お悩み解決コラム矯正

短期間で歯並び改善?セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック 歯 歯並び
124view

「すぐに出っ歯やデコボコ歯をキレイにすることができる」
そんな広告を見てセラミックによる歯並び治療を検討していませんか。もちろん、セラミック治療には多くのメリットがあります。しかし、同時にセラミック矯正を行うことで健康な歯に与えるリスクもあるのです。治療費が安いから、治療期間が短いからと安易に選択すると後々後悔することもあるので気を付けましょう。

この記事ではセラミック治療のメリットやデメリット、セラミック治療はどんな人におすすめか、かかる費用やセラミックの種類、治療の流れなどを紹介します。
治療前によい点だけでなく、リスクも知っておくことで自分に本当に必要な治療が見えてくるはずです!参考にしてくださいね。

歯並びを治せるセラミック矯正とは?

セラミック 歯 歯並び

1-1 セラミック矯正とは

セラミック矯正というのは気になる悪い歯並びを削った上で、セラミックなどの人工歯を被せてキレイに改善する治療法です。
例えば、出っ歯やすきっ歯、デコボコの歯などを改善したり形を整えたりできます。普通の矯正治療と比べれば早く治療を終わらせることができるので「クイック矯正」とも呼ばれている施術です。

1-2 セラミック矯正のメリット・デメリット

【メリット】

・気になる部分の見た目だけを改善できる
・治療期間が短くてすむ(数週間~3か月ほど)
・歯並びのほか、色や形も変えられる
・矯正のように後戻りすることがない
・矯正と比べると費用をおさえられる(本数にもよる)
・外科手術と比べてダウンタイム(腫れや痛みなど)が少ない
・矯正治療と比べて違和感(歯を動かす際の痛みやしめつけ感など)が少ない
・治療中であっても周りの人にバレにくい

セラミック矯正の良い点としては歯を動かすことなく気になっている部分(出っ歯やすきっ歯など)だけを治療できるので期間がかからず治療後も後戻り(歯がもとの位置に戻ろうとすること)がないことです。普通の矯正であれば1年から2年ほど、長ければそれ以上かかりますがセラミック矯正は数か月で終わることが多く、早ければ数週間で治療が終わることもあります。
また、矯正中にワイヤーやブラケットなどの器具を装着することもないので見た目も目立たず治療していることを周囲に気付かれないのもメリットです。

【デメリット】

・健康な歯を削らなければいけない
・神経を抜くこともある
・削った歯の寿命は短くなる
・歯の根っこを動かすことはできない
・全体的な噛みあわせを改善することはできない
・患者さんの歯並びよっては対応できない

セラミック矯正のデメリットとしては歯を削る必要があるということです。虫歯でない健康な歯の場合、削ることで歯の寿命が短くなります。そのためセラミック矯正のメリットだけを見て安易に治療してしまうのは要注意です。また、矯正とはちがい歯の根っこ部分を大きく動かす効果はないので噛みあわせを改善することはできません。場合によっては希望の歯並びにならないこともあります。
また、歯の形や生えている向きによってはセラミック矯正ができません。

1-3 こんな人におすすめ!

・全体的な噛みあわせに問題はない人

・虫歯やケガなどで歯が欠けてしまった人

・神経がない歯の歯並びや色が気になっている人

・ホワイトニングで歯の黄ばみや汚れがキレイにならなかった人

・どうしても治療期間を長くとれない人

セラミック矯正はもとの歯を削った上で被せものをします。そのため、健康な歯でなく虫歯などで歯を削る必要がある人や事故やケガなどで歯が欠けてしまった人に向いています。

また神経を取った歯を白くキレイに見せることも可能です。神経を取った歯というのは、神経とともにその周辺の血管も除去するため歯に栄養供給がされなくなります。そうなると植物が枯れてしまうように色が黒ずんでしまうのです。セラミック矯正はそのような黒ずんでしまった歯を被せものでキレイに見せるメリットがあります。

1-4 かかる費用の目安

セラミック 歯 歯並び

セラミックの被せものは基本的には自費で保険が効きません。
そのため、クリニックによって1歯の費用に差があります。以下の費用は目安で、虫歯や歯周病などがあればこの費用以外に別途治療費がかかることも念頭に置いておきましょう。

【費用の目安】
セラミッククラウン1歯 7万円~15万円ほど

1-5 治療の流れ

【セラミック矯正の基本的な流れ】

1.カウンセリング・治療の計画
まずはカウンセリングで歯の悩みや治療の希望(どんな歯並びにしたいかなど)を伝え、その際に歯の形だけでなく色も決めていきます。そして今の患者さんのお口の中の状態(虫歯や歯周病がないかなど)や噛みあわせを診てもらいましょう。診断結果から患者さんにあった治療計画を立てます。
2.シミュレーション
すべての歯医者さんで行うわけではありませんが、模型やソフトなどを用いてシミュレーションを作成し、治療後のイメージがつきやすいようにしてくれるクリニックもあります。ホームページなどに記載してあるので来院する前にチェックしてみてください。また、歯医者さんによってはセラミック矯正の前に歯のホワイトニングをして白くし、その歯の色にあわせて被せものをするところもあります。
3.型採り
もとの歯の型を採ります。
4.仮歯の装着
被せものの土台になるようにもとの歯を削り、きちんとした被せものができあがるまでの間、プラスティック製の仮歯を装着しておきます。歯医者さんによっては仮歯でもキレイな見た目や機能の高さにこだわるところもあるようです。
5.セラミッククラウンを作る
歯科技工士がセラミックの被せものを作成します。被せものができあがるまでの期間は歯医者さんによっても違いますが、1週間~2週間ほどです。
6.セラミッククラウン装着
完成したセラミックの被せものを自分の歯に装着し、色や形が希望どおりになっているか、噛みあわせに違和感はないかなどをチェックしてもらいましょう。特に修正がなければ本装着になります。
7.治療後の確認や定期的なメンテナンス
治療後に数週間して違和感があったり痛みが発生したりするケースもあります。そのため被せものが歯にあっているかどうか、対抗歯や歯茎を痛めていないかなど治療後に確認してもらってください。また、数か月に1度など定期的に来院することで被せものの状態や虫歯や歯周病が発生していないかを診てもらうことも大切です。

1-6 セラミックの種類

大きく分けるとセラミックの素材は金属を使っているものと使っていないものに分類できます。

金属を使用している被せものは耐久性が高いことがメリットですが、下地が金属なので透明感がなくなる点がデメリットです。また、歯茎部分に金属が溶けだし黒ずんだり、金属アレルギーを引き起こしたりすることも考えられます。

逆に金属を使わない被せものは透明感があり見た目的に美しいだけでなく、金属アレルギーのリスクが少ないなどのメリットがありますが、強度が低い点がデメリットです。

~金属を用いるセラミック~

◆メタルボンド
金属の素材の上にセラミックを貼り付けた被せもののことをメタルボンドといいます。内側が金属なので強度があり、割れたり欠けたりしにくいです。もとの歯の色を拾わないのもメリットでしょう。ただし、金属アレルギーのリスクがあり長年経つと歯茎部分が黒ずむなどのデメリットもあります。オールセラミック(すべてが陶器素材でできた被せもの)よりも透明性がないのも残念な点です。

~金属を用いないセラミック~

◆オールセラミック

すべてがセラミック(陶器素材)でできた被せものです。透明感がありもとの歯の色に近いキレイな見た目が特徴です。ただし、内側に金属を使っていないので耐久性が強いとは言えず、噛む力が強い人や歯ぎしりをする人などには用いることができません。

◆ジルコニアセラミック

人工ダイアモンドとしても知られるジルコニアという素材でできた被せものです。ダイアモンドとして使われるだけあって、強度が高く、丈夫な上に透明感もあり審美性が高いのが売りでしょう。ただし、ほかの被せものと比べて費用が高額な傾向にあります。何本も治療するとかなりの費用になり、患者さんによっては負担になってしまうこともあるのでよく検討してから治療してくださいね。

※クリニックによってはこれ以外の種類を扱っているところもあります。どのような素材があるかクリニックのホームページを見て問い合わせてみてください。

2 矯正治療との違いはどんなところ?

セラミック 歯 歯並び

矯正治療との大きなちがいは自分の歯であるかどうかという点です。矯正治療では基本的に自分の歯を根っこごと動かして歯並びを整えます。しかし、セラミック矯正では自分の歯を削って上から人工歯を被せることで気になる歯並びを治す治療です。そのため、健康な歯の場合その寿命を縮めることにもなりかねません。できるだけ長く歯を残したいのなら矯正を選択し、虫歯があり削る必要がある人や神経を抜かなければいけない人などはセラミック矯正という選択をおすすめします。

また、矯正と比べて歯自体を動かすことはできないので全体的な噛みあわせを整えたい人は矯正が適しているのではないでしょうか。噛みあわせは問題ないけれどもごく一部(前歯数本だけなど)を治療したいのであればセラミック矯正は短期間で歯の形や色などを改善できます。

自分の希望で何を優先したいのか、歯医者さんに行く前に整理しておくことで治療後に「こんなはずじゃなかった」という後悔をしないようにしましょう。

3 セラミック矯正の歯医者さんの選び方

3-1 治療方法をいくつか提示してくれる

歯並びをキレイにする治療は1つではありません。場合によってはセラミック矯正ではなく、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などが適切なケースもあります。
複数の治療法があるということを伝えず、セラミック矯正のみをすすめてくる歯医者さんは気を付けるべきです。
選択肢が多い方が自分にあった治療法を取り入れやすいので、通院前にどのような治療をしているか確認しておきましょう。複数のクリニックをまわって治療を選択するのもよいですね。

3-2 症例数の多いクリニックを選ぶ

上の章でも記したとおり、セラミック治療は歯自体を削る必要があります。削ってしまった歯はもとには戻せないのでクリニック選びは慎重にしたいですよね。
症例数が多いクリニックを選ぶことで、その治療に関しての実績がある歯医者さん選びに繋がります。

やり直しがきかないセラミック治療ではそのような実績のある=信頼のある歯医者さんを選ぶことも大切ではないでしょうか。クリニックによっては症例写真をホームページや院内でたくさん公開していますのでそれを判断基準にするのもひとつの手です。

3-3 口コミを参考にする

通院しようかと考えているクリニックの口コミを見ることで客観的な意見を取り入れることができますよね。セラミック矯正は普通の矯正と比べて通院期間は短いとはいえ、できれば通いやすい気持ちのよい歯医者さんに通いたいです。口コミを参考にして「技術の高さ」や「通いやすさ」や「雰囲気」などを判断してみてはどうでしょうか。

4 まとめ

セラミック 歯 歯並び

理想の歯の状態に早くしたいばかりに、短期間で治療できるセラミック治療を良く考えずに選択してしまうのは危険です。セラミック治療にはもちろん短期間で治療できる、費用が安い、見た目がキレイになるなどのメリットもありますが、自分の健康な歯を削るというリスクもあります。このリスクを伝えず、メリットだけを伝える歯医者さんで治療を受けるのは注意が必要です。削ってしまってから後悔するのでは遅いですよ。

納得できる治療をしたいのならいくつかのクリニックで歯の状態を診てもらい、よく考えて選択をすることをおすすめします。この記事を参考にして白くキレイな歯並びを手に入れてくださいね。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):
ページトップへ