虫歯

削りたくない人の為に!削らない虫歯治療とは

62,984view

自分に合った歯医者さん探しはこちら
虫歯になったとき、歯医者さんで削られるか抜歯されるかと怖さを感じる方も多いですが、歯科医療はどんどん進んでいます。まだまだ知る人は少ないですが、削らない、痛みの少ない虫歯治療法もあります。歯医者さんが嫌いな方も気持ちを楽にして相談してみましょう。

この記事では、自費診療(保険外診療)にはなってしまいますが、患者さんの負担が少ない削らない治療について説明します。虫歯は放置していても治りませんので、歯医者さんへ行くのをためらっている方はぜひ参考にしてください。

1.削らない虫歯治療方法

カリソルブという新しい虫歯治療法のメリット、デメリットを紹介します。

 カリソルブ

カリソルブを使った治療

虫歯部分にカリソルブを塗布して、柔らかくなった虫歯を特殊な器具で除去する方法です。

薬で溶かして除去する為、従来の治療のように機械でガリガリ削らないので痛みがたいへん少ないです。象牙質の虫歯部分のみを除去することが可能なので、神経を残せる可能性が高く、治療音も静かで恐怖心も和らぎます。

ただ、治療期間が長く保険も適応外です。1本あたり5000~20000円程度の費用がかかります。

メリット デメリット
治療時に音や振動の恐怖感がない
局所麻酔を使用しなくて済むケースが多い
神経を取らなくて済む可能性が高い
治療時間が長い
悪化した虫歯は治療が出来ない
保険適用外

地元で削らない虫歯治療ができる歯医者さんの検索はこちらから

2.初期虫歯なら削らない可能性も!

2-1初期段階の虫歯であれば元に戻すことも可能

初期段階の虫歯は、歯の表面が白く濁り少し黒ずみがある程度です。この状態であれば虫歯を削らずにフッ素を塗布する虫歯治療法があります。永久歯はフッ素を取り込む力が強いので効果が期待できます。

2-2お子様の歯はシーラントで治療と予防

シーラントを使った治療と予防

シーラントとは、奥歯の噛む面の溝にプラスチックを埋め込んで虫歯を予防する方法です。シーラントの材料の中にはフッ化物も含まれており、再石灰化を助ける働きがあるので虫歯の改善につながります。
地元の小児歯科を検索はこちらから

まとめ

今では削らない治療も可能です。費用が少し高くなってしまいますが、興味がある方は歯医者さんに相談すると良いでしょう。虫歯は早めに治療することが大切です。いろいろな治療法を知ることで、治療への抵抗感を減らして適切なタイミングで受診しましょう。

この記事は役に立った!

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告
ページトップへ