虫歯

子供の虫歯治療の仕組みと年齢ごとに違う虫歯の特徴と治療法

9,570view

子供に虫歯ができてしまったとお悩みの方、早めの治療が大切なことはわかっていても、歯医者さんに行ったらどんな治療をされるのか、不安を感じていませんか。

この記事では、歯医者さんが行っている子供の虫歯の治療方法を紹介していきます。年齢や症状によって治療方法は様々ですが、行く前に歯医者さんでの治療の流れや内容を理解しておくことで、安心して治療に向かえるはずです。歯医者さんに行く前にぜひ読んで参考にしてみてください。

1.子供の虫歯治療の仕組み

子供の虫歯は一般歯科でも治療できます。また、より専門的な知識のある子供のための歯医者さん「小児歯科専門医」もおすすめです。

1-1 小児歯科の特徴

医師やスタッフが専門の知識と技術を持っています。赤ちゃんから成人前の子供を対象に予防や保健指導、歯の治療などをします。子供に不安を与えない工夫をしています。

1-2 治療の流れ

診察室に親御さんが一緒に入ることが多いです。カウンセリング~検査~説明~治療へと進みますが、無理矢理に治療はしません。治療前の訓練を行っている歯科もあり、子供の性格や年齢、体調に合わせた治療をします。

1-3 実際の治療

虫歯を削って、コンポジットレジンやプラスチック、金属を詰めたり、冠をかぶせたりします。進行している場合には、神経を取る治療や抜歯をすることもあります。表面麻酔や、細い針を使用するなどの工夫をしています。

1-4 定期的な健診と予防歯科

定期健診で、虫歯や歯周病から守ることができます。予防歯科ではブラッシング指導のほか、フッ素やシーラントで虫歯予防をします。

2.子供の年齢ごとの虫歯の特徴と治療方法

幼児の虫歯は、進行止めを使用し経過をみることが多いです。症状によっては削って詰める治療や歯を修復する治療、歯髄治療、冠をかぶせるなどの治療をします。

また、1歳半の赤ちゃんですと歯科検診を受けるタイミングとなります。赤ちゃんにおすすめの歯医者さんを探している方、ぜひ下記のバナーをクリックしてみてください。

予約記事バナー_赤ちゃん_歯科検診

2-1 1・2歳児の虫歯

1・2歳児の虫歯は、上の前歯の前後に発生することが多いです。歯が溶けた状態になり、進行すると神経に近いところまで広がり穴が開くことがあります。授乳した状態で寝てしまうことが原因となるので、母乳虫歯、哺乳瓶虫歯ともよばれます。

2-2 2・3歳児の虫歯

2・3歳児の虫歯は、歯と歯の間や奥歯のかみ合わせの部分に発生することが多いです。歯が溶け、ひどくなると歯が欠けボロボロになることもあります。ダラダラと甘いジュースを飲んだりお菓子を食べたり、哺乳瓶で糖分の高いジュースを飲みながら寝ることなどが原因となります。

2-3 4・5歳児の虫歯

4・5歳児の虫歯は歯と歯茎の境目や歯の裏側、歯と歯の間、奥歯とその前の歯の間に発生することが多いです。ひどくなると黒い穴が開いて神経まで到達します。飴やガム、チョコレートなどの甘いお菓子や、汚れが原因となります。

2-4 6歳前後の虫歯

6歳前後になると一番奥歯に生える6歳臼歯に虫歯が発生することが多いです。6歳臼歯は出てきてから完全に生えるまでの時間が長く、柔らかい状態が続きます。溝が複雑で深いため汚れがたまやすく虫歯になりやすいのです。

3.虫歯の進行度合いによる治療方法

Cはカリエス(caries)のCでう蝕(虫歯)という意味です。虫歯の進行度はCO~C4までの5段階に分けて表し、進行度によって治療方法も違います。進行が進むにつれ治療期間も長くなり費用も掛かります。

3-1 CO(要観察歯)の治療

歯のエナメル質が白くなり虫歯になりかけている状態です。痛みやしみるなどの症状、虫歯の穴などはありません。歯の再石灰化による自己修復作用や、フッ素塗布などで治る可能性があるため削る治療はしません。

3-2 C1(初期の虫歯)の治療

痛みがないので気づきにくいですが、茶色や黒色の小さな穴ができます。まれに冷たい水がしみることがあります。虫歯の部分を取り除き穴をふさぐ治療をします。

3-3 C2(進行した虫歯)の治療

象牙質まで進行した虫歯です。象牙質は酸に弱いので急に進行が早くなります。冷たいものや甘いもの、熱いものでも痛みを感じます。虫歯部分を取り除き、詰め物やかぶせ物で穴をふさぐ治療をします。

3-4 C3(歯髄まで進行した虫歯)の治療

歯の神経(歯髄)まで進行した虫歯で、ズキズキとした感じや、夜寝られないほどの強い痛みがあります。治療時も痛みを感じることが多く、神経を取り除く治療が必要になることも多いです。歯髄処理のあと、型を取ってかぶせ物を作ります。

3-5 C4(歯質が失われた虫歯)の治療

歯が残っておらず根だけが残った状態です。神経は死んでしまっているので、痛みはありませんが膿がたまることがあります。乳歯の場合は抜歯をするか、永久歯が生えてくるまで補強をして残す事もあります。永久歯の場合、C4まで進行してしまった歯は、抜歯になってしまう事が多いです。

虫歯の進行度や治療法について詳しくは『進行度や状況に応じた虫歯治療と痛みを抑えた治し方』を参考にしてください

4.進行の早い子供の虫歯を予防する方法

乳歯の虫歯はとても進行が早いため、虫歯をそのまま放置しておくと、健康な歯も虫歯にしてしまう可能性が出てきます。

そのため進行止めと呼ばれるお薬を使用して一時的に進行を遅らせたり食い止めたりすることが必要です。虫歯の治療ができない場合などにも進行止めを塗って経過を見ることが多いです。

4-1 進行止めの薬サホライド

サホライドは、歯医者さんで進行止めとして使われている薬です。サホライドを塗ると虫歯の部分だけが黒く染まります。虫歯の進行を遅らせたり食い止めたりする働きがありますが、虫歯が治るわけではありません。

4-2 サホライドを塗布する場合とは

サホライドは初期の小さな虫歯に使用します。削る必要のない虫歯や、治療ができない子供、おおむね6歳以下の子供に使用します。

4-3 サホライドによる影響

虫歯の進行を止めてくれますが、虫歯の部分が真っ黒に変色するため、見た目がよくありません。塗った直後になめてしまうと、唇などに色がついてしまうことがあるので、注意が必要です。

5.最新の虫歯治療

痛みも少なく歯を削らない方法や虫歯の部分だけを小さく削るだけの治療ができるようになってきました。費用が高くまだ取り扱いの少ない治療法もありますが、参考にしてください。

5-1 レーザー治療

レーザー光を照射して虫歯を蒸散し治療します。歯を傷つけずほとんど痛みがない治療ができます。進行した虫歯でも治せます。

5-2 カリソルブ治療

薬剤で虫歯を溶かし、溶けた部分を器具で削り取る治療で、痛みはほとんどありません。比較的初期の虫歯向けです。

5-3 ロンドフレックス治療

高圧で粒子を吹き付けて虫歯の部分だけを飛ばす治療で、痛みはほとんどありません。初期の虫歯治療です。

6.まとめ

子供の歯は、年齢によって虫歯ができやすい場所や特徴があります。子供の虫歯はとても進行が早く、治療せずに治ることはありません。

小児歯科では、怖くない、痛くない治療をしています。虫歯ができたら少しでも早く歯医者さんへ行き、症状や進行度に合った治療をすることが大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):
ページトップへ