虫歯

虫歯治療した詰め物が取れてしまった時の対処法/選び方

12,732view

さまざまな原因から、つけてもらった詰め物や被せものが取れてしまうことがあります。取れた詰め物や被せものは、歯医者さんに持参すれば、つけられる場合もあります。

しかし、詰め物と歯の間に虫歯ができていたり、歯が欠けていたり、詰め物が腐蝕していたりしてつけられない場合も少なくありません。

この記事では、詰め物や被せものがとれている間の対処法と併せて、歯医者さんで主に使われている詰め物について、それぞれメリットとデメリットや費用についてまとめています。価格だけでなく、見た目がきれいな詰め物や、機能性に優れている詰め物など、それぞれの素材にはさまざまな特徴があります。

ご自分に合った詰め物や被せものを使うことは、長くご自身の歯で食事を楽しむためにも大切です。

自分に合った歯医者さん探しはこちら

1.主に使われる詰め物5選

1-1.コンポジットレジン

コンポジットレジンを使用しての治療コンポジットレジンは歯科治療でよく使われている詰め物であり、歯科用プラスチックを詰め込む方法です。

色が歯と似ている為に違和感が少なく、保険適応の治療法ですが歯科医師の知識・テクニックが出やすいのが特徴です。

プラスチック素材なので割れやすく、長期に使用していると変色していきます。

◆費用

保険適用の場合は1000円程度で治療可能ですが、自費治療の場合は約1万円~5万円の費用がかかります。

メリット デメリット
・天然の歯と見分けがつかない ・時間が経つと変色しやすい
・1回で治療が終わりやすい ・強度が弱くて、欠ける場合有り
・セラミックより値段が安い

1-2.メタルインレー

メタルインレー 銀の詰め物主に奥歯の詰め物として使用される銀色の詰め物です。金属なので強度が強く、保険適用が適用されるために、安価な値段で治療を受診できます。

◆費用

保険適用の場合は約1300円~1800円で治療可能ですが自費治療の場合は約5000円~3万円の費用がかかります。

メリット デメリット
・保険適用の為に安価 ・酸化、腐食しやすい
・金属の為に強度が強い ・見た目が悪い
・歯が割れることがある

1-3.ゴールドインレー

ゴールドインレー 金合金や白金加金の詰め物奥歯の詰め物として使用されることが多く、金合金や白金加金で作られたインレーです。錆びにくいため金属アレルギーの原因にもなりにくく、適合性も高いです。

◆費用

自費治療のみになり3万円~5万円程度かかります。

メリット デメリット
・錆びにくい ・保険が適用出来ない
・金属アレルギーになりにくい ・審美性に劣る
・歯が割れにくい ・少しすり減りやすい

1-4.ハイブリッドセラミックインレー

レジンとセラミックを混ぜ合わせた素材です。保険のインレーに比べると歯にぴったり合うので虫歯になりにくいという特徴があります。

◆費用

自費治療のみになり3万円~5万円程度かかります。

メリット デメリット
・見た目が白くキレイ ・保険が適用出来ない
・自然な噛み心地を再現できる ・長期的に見ると変色する
・金属アレルギーの心配がない ・すり減りがある

1-5.オールセラミックインレー

100%セラミックを使用することで、透明感ある質感を表現できます。

◆費用

自費治療のみになり3万円~5万円程度かかります。

メリット デメリット
・見た目が白くとてもキレイ ・保険が適用出来ない
・変色しない ・割れやすい
・金属アレルギーの心配がない ・歯を削る量が多い

2.詰め物が取れた時の対処法5つ

2-1.自分で絶対に戻さない

接着剤などで戻そうと考えても隙間が出来てしまいます。その隙間から虫歯が進行してしまう事や、しっかりと接着出来ていないと噛み合わせが悪く割れてしまうこともあるのでやめましょう。

2-2.清潔な状態を保つ

歯磨きをしっかりして清潔を保ちます。取れた歯の部分は食べカスが詰まりやすいため、注意して磨きましょう。

2-3.露出した部分で噛まない

詰め物が取れてしまった歯は、脆くなってしまっていて簡単にひびが入りやすいです。硬いものなどをとくに噛まないよう注意してください。歯の真ん中まで割れてしまったら神経の処置が必要になってしまうことがあります。

2-4.冷たいものや熱いものに注意

露出した歯は非常に敏感になっていますので冷たいものがしみます。痛みを感じやすい状態になっていますので注意しましょう。

2-5.早めに歯医者さんへ

詰め物が取れた部分は、歯を保護してくれるエナメル質がなく、象牙質が剥き出しになっている状態です。エナメル質のない歯はばい菌が入りやすく、虫歯になりやすいといえます。なるべく早く取れた詰め物を持参し、歯医者さんを受診しましょう。
地元で今すぐ予約できる歯医者さんの検索はこちら

まとめ

詰め物が取れてしまった場合には、自分で無理に戻そうとはしないでください。

詰め物の隙間から虫歯になっていたり、歯がすり減って詰め物が合わなくなったりしている場合もあります。自分に合った詰め物を使うことは、長く自分の歯で食事を楽しむためにも大切です。

この記事は役に立った!

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

虫歯の相談ができる歯医者さん一覧へ

ページトップへ