歯医者さんのこと

歯医者さんの選び方のポイント10選!ニーズによって異なる選択の仕方も

94,238view

歯医者さんを選ぶとき、どのような基準で選んでいますか? 何事もないときに「歯医者さんの選び方」を考える機会はないでしょうから、なかなか明確な基準は思い浮かばないと思います。

もちろん、「優しい先生が良い」「設備が整っているほうが良い」「痛いのは嫌だ」といった希望はあると思いますが、予約の段階で判断するのは簡単ではありません。

しかし、「歯科医院の公式サイト・予約サイト」などに書かれている情報をよく読めば、「予約段階で自分に合った歯医者さんを見極めること」は十分に可能です。こちらの記事では、今日からきっと役に立つ「良い歯医者さんの選び方」を解説しています。

1.設備を見ればわかる!歯医者さんの選び方10のポイント

歯医者さん選びの基本は、以下にかかげる5つのポイントです。

痛みを抑えた治療 ⇒ 治療中、痛い思いをしないように配慮してくれる
再発リスクの低い治療 ⇒ 丁寧に、正確性の高い治療を提供してくれる
優しいカウンセリング ⇒ どんな治療をするのか、わかりやすく説明してくれる
きれいな院内環境 ⇒ 院内が衛生的で、前向きに治療を受けられる
患者さんへの配慮 ⇒ 多くの人が通いやすいように工夫してくれている

そして、これら5つのポイントを満たしているかどうかを予測する方法があります。公式サイト・予約サイトなどで、「院内で使用している医療機器」「院内設備」を確認するだけです。具体的には、これから説明する「10の機器・設備」があるかどうかをチェックすればOKです。

1-1 注射の痛みまで抑える!「優しい麻酔」を導入しているか?

【痛みを抑えた治療】
患者さんに「痛みの少ない治療」を提供するためには、麻酔が重要です。本当に優しい歯医者さんなら、きっと「麻酔を注射するときの痛み」にも配慮してくれるはず! 麻酔注射の痛みを抑える医療機器を導入している歯医者さんは、きっと「優しくて、痛みの少ない歯医者さん」だと思いませんか?

表面麻酔…注射針が入る感覚をわかりにくくする
電動麻酔器…麻酔液が入ってくるとき、痛みを感じにくい
33Gの注射針…チクッとする感覚が少ない
無針麻酔…針のない麻酔で、補助的に使用する

1-2 恐怖まで和らげてくれる!「鎮静」に対応できるか?

【痛みを抑えた治療】
世の中には、ドリルを見ただけで震え上がってしまう「歯科恐怖症」の人もいます。しかし、「鎮静法」という方法を使えば、歯科恐怖症の人でも前向きに治療を受けることが可能です。簡単に言うなら、鎮静法は「半分眠ったようなフワフワした感覚で、気づけば治療が終わっている!」というものです。鎮静法に対応している歯医者さんなら、患者さんの不安・恐怖にも優しく配慮してくれるでしょう。

笑気吸入鎮静法…吸い込むだけで意識がぼんやりして、不安を感じにくくなる
静脈内鎮静法…まるでうたた寝しているような状態になり、恐怖を感じにくくなる

1-3 細かい部分をしっかり確認!マイクロスコープ・拡大鏡はあるか?

【再発リスクの低い治療】
歯科治療には、細かい作業がたくさんあります。たとえば、進行した虫歯に対しておこなう「根の治療」です。歯の内部にある虫歯を手作業で除去していくのは、とても細かい作業です。根の治療をするときに「感覚と経験」でおこなう歯医者さんも多いですが、できれば、細かいところまで目で見て作業してくれる歯医者さんのほうが嬉しくありませんか? 目で見たほうが、虫歯をすっかり除去できる確率は高いはずです。

マイクロスコープ…肉眼の数十倍に視野を拡大できる歯科用顕微鏡
拡大鏡…肉眼の数倍に拡大して作業できる拡大鏡

マイクロスコープ

1-4 歯の内部をきっちり無菌化!ラバーダムを使用しているか?

【再発リスクの低い治療】
歯の内部を治療しているとき、歯の中に唾液が入ってしまうと困ります。唾液に含まれる虫歯菌まで、中に入ってしまうからです。そこで、役に立つのが「ラバーダム」というゴム製のシートです。治療中の歯だけを残して、ほかの部分をすっぽり覆ってしまえるからです。ラバーダムを使えば、治療中の歯に唾液が入る心配はありません。唾液(水分・湿潤)を防ぐことから、この処置を「ラバーダム防湿」といいます。

ラバーダム

1-5 落ち着いた環境で相談!カウンセリングルームはあるか?

【優しいカウンセリング】
診療ユニットに座ってしまうと、何だか落ち着かなくなります。目の前にはドリルもありますし、気づけば治療がはじまっているような気がしませんか? 疑問・質問を遠慮なくぶつけるなら、診療ユニットに乗る前に「テーブル・イスのある別室」でしっかり相談したいところです。カウンセリング専用の空間が用意されている歯医者さんなら、落ち着いた気持ちで何でも相談できる気がします。

1-6 目で見てわかる説明!タブレット・モニターなどは使っているか?

【優しいカウンセリング】
言葉だけで説明されても、なかなか専門的な話を理解するのは難しいと思います。そこで、タブレット端末・モニターなど「視覚に訴える情報」を使ってもらえると、とても理解しやすくなると思いませんか? 映像・図面などを見ていると、たいていのことは何となくわかるものです。

1-7 医療器具をしっかり滅菌!オートクレーブは導入しているか?

【きれいな院内環境】
オートクレーブは、高い圧力をかけて、高温の蒸気で医療器具を滅菌する設備です。特に、ヨーロッパでもっとも厳しい基準をクリアした「クラスB」のオートクレーブを導入していると、とても衛生的な気がします。

1-8 院内の空気まできれいに!口腔外バキュームはあるか?

【きれいな院内環境】
歯を削ると、「歯の粉末」「唾液の飛沫」が出ます。とても細かい粉末・飛沫なので、空気中を舞ってしまいます。しかし、衛生面を考えると、あんまり空気中を舞われても困ります。口腔外バキュームという設備があれば、空中を舞っている細かい粉末・飛沫をきちんと吸いとることができます。空気まできれいな歯医者さんなら、前向きに通える気がしませんか?

1-9 子供連れでも通院できる!キッズスペースが設置されているか?

【患者さんへの配慮】
子供のいる女性は、医療機関を受診するだけでも一苦労です。「子供を預けられる人はいないか?」「連れて行くと騒ぐのではないか?」など、気になることばかりです。しかし、院内にキッズスペースがあれば、あまり心配はありません。治療を受けている間、子供をキッズスペースで遊ばせておけば良いからです。

1-10 忙しい社会人でも通院できる!土日・夜間にも診療しているか?

【患者さんへの配慮】
社会人は、通院時間を確保するだけでも大変です。それでも、土日診療・夜間診療に対応してくれている歯医者さんなら、継続的に通院できることでしょう。「みんなが通えるかどうか」を考えてくれている歯医者さんは、きっと「患者さんへの配慮を欠かさない歯医者さん」だと思いませんか?

2.症状&状況別!歯医者さんの選び方~要点まとめ

ここまでに、歯医者さんを選ぶ上で「全般的に役立つ10項目」をお伝えしました。とはいえ、患者さんの症状・事情によって、歯医者さんに求めるニーズはさまざまです。そこで、この章では「患者さんの症状」「患者さんの事情」ごとに区分して、「歯医者さんの選び方」をまとめることにしました。

2-1虫歯を治療するときの選び方

虫歯治療の際、特に気になるのは「痛み」だと思います。最近の歯医者さんは、基本的に麻酔を使用してくれますが、痛みの少ない治療を受けたいなら「2段階麻酔」をする歯医者さんがおすすめです。

「2段階麻酔」では、まず「表面麻酔」という塗るタイプの麻酔をして、歯茎の感覚をにぶらせてから注射をします。これなら、針が入る感覚はあまりわかりません。表面麻酔の代わりに「無針麻酔」を使う歯医者さんもあります。これは麻酔液を高圧で吹きつける機械で、針を使わずに歯茎内部まで麻酔液を浸透させることができます。

2-2歯周病治療をするときの選び方

歯周病治療に関しては、「日本歯周病学会認定 歯周病専門医」が在籍している歯医者さんがおすすめです。初期の歯周病は発見するのが難しく、重度の歯周病は治療するのが難しい…という具合に、歯周病治療は決して簡単な治療ではありません。歯周病に関する深い見識をもった先生に診てもらうほうが、良い結果を得やすいと思います。

2-3 お子さんの歯科治療をするときの選び方

小さなお子さんにとって、最初の歯医者さん選びは重要です。ここで嫌な思い・怖い思いをすると「歯医者さんが嫌いな子供」になってしまいます。子供のころに嫌な思い出ができると、「大人になっても歯科恐怖症」という状況になりかねません。

なかなか歯医者さんに行かない人は、歯を失う確率が高くなります。幼いときの歯医者さん選びが、数十年後の歯の本数を決める…。そう断言しても、言い過ぎということはないでしょう。

幸い、最近はお子さんに優しく対応する歯医者さんが増えています。「治療中にアニメ映像を流してくれる」「アニメキャラクターが治療説明してくれるソフトウェアの導入」など、お子さんが喜ぶ工夫をしている歯医者さんに連れて行きましょう。お子さん向けの工夫をこらしている歯医者さんは、子供をメインターゲットにしているはずです。子供の対応に慣れているでしょうし、子供が好きなスタッフも多いと思います。

2-4 口腔クリーニングを受けるときの選び方

歯石を除去するためのスケーリング・ルートプレーニングなどは、どこの歯医者さんでも実施してくれます。ただ、ルートプレーニングで深い部分にある歯石を取るなら、麻酔を使ってくれる歯医者さんがおすすめです。

また、虫歯・歯周病予防のために本格的なクリーニングをおこなうなら、PMTCをしてくれる歯医者さんが良いでしょう。PMTCは専門的な器具を用いて、プラークを除去する口腔クリーニングです。

2-5 インプラントを受けるときの選び方

インプラント手術を受けるのであれば、専用手術室を設置している歯医者さんがおすすめです。やはり、体内に人工物を埋めこむとなると、よりいっそう、衛生的な環境が求められるからです。

また、通常歯科治療より長時間の術式なので、歯科治療に恐怖心を持っている人は鎮静(セデーション)をしてもらったほうが良いかもしれません。静脈内鎮静法をおこなえば、半分眠ったような状態で施術を受けることができます。健忘作用もあるので、終わったときには術中のことをあまり覚えていません。恐怖が後に残らない…という意味でも有用性は高いです。

2-6 矯正・ホワイトニングなどを受けるときの選び方

矯正・ホワイトニングなどは「患者さんのニーズをどれだけ満たしてくれるか」がすべてだと思います。見た目の問題となると、結果に満足するかどうかは患者さんの主観によるところも大きいからです。

このことから考えると、専用のカウンセリングルームなどを設置し、時間をかけて患者さんのニーズをくみ取ってくれる歯医者さんが良いでしょう。また、矯正の場合は「外見的にわからない裏側矯正」「取り外しできるマウスピース矯正」など、矯正を得意とする歯医者さんでしか対応していない術式もあります。自分にあった方法を実施してくれるかどうか…をよく確認するようにしてください。

3.まとめ

初診のときは「痛い思いはしないか」「怖くはないか」など、さまざまな不安があると思います。こちらの記事で紹介した「歯医者さんの選び方」を参考に、ぜひ、自分にピッタリの歯医者さんを見つけていただければ幸いです。

高村歯科医院_歯医者_選び方

ページトップへ