お悩み解決コラム矯正

犬歯の矯正はどんな時に必要?犬歯の役割と矯正のメリット・デメリット

犬歯の矯正はどんな時に必要?犬歯の役割と矯正によるメリット・デメリットのアイキャッチ
337view

犬歯が前に出ていることを気にしている方も多いのではないでしょうか?

犬歯とは真ん中にある歯から数えて3番目にある、先端のとがった歯です。
糸切り歯とも言われ、上下左右4本あります。
犬歯の位置の異常を、八重歯と言います。犬歯は、生える順番が原因で八重歯になってしまうことが多い歯です。

ここでは、犬歯が起こすトラブルと矯正について紹介します。
犬歯について悩んでいる方へ、その原因と治療をご紹介します。

1.犬歯ってなに?

1-1 犬歯とは?

犬歯とは、真ん中の歯から3番目の切歯のさらに横にある歯で、上下左右それぞれ対になって4本あります。
肉食の哺乳類にとっては、獲物を捕らえるために必要な歯で、牙に当たります。

犬歯は、尖頭と呼ばれる尖った形をしており、別名、糸切り歯とも呼ばれます。
犬歯は、他の歯よりも歯の根が長く、年齢を重ねても最後まで抜けずに残る歯です。

歯の一番外側のエナメル質は、歯の中で最も硬く、簡単に欠けたりむし歯になったりしません。
以上から、犬歯は歯の中で一番丈夫な歯と言えます。

1-2 犬歯は噛み合わせのポイントとなる

人間は食べ物を噛むときに、上下の歯と顎を縦方向に動かすだけでなく、横方向にも動かしています。
これは、ほとんど意識せずおこなわれています。

下顎が複雑な動きをすることで、ヒトは前歯で食べもの小さく噛みきり、奥歯ですり潰すといった咀嚼運動が可能となります。

奥歯でものをすり潰すためには、奥歯を縦方向だけでなく、左右にも動かす必要があります。
奥歯は、縦方向の力には強いものの、左右に動かす力には弱いという特長があります。

顎を左右に動かすときに犬歯だけが噛み合い、奥歯に左右の力が直接伝わらないようにしています。
犬歯には、奥歯を守る役割もあります。

歯並び 犬歯

1-3 犬歯の理想的な位置とは?

人間の歯は上下で噛みあうようになっており、左右対称になっています。

上の前歯の方が、下の前歯よりほんの少しだけ大きくなっているのが一般的です。
したがって、下の犬歯は、上の犬歯よりも、約半分程度後ろに位置しています。

良い噛み合わせができている状態だと、歯ぎしりしたときに、上下の犬歯だけが、噛み合って、奥歯が噛み合わないはずです。
犬歯が噛み合っているときに、奥歯を守っていることになります。

理想的な位置に犬歯があると、きれいなカーブを描いた前歯と、しっかり機能する奥歯で、きちんとした噛み合わせができます。

1-4 犬歯の位置が歯列を決める?

歯の並びを見ると、前歯部、犬歯、臼歯部があることによってカーブを描いていることがわかります。
カーブの曲線から奥へ向かい、まっすぐになる手前の位置に犬歯があります。

矯正治療で犬歯の位置を決めることとは、上下の歯列の位置を決めることになります。
正しい犬歯の位置が、良い噛み合わせの要因となるため、歯列矯正では犬歯の位置がとても重要です。

さらに、犬歯は歯の中で一番丈夫な歯で、矯正器具の支点に使用したりします。
そのため、犬歯は出来るだけ残す方針で治療計画が立てられます。

犬歯は、歯列矯正にとっても、かみ合わせにとっても重要な歯です。

1-5 犬歯は人の表情も左右する

犬歯が正しい位置に生えず、歯列からずれている場合、八重歯になります。
八重歯とは、犬歯だけでなく歯列からずれて重なっている歯のことを指します。

犬歯=八重歯と思われがちですが、犬歯の生える順番が遅いため、歯列からずれる場合が多いためです。
日本では、八重歯はチャームポイントとされますが、欧米ではドラキュラや魔女を思い起こさせるため、好印象にはならないようです。

また、文化とは関係なく、八重歯の位置が原因で口を開けるのが怖い、笑顔になりにくいなどの悩みを引き起こします。

コンプレックス

2.犬歯が八重歯になる原因

2-1 顎の骨が小さい

顎の骨が小さく、永久歯の生えるスペースが少ない人は、犬歯が八重歯になりやすいと言えます。
犬歯は永久歯の中でも生えてくるのが遅く、スペースが足りないと歯列の外へ押し出されることが多いためです。

顎の骨の大きさは、遺伝的な要素で決まることが多くあります。
加えて、小さいころに柔らかいものばかり食べ、顎が発達しないことも骨が小さくなる原因とされています。
小さい頃から、しっかり咀嚼することが大切です。

2-2 犬歯が大きい

歯自体の幅が大きいと、歯が並ぶスペースが足りなくなってしまうため、歯列からずれて八重歯になる原因になります。

歯の大きさにも、遺伝的な要素が大きく関係しているとされています。
現代人の歯は、栄養状態がよくなったことと比例して、昔より大きくなっています。
つまり、遺伝的な要素に加え、食生活も影響しているということです。

現代人の顎が小さくなったことも、食生活に関係していると言われています。

2-3 乳歯が抜けるのが遅い

乳歯がなかなか抜けずに残っている場合、永久歯の犬歯が歯列からずれて、八重歯になることがあります。
まれにではありますが、乳歯の歯の根が隣同士でくついていることがあります。

なかなか抜けない乳歯は、歯医者さんに相談しましょう。
また、乳歯が隙間なく生えている場合、永久歯が生えてくるスペースが足りなくなってしまい、八重歯になることがあります。

歯医者 診察

2-4 過剰歯がある

過剰歯とは、決まった本数(乳歯20本 永久歯32本)より、多くある歯のことです。
過剰歯は、女性より男性の方が発生しやすく、その多くが上の前歯付近にあります。
上の前歯付近に過剰歯があると、前歯が生えるスペースが少なくなってしまい、前歯の歯並びが悪くなったり、八重歯になったりします。

2-5 乳臼歯を早く無くしてしまう

奥歯の乳歯(乳臼歯)が虫歯になり、抜歯するなどして早くなくなってしまうことも、八重歯になりやすい原因です。

なくなってしまった乳臼歯の隙間を埋めるために、奥歯の永久歯が前の方に移動してきます。
奥歯の永久歯よりも後から生える犬歯のスペースがなくなってしまうと、八重歯になります。

乳歯の頃のお口のケアが、その後の歯並びに影響を与えます。

3.犬歯が八重歯になることで生じるトラブル

3-1 八重歯が口を傷つける

犬歯はとがっているため、八重歯になると歯茎や唇、舌、口の中の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。
何度も傷つけてしまい、口内炎の原因となります。

八重歯が当たり、口内炎を繰り返している場合は、歯医者さんに相談してみましょう。

3-2 笑顔になるのに抵抗がある

八重歯は日本では、チャームポイントと言われますが、八重歯がコンプレックスで笑顔になれない、自信が持てない人もいます。
笑顔になれないことで、人とのコミュニケーションが上手くいかない場合もあります。

八重歯がコンプレックスで日常生活に支障をきたしているようであれば、矯正することを検討してみましょう。

歯並びが気になって笑顔になれない女性の写真

3-3 虫歯や歯周病、口臭の原因にもなる

犬歯が八重歯になるということは、歯並びが悪くなっているということです。
歯並びが悪いと食べかすなどがつまりやすく、さらに歯磨きのときのブラッシングが届きにくくなります。

こられらが影響して、虫歯や歯周病になりやすくなります。虫歯や歯周病は、口臭の原因にもなります。

3-4 口が閉じれず、口呼吸になる

犬歯が八重歯になることで、自然に口を閉じることを邪魔することがあります。
口が自然に閉じれなくなることで、寝ているときに口が開いてしまう、ついつい口を開けっ放しになってしまうなど、日常的に口呼吸になってしまいます。

口を閉じるときには、唇や唇の周りの筋肉を使い、前歯が前に出ないように抑えています。
しかし、口呼吸をおこなうことで口を開けたままになり、前歯が出てしまいます。
さらには、口呼吸をすることで、口の中が乾燥し、唾液に含まれる免疫システムの働きが悪くなり、虫歯菌や歯周病の原因菌を増殖させてしまいます。

口呼吸の原因は、八重歯や前歯が前に出てしまっていることだけでなく、鼻やのどなど、耳鼻科の領域が原因のこともあります。
自己判断はせず、まずは歯医者さんで確認してもらい、歯並びが原因でない場合は耳鼻科を受診しましょう。

3-5 他の歯やあごを悪くする

犬歯には、食べ物を噛むときに、奥歯に力が直接伝わらないようにする役割があります。
しかし、犬歯が八重歯になるとその役割をできないので、他の歯が犬歯の代わりとなる必要が出てきます。

他の歯が犬歯の代わりを務めようとしても、犬歯ほど歯の根が長くないため、代役を務めた歯の寿命が短くなってしまいます。
さらに、顎にも負担をかけることになります。

4.八重歯を歯列矯正で治療

4-1 歯列矯正で八重歯は抜歯しない?

犬歯が八重歯になる原因は、顎が小さい、歯自体が大きいという問題だけでなく、歯の生える関係、下顎の位置などさまざまです。

矯正で歯並びを治すことによって、八重歯となった犬歯の入るスペースが空くこともあります。
その場合、抜歯せずに矯正することが可能です。

一般的に、犬歯は歯の根が長く、噛み合わせに重要なため抜歯せず、できるだけ残します。
あまりにひどく前に出ていたり、隣の歯の後ろに生えていたり、ひどい虫歯になっていたりする場合は、抜歯をすることもあります。
抜歯しないで治療できるかは、個人差があります。

4-2 犬歯の八重歯を削って治療

八重歯になってしまった犬歯や、八重歯の周りの歯を削って、八重歯が入るスペースを作り矯正する方法もあります。

八重歯自体も少し削り、空いたスペースに入るようにします。
八重歯や八重歯の周囲だけを、削ったり動かすので治療期間も短くて済みます。
しかし、歯並び全体が乱れている場合、行えないこともあります。

4-3 犬歯を抜歯する治療の場合

小さい顎にきれいに歯を並べるために、抜歯が必要な場合があります。
抜歯をすることでスペースが増え、前歯全体を奥に移動することで、横顔がきれいになります。

犬歯の矯正をして横顔に自信を持てるようになった女性の写真

顎が小さいのに抜歯せずに矯正すると、後戻りしてしまう場合があります。
しかし、抜歯をおこないスペースを確保した上で矯正すると、きれいに歯が並ぶため、後戻りしにくくなります。

犬歯は噛み合わせに重要な歯のため、八重歯になっていても抜歯せずに残すことが多い歯です。
犬歯を抜歯してしまうと、口元にふくらみがなくなったり、歯並び全体が悪くなったりする恐れがあるためです。
矯正する際には、歯医者さんとよく相談し、納得できる方法を選ぶようにしましょう。

4-4 犬歯を抜歯したらどんなリスクがある?

犬歯は、噛み合わせの上でも、とても重要な機能を持つ歯です。
犬歯がひどい虫歯になっているというように、どうしても必要な場合は抜歯することになりますが、よほどのことがない限り犬歯は抜歯しません。
矯正治療でも、犬歯を起点にして治療を行うケースもあるため、犬歯を抜歯してしまうと治療を行えないケースが出てきます。

4-5 八重歯を抜歯する理由

・犬歯に大きな虫歯がある
・破損している
・顎の骨の中に埋まったまま生えてこない(埋伏歯)になっている
・他の歯よりも寿命が短いと予測される

おおよそ、以上の場合に限り、矯正治療のために犬歯を抜歯することがあります。
特に虫歯になってしまった場合、対になっている上下の歯も一緒に虫歯になってしまうことが多いため、対の歯を守るために抜歯するケースもあります。

5.歯列矯正で抜歯を伴う治療のメリット・デメリット

5-1 メリット①口元がきれいになる

抜歯を伴う矯正治療では、小さな顎に無理なく歯を並べることができます。
理想的な歯並びになり、矯正後に後戻りしにくくなります。
また、奥歯がきれいに並ぶので、かみ合わせも良くなります。

歯並び きれい

5-2 メリット②口が自然にとじ、鼻呼吸が出来る

前歯が前に出ていたり、顎の位置が悪かったりすると、自然に口が閉じられなくなることがあります。
口が自然に閉じられないために口呼吸となり、口臭や歯周病の原因となることがあります。

抜歯を伴う矯正を行うことによって、前歯全体を奥に移動させたり、顎の位置が正常にもどるので、自然に口が閉じ、鼻呼吸ができるようになります。

5-3 メリット③虫歯、歯周病の予防になる。

犬歯が八重歯になっていたり、前歯が前に出ていると、自然に口が開き、口の中が乾燥してしまいます。

唾液には、自然の免疫システムが備わっています。
乾燥することで唾液の免疫システムが働かなくなり、虫歯菌や、歯周病菌が増殖する恐れがあります。

矯正によって自然に口が閉じることができるようになると、口の中の唾液が正常に働き、虫歯や歯周病の予防になります。

5-4 デメリット①歯を抜くときに苦痛を生じる

矯正での抜歯は、健康な歯を抜くということなので、抜くときに苦痛を生じることがあります。

歯の状態によりますが、抜歯することによって痛みや腫れを伴うことがあります。
さらに、抜いた隣の歯の歯根がむき出しになり、知覚過敏になる恐れもあります。

5-5 デメリット②治療期間が長くなる

抜歯を伴う矯正は、歯列全体を大きく動かすため、治療期間が長くなることがあります。
矯正で抜歯が必要か、必要でないかは歯医者さんと相談しましょう。

6.まとめ

犬歯は、歯の中で重要な役割を担っています。

犬歯の大きさや形、犬歯が八重歯になっているかどうかは、個人差があります。
ここでは、あくまでも一般的な例を前提に、犬歯の矯正についてお伝えしました。

犬歯が八重歯になっているかどうか、どのように矯正するかは、歯医者さんに行き、納得した上で進めましょう。

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告
ページトップへ