虫歯

虫歯を放置した場合の治療法と費用、放置による悪影響を解明

24,727view

虫歯を長年放置している方はいませんか。虫歯を放置すると、急に痛みが出たり、虫歯が進行し歯を失ったりと、その後の日常生活に大きく影響を与えます。しかしその一方で、放置した虫歯でも、自分にあった治療法が必ずあります。

この記事では、放置した虫歯の治療法、急な歯痛の応急処置、歯医者さんで行う最新治療を紹介しています。加えて、なぜ虫歯を放置すると怖いのか、その理由も記載します。歯の大切さを再確認し、自分の歯を守るための参考にしてみて下さい。

1.放置してしまった虫歯の治療法

1-1 虫歯菌を除去する

虫歯の治療は、虫歯菌が広がらないように、虫歯の部分を除去することが原則です。そして、除去した虫歯の部分は人工物で修復します。他にも、虫歯の進行度、虫歯の深さ、範囲、場所によって、治療法はいくつかの種類があります。

1-2 詰め物を使用して治療する

虫歯部分を削った後は、歯の代わりになる詰め物をします。虫歯治療に使う詰め物や被せ物にはさまざまな種類がありますが、一般的に使用する詰め物は、下記の2種類です。

レジン修復 

白い色のプラスチック樹脂を直接詰める方法です。

インレー(銀歯)修復

歯の型取りをして、銀歯を作製し、後日詰める方法です。最低、2回の通院が必要です。

1-3 神経を治療する

虫歯が神経まで進行すると、根管治療が必要となります。根管とは、歯の中にある神経や血管が入った管のことです。根管治療は、虫歯菌に感染した神経や血管を除去した後、消毒して薬剤を詰める治療法です。

根管治療後は、詰め物だけでは対応できないため、歯の全体を覆うクラウン修復をします。クラウン修復では、まず土台を製作し、そのうえにクラウンを被せて固定します。また、根管治療が行えない程、悪化している虫歯や激しい痛みがある場合は抜歯になります。

1-4 歯を失った場合の治療

虫歯を放置した結果、歯を失った場合、歯医者さんではどのような処置をするのでしょうか。ここでは、治療法とそのメリット、デメリットをご紹介します。

インプラント

歯を失った部分の顎の骨にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人工の歯を作る治療です。

メリット

  • 天然歯に最も近い
  • メンテナンスをきちんと行うことで寿命は長持ちする

デメリット

  • 外科手術を伴う
  • 治療期間が長くかかる場合がある
  • 歯周病やヘビースモーカーなど不向きな人がいる
  • 原則、自由診療で行うため、治療費が高額な場合がある

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、その2本を支えに橋のように人工歯を入れる治療です。

メリット

  • 取り外す手間がない
  • 噛む力も比較的高い

デメリット

  • 支えにするために健康な歯を削る必要がある
  • 支えの歯に負担がかかる

入れ歯

失った歯を補うために人工物を入れる治療です。取り外し可能で、総入れ歯と部分入れ歯があります。

メリット

  • ほとんどの症状で適応できる
  • 取り外しが可能

デメリット

  • 審美性に欠ける
  • 固定できないため違和感があったり、サイズが合わない場合もある

自家歯牙移植

失った歯の部分に、親知らずなどの違う自分の歯を移植する治療です。

メリット

  • 自分の歯を生かせる

デメリット

  • 親知らずの形が悪いなどは治療できない場合がある
  • 保険診療できない場合もある

2.治療別の費用

虫歯を放置した多くの方が、「治療費が高くなるのではないか」と心配しているはずです。治療が終わり、請求時に焦らないためにも、ここでは歯科治療費を理解しましょう。

2-1 歯科の保険診療と自由診療

治療費は、保険が利く「保険診療」と、保険が利かない「自由診療」があります。「保険診療」は、病気の治療が目的です。たとえば、医師に虫歯や歯周病などと診断され、歯を削ったり、詰め物をしたり、ブリッジや入れ歯を作るなどの治療が対象です。

一方の「自由診療」は、歯科矯正やホワイトニングなどの美容目的とされる治療や歯のクリーニングなどの予防が対象です。また、自由診療の場合、使用する材料や新しい技術に対しての金額を、医師が自由に設定できるため、歯科医院ごとに治療費が異なります。

2-2 放置した虫歯にかかる治療費

虫歯の進行度や虫歯の本数の違いで治療費が大きく変わってきます。では、具体的にどのくらいの治療費がかかるのか。虫歯1本あたりの治療費を比較してみましょう。

治療法 費用 保険適用の有無
レジン修復 1500円前後
インレー修復 2500円前後
クラウン修復 1万円前後
ブリッジ 2万円前後
インプラント 30~45万円 ×
自家歯牙移植 1万円前後

3.歯医者さんに行けない場合の応急処置

夜間や休日に、急に歯が痛くなったときは下記のような応急処置を試して下さい。

3-1 歯を確認

鏡を用意して下さい。お口を鏡で見て、痛い歯に食べカスがないか確認します。食べカスが挟まっていた場合は、爪楊枝で取り除いて下さい。

3-2 全体を冷やす

冷水で浸したタオルを絞り、冷やしたタオルを作ります。痛みがある部分を覆うように冷やして下さい。冷却シートを使用しても有効です。

3-3 鎮痛剤を飲む

市販の解熱剤や鎮痛剤は、歯痛にも効きます。薬剤師さんに相談し、服用して下さい。

3-4 ツボを押す

手の人差し指と親指の骨が合流する部分から少し人差し指よりにあるくぼみがあります。この部分に「合谷(ごうこく)」というツボがあります。痛みに効くツボです。指で押してみましょう。

4.虫歯の最新治療法

「こわい、痛い」と歯医者さんへ行けず、虫歯を放置してしまった方も多いはずです。歯医者さんに苦手意識がある方でも、通院できる、ストレスが少ない新しい治療方法を紹介します。

4-1 再石灰化治療

穴があいていない初期の虫歯に、高濃度のフッ素塗布やレーザー照射などを行う治療です。

4-2 ダイレクトレストレーション

穴があいた虫歯に、専用の材料を直接歯に接着する治療です。歯を削る量が少なく、歯型を採る必要もありません。治療は、1日で終わります。

4-3 マイクロスコープ

虫歯が神経まで達してしまった場合、歯の根の治療が必要です。マイクロスコープは、超高精度の顕微鏡です。これを使用すると、極薄のメスや極細の針や糸で処置ができ、従来の治療より痛みも傷も少なく治療できるようになりました。

4-4 レーザー治療

歯科用レーザーは、歯肉の切開、止血、殺菌などに使用します。痛みを最小限に抑え、身体への負担が少ない治療です。

5.虫歯を放置することで起きる悪影響

5-1 どんどん虫歯が進行し、激しい痛みが出る

理科の授業で、金属に塩酸や硫酸を漬けると、ブクブクと泡を出して溶けてしまう実験をしたことありませんか。このような現象が、お口の中でも起きています。

歯の表面を覆っている「エナメル質」は、水晶とほぼ同じ硬さがあり人体の中で最も硬いといわれています。しかし、この丈夫なエナメル質には、大敵がいます。それが、「酸」です。

歯を良く磨かずにいると、エナメル質の表面に、食べかすがたまり、その中の細菌が酸を作りだし、エナメル質を溶かします。

初期の虫歯は痛みがないため、知らず知らずに進行し、痛みが強くなります。虫歯が神経まで進むと、我慢できない激しい痛みになります。

5-2 頭痛を引き起こす

虫歯ができると痛みを恐れて、虫歯のない方ばかりを優先的に使います。次第に、噛み合わせが悪くなり、顎や他の筋肉が緊張状態となるため、頭痛を引き起こします。

5-3 顎の骨に影響する

虫歯を放置し虫歯菌が神経から顎の骨に侵入すると、激しい痛みや発熱などの症状とともに、顎の骨が溶け、膿が出るなどの炎症を起こします。症状が悪化すると、歯茎を切り、顎の骨の治療が必要になる場合もあります。

5-4 全身疾患につながる

心不全や脳梗塞などの命を落とすこともある重大な病気が虫歯と関係しています。虫歯を放置すると、虫歯菌が血管に侵入し、血液の流れに乗り全身へ広がることで、病気を発症するリスクが高まります。

5-5 虫歯が親から子供へ

生まれたばかりの赤ちゃんには、虫歯菌が存在しません。しかし、まわりの大人と同じ箸を使って食事をしたり、ペットボトルの回し飲みしたりすると、子供へ虫歯菌が感染します。大人の虫歯は、子供にも影響を及ぼします。

6.まとめ

歯は痛くなってから歯医者さんに行くという人がほとんどかもしれません。そのため、虫歯を放置しやすい社会です。しかし、虫歯を放置するということは、すべてにおいて悪影響です。しかも、一度虫歯になると完全に元に戻すことはできません。

今、虫歯を放置している方は、これ以上虫歯菌を広げないために、早急に歯医者さんに行きましょう。放置すればするほど、痛みも、時間やお金の負担も大きくなります。苦痛の少ない最新治療ができる歯医者さんもありますので、ぜひ探してみてください。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ