お悩み解決コラムその他

上顎洞癌の初期症状・治療法!歯・歯茎が痛むことも…?

上顎洞癌

199view

鼻腔のとなりには、「副鼻腔」と呼ばれる空洞があります。副鼻腔のうち、鼻の両脇に位置する空洞を「上顎洞(じょうがくどう)」と呼んでいます。癌は体内の至るところに発生しますので、上顎洞に癌ができることもあります。

こちらの記事では、上顎洞癌の原因・初期症状・治療法を解説しています。厳密には耳鼻咽喉領域の癌ですが、口腔癌と関連する部分も多いことから「口腔癌の一種」と扱われるケースもあるようです。

1.上顎洞癌の基礎知識をチェック!

人間の副鼻腔には、上顎洞のほか、「前頭洞(ぜんとうどう)」「篩骨洞(しこつどう)」「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」が存在します。副鼻腔にできる癌を「副鼻腔癌」と総称しますが、もっとも頻度が高いのは上顎洞癌です。ただ、近年は減少傾向にある癌で、年間の患者数は1,000名程度と推定されています。

1-1 上顎洞癌の原因は?

上顎洞癌の原因は、その大半が「慢性副鼻腔炎」と考えられています。慢性副鼻腔炎は一般に「蓄膿症(ちくのうしょう)」と呼ばれている疾病です。慢性副鼻腔炎による上顎洞の炎症が長期的に続くことで、内部の粘膜が癌化します。慢性副鼻腔炎のすべてが癌化するわけではありませんが、数十年の単位で長期化すると癌になることがあるのです。

最近は、抗生物質などの開発が進んだことで、慢性副鼻腔炎を完治させることが容易になりました。結果、慢性副鼻腔炎そのものが減少したことで、上顎洞癌も減ってきています。慢性副鼻腔炎と上顎洞癌が連動して減っている事実から、「慢性副鼻腔炎が上顎洞癌の主な原因である」という臨床疫学的な結論を得ることが可能です。

1-2 上顎洞癌の初期症状

初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、初期症状に気づいたときは、すでに進行癌になっていることも多いです。もし、「上顎洞癌の症状かな?」と思ったら、なるべく早く医療機関を受診するようにしてください。

上顎・頬(ほお)が痛い
上顎・頬(ほお)が痺れて、感覚がにぶい
眼球が突出する
物が二重に見える
頻繁に目ヤニ・涙が出る
長期間にわたって、歯茎が腫れる
虫歯などの原因がないのに、歯が痛む
硬口蓋が腫れる
鼻から頬にかけて腫れる
長期間にわたって、鼻づまりが続く
粘性が強く、悪臭をともなう鼻汁が続く
血の混じった鼻汁が続く

これらの症状は、左右のどちらか一方に出るのが普通です。上顎が腫れるなら、左右どちらかが腫れます。同様に、目ヤニ・涙が出るのも片目ですし、鼻づまり・鼻汁が出るのも片方の鼻です。上顎洞は鼻の左右に1つずつ存在します。左右両方が同時に上顎洞癌になる確率は極めて低いですから、基本、症状が左右どちらかに出るのです。

春先、花粉症にかかっていると、上顎洞癌の症状を見落とす恐れがあります。鼻汁・鼻づまり・目ヤニ・涙といった症状が、花粉症と共通しているからです。ただ、花粉症は両目・両鼻に症状が出ますが、上顎洞癌が片側だけに出るのが普通です。この事実から、「慢性副鼻腔炎の既往があり、花粉症のような症状が片側だけに出る場合、上顎洞癌の恐れがある」と予測することができます。

1-3 上顎洞癌が進行すると、どうなる?

上顎洞癌の腫瘍が大きくなると、やがて頬骨を突き破るほどに肥大します。そのほか、頭蓋底に浸潤して脳に拡大する例もあります。頭蓋底に進行した場合、予後不良となり、根治は望めません。進行すればするほど危険が増していくのは、ほかの癌と同様です。

ちなみに、痛みが出てきたときに上顎の奥歯が虫歯になっていると、虫歯の痛みだと誤解する恐れがあります。これは上顎洞癌の発見を遅らせる要因になるので、虫歯を早めに治しておくことも重要です。

2.上顎洞癌の一般的な治療法は?

かつては、上顎洞癌の根治を目指す場合、「外科手術による切除」が第一選択でした。ただ、腫瘍の摘出時は、周囲の組織を含めて摘出しなければなりません。結果、上顎周辺を大きく切除することになり、機能的にも外見的にも、患者さんには大きな後遺症が残っていました。特に、腫瘍が大きく「上顎拡大全摘出」となった場合には、眼窩内容物まで摘出しなければならないからです。眼球を摘出すれば視力を奪われ、患者さんのQOLは大きく低下することになります。

2-1 集学的治療の進歩で、上顎洞癌の治療成績が向上!

しかし、最近は患者さんのQOLを維持したまま、上顎洞癌を根治できる例も増えてきています。外科手術・放射線療法・化学療法を組み合わせた集学的治療(三者併用療法)が進歩してきたからです。

化学療法には「超選択的動注」といって、腫瘍に栄養供給している動脈に抗癌剤を入れる治療が存在します。そこに放射線治療を組み合わせて、腫瘍をなるべく小さくするのです。腫瘍を十分に小さくしてから外科手術をおこなえば、顔面の機能・形態を温存した上で上顎洞癌の根治を目指せます。

2-2 早期発見できれば、内視鏡手術も!

早期癌ならば、鼻の穴から内視鏡を入れる内視鏡手術が可能です。この場合、術後の痛みも軽く、後遺症も残りません。

腫瘍が上顎洞の内部にとどまっているうちは自覚症状がなく、早期発見は困難とされています。しかし、鼻・歯・口腔内にわずかな異変を感じた時点で医療機関を受診すれば、早期癌のうちに発見できるかもしれません。

3.まとめ

虫歯など、口腔トラブルの影響で副鼻腔炎(上顎洞炎)を起こすことがあります。上の奥歯がひどい虫歯になると、虫歯菌が上顎洞に入りこむことがあるからです。こういった「歯が原因の上顎洞炎」を「歯性上顎洞炎」と呼びます。

副鼻腔炎が上顎洞癌を引き起こすと考えられている以上、「歯の健康」と「上顎洞癌」はまるっきり無関係というわけではありません。上顎洞癌で歯・歯茎に症状が現れるケースがあることも相まって、「口腔トラブルとの関連が深い癌」と言えるでしょう。

ごうデンタルクリニック_上顎洞癌

ページトップへ