虫歯

虫歯は肩こりに影響があるの?知っておきたい原因と対処法

38,480view ★役に立った!1

肩こりがひどい、首がだるい…。このような経験がある方も多いのではないでしょうか?それは虫歯が原因かもしれません。 肩こりは日本人にとても身近な症状で、約1106万人の方が症状を感じています()。時間が経てば治ると、放っておいている方がほとんどです。

歯の治療を行うことで、体のバランスを整えられるかもしれません。この記事では、虫歯がもたらす肩こりの原因と対処法について記載しています。ぜひ、身に覚えがある方は参考にしてみて下さい。

※【参考】厚生労働省平成28年国民生活基礎調査の概況 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf

自分に合った歯医者さん探しはこちら

この記事の目次

1.虫歯が原因で肩こりになってしまう理由

虫歯の痛む部分をさけて、食事をするのが原因です。虫歯がある時は痛んでいる歯をカバーするために他の歯で噛もうとしてしまいます。そうなると顎に負担がかかり肩こりの原因になるのです。噛み合わせが悪いと左右の顎の関節に異常が出てしまい、片方で噛むことが多くなってしまいます。

その結果片方で噛んでいる噛む面がすり減って、左右の高さにズレが生じ頭を支えようとする筋肉の緊張が生じます。それが原因で肩こりを引き起こしてしまうのです。初期段階では痛みがなく自覚していないために、無意識で肩こりに悩まされている方も多く、虫歯を治した後に自然と肩こりが治まり気づく人もいます。

2.肩こりを治す対処法

2-1虫歯治療で肩こりも治る

虫歯が原因の肩こりであれば、治療することによって噛みあわせを改善でき、肩こりも和らいでいきます。痛みが無くなれば、自然と両方の歯で噛むことが出来ますので、片方で噛むのを防ぐことにつながります。

2-2噛み合わせ治療で治す

噛み合わせを治すことにより、肩こりだけでなく頭痛や腰痛なども治せるかもしれません。そもそも、噛みあわせを悪くする原因とは、悪い姿勢や同じ動作を繰り返すことによって起きています。治療後に顎周辺の筋肉が鍛えられ、別人のようにフェイスラインが締まる事もあるそうです。

2-3ビタミンで改善

肩の筋肉の使い過ぎが原因でなる肩こりは、ビタミンB1.B6.B12が改善に良い成分です。食べ物では秋刀魚(さんま)に良く含まれています。

2-4鎮痛剤を使う

あまりにも痛みが辛い場合、「ロキソプロフェン」を主成分とする鎮痛剤を使用することで歯痛を一時的に和らげることができます。市販のものもあり、肩こりにも有効と言えます。ただし、鎮静作用により、痛みが抑えられている状態ですので、出来るだけ早く歯医者さんに行きましょう。
今すぐ予約できる地元の歯医者さんの検索はこちらから

※市販薬を使用する際には薬剤師の指示に従い、用法用量を守って使用してください。

3.まとめ

歯は体のバランスを整えるのに非常に重要です。虫歯も放置してしまっていると、悪化し続けるだけで肩こりも解消されませんので歯医者さんへ行きましょう。

この記事は役に立った!

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

虫歯の相談ができる歯医者さん一覧へ

フリーワードで探す

エリアカテゴリーから探す

ページトップへ