」をリーズナブルに受けたいなら、ぜひ、検討してみてください。「将来的にセラミックインレーを検討しているけれど、とりあえずダイレクトボンディングで様子を見てみる」など、美容面の歯科治療を受ける際の入門編としてもおすすめです。

ページトップへ