【正しく洗えていますか?】入れ歯の変形につながる!?正しいお手入れ方法

【正しく洗えていますか?】入れ歯の変形につながる!?正しいお手入れ方法

入れ歯を使用されている方は多いと思いますが、毎日どのようなお手入れをしていますか?毎日のお手入れだからこそ面倒になったり雑になったりする方も多いと思います。

ですが、正しく入れ歯のお手入れをすることで、入れ歯の使用期間を延ばすことができます。

鶴見大学・歯学部・口腔内科学(口腔外科学第二)講座・堤千明博士監修のもと、正しい入れ歯の洗い方、保存方法についてをまとめました。

入れ歯を利用している方、入れ歯の管理をしている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

正しい入れ歯の洗い方は歯ブラシと洗浄剤の併用が重要

入れ歯には義歯用ブラシの使用を推奨

まずは歯ブラシ義歯用ブラシで入れ歯全体を洗ってください。

入れ歯はプラスチックの一種でできているので、強く磨いてしまうと入れ歯に傷がついてしまいます。歯磨き粉の使用も傷の原因となりますので使用しないでください。入れ歯が傷ついてしまうと、その溝にばい菌が入りやすくなります。

歯ブラシよりも義歯用ブラシの方が、持ち手が太く握りやすいためおすすめです。小さな入れ歯は歯ブラシ、大きな入れ歯は義歯用ブラシを使用すると磨きやすいです。

入れ歯を磨く時は流水を使用

入れ歯を洗う際には、流水を使用してください。

水でさっと汚れを落として入れ歯を保管している人も多いのではないでしょうか。しかし、それだけでは汚れをしっかりと落としきれていません。

入れ歯の接着面の汚れをうまく落とすことができないと、カビの一種であるカンジダ菌などが入れ歯の接着面や粘膜(上あご)にはびこってしまいます。

そうすると、カンジダ菌などのばい菌を落としきれないまま粘膜(上あご)に押さえつけてしまい、ばい菌がさらに増え、口内の環境が悪くなってしまいます。

歯ブラシと入れ歯洗浄液を併用

歯ブラシで磨いた後は、入れ歯洗浄液に5ほどつけてください。5分ほどで殺菌はできます。

洗浄剤を使用している方の中に一晩つけている方もいらっしゃいますが、それでも問題はありません。

入れ歯の保管時に注意することは“乾燥”

入れ歯の保存時はにつけるようにしましょう。

ティッシュでくるんで保管をする方もいますが、入れ歯が乾燥すると、変形につながってしまいます。

歯の教科書便臭部コメント

入れ歯の正しい洗い方、保管方法をわからないままお手入れしている人も多いと思います。

大切な歯に関することがだからこそ、毎日のお手入れ方法を見直してみてはいかがですか?

鶴見大学 歯学部 口腔内科学(口腔外科学第二)講座
堤千明博士(歯学)監修
経歴・プロフィール

鶴見大学歯学部 学部助手

ドクター詳細ページへ
執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

【正しく洗えていますか?】入れ歯の変形につながる!?正しいお手入れ方法 2020-03-16T12:51:14+09:00
歯の教科書ロゴ
ページトップへ