その他

心配!夜の授乳後に赤ちゃんの歯磨きは必要?

11,141view

赤ちゃんには、お母さんのおっぱいが欠かせません。授乳は、赤ちゃんがスクスクと成長するために大切な栄養を与えることができます。

ただ、その母乳が赤ちゃんの虫歯の原因になるのではないかと心配するお母さん方も多いと思います。特に夜寝かす前に歯磨きをしたあと、おっぱいを与えていいのか悩んでしまうかと思います。

この記事では、子育てに奮闘するお母さんのために、母乳と関連した赤ちゃんの虫歯について紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.母乳が直接の虫歯の原因にはならない

母乳は虫歯の直接の原因にはなりません。そればかりか、母乳には下記のように赤ちゃんにとって大切な要素がいくつも含まれているのです。

  • 赤ちゃんの成長に大切な栄養素が豊富
  • 母乳は赤ちゃんの免疫機能を高める
  • 赤ちゃんとのスキンシップになる
  • 離乳食への移行がスムーズになる
  • 赤ちゃんの味覚を育てる

母乳は赤ちゃんの成長を促すため、タンパク質に加え、ビタミンやミネラルといった大切な栄養素が含まれています。そして、牛乳よりも赤ちゃんの消化や吸収を助ける働きがあり、免疫機能も高めてくれます。

さらに、授乳はお母さんと赤ちゃんとのスキンシップにもつながります。また、母乳による糖分が赤ちゃんの味覚を育て、離乳食への移行がスムーズに運ぶという利点もあるのです。

よって、虫歯になるのが気になるからといって母乳を与えるのをためらってはいけません。夜歯を磨いた後であっても、赤ちゃんがおっぱいを欲しがった場合はお子さんの成長過程の上で大切な時期と捉え、迷わず与えてあげるようにしましょう。

2.歯垢をきちんと除去すれば虫歯予防になる

赤ちゃんが虫歯になってしまう原因は歯についた歯垢です。乳歯に歯垢が付着した状態ですと、母乳に含まれた糖質と結びつき虫歯になりやすいという側面があります。

ただ、夜寝る前にきちんと歯磨きをして歯垢を落としてあげれば、そのあとで母乳を与えたとしても静かに眠らせてあげることがベストです。虫歯に対して過度な心配をする必要はありません。

離乳食を始めている赤ちゃんは虫歯の可能性が比較的高まりますが、上の歯に付着した歯垢をきれいに落としてあげることで、虫歯は予防することができます。

3.虫歯になってしまう経路

生後1歳以前に虫歯になってしまうのは、哺乳瓶で甘いものを飲むことが原因として挙げられます。もしくは、両親が虫歯菌(ミュータンス菌)を多く保有している場合、口移しで赤ちゃんが虫歯に感染してしまう可能性があります。両親の虫歯治療も、赤ちゃんが虫歯にならないようにするための対策になります。

また、エナメル質の異常を示す「エナメル質形成不全」の場合も虫歯になるリスクが高まります。

4.1歳半の歯科検診のあとは定期的に歯医者さんへ

赤ちゃんへの歯磨きが上手にできているか、お母さん自身が不安になることがどうしてもあると思います。こうした不安を取り除くために、プロの歯医者さんが赤ちゃんの歯を直接診てくれるのが歯科検診です。

通常、1歳半のときに市などで歯科検診が行われます。生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯はありませんが、成長していくうちに虫歯リスクは高まっていきます。プロの視点で虫歯予防についてのアドバイスを受けることで、抱えていた不安を解消できるはずです。

そして、歯科検診を終えたあとは、歯医者さんを定期的に受診することで、さらに虫歯リスクを抑えられます。歯医者さんで「フッ素」を塗布してもらうことで、健康的な歯を保つことができるのです。

赤ちゃんのフッ素塗布について、詳しくは下記のバナーから記事をご覧ください。

赤ちゃん虫歯予防の決定版!フッ素塗布

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ