親知らず

親知らずの炎症で起きる症状と自宅で出来る簡単なセルフケア

e0d721c8f3d6d715028c889bf9a591e1_m

58,142view

親知らずといえば「抜歯」のイメージが強いのではないでしょうか。抜歯と聞くと痛そうだと、誰もが思うはずです。できれば避けたいものですよね。しかし、急に歯が痛くなった、でも歯医者さんはもう開いていない…そんなとき、自宅でできる痛みを抑える方法を教えます。

また、親知らずが炎症して起きうる危険性についても記載していますので、ぜひ参考にして下さい。自宅で出来る応急処置には限界がありますので、なるべく早く歯医者さんに行くことをおすすめします。

1.炎症が起きた親知らずを放置する危険性

1-1腫れて痛みが出てくる

親知らずの痛みの原因

親知らずの炎症は、腫れが強くなっていき、痛みが伴います。親知らずは磨きづらい位置にあるので、注意して歯磨きをしないと磨き残しが多くなります。歯と歯茎の間にある歯周ポケットに汚れがたまることによって歯茎が炎症を起こし、痛みの原因となります。

1-2噛むことが出来ない

炎症が強くなると、食べ物が親知らずに当たり、痛みで噛めなくなります。食事でなくても、歯茎が大きく腫れてしまうと、噛み合う歯に当たり、歯茎が痛みます。

1-3口を開ける事が出来ない

噛むこともできなくなると、口を開く事さえ痛みで出来なくなります。抜歯をしようとしても、口が開かないのであれば炎症を抑えてから治療しなくてはなりません。

1-4喉がいたくなり、飲み込む事が出来ない

親知らずの炎症が広がると、喉にまで感染してしまいます。そうなってしまうと、唾を飲み込むことさえ痛みが出ますので、脱水症状の危険性もあります。

1-5発熱が起きる

炎症が広がり、リンパ腺まで感染してしまうと、熱がでます。

2.自宅でできる5つの簡単なセルフケア

2-1痛みは冷やして抑える

腫れて痛みを感じたときは、まず冷やしてみましょう。口に氷を含むような直接的な冷やし方は強すぎるので、ぬれタオルや冷えピタ、氷のうなどで冷やしてください。冷やすことによって炎症が抑えられ、痛みを軽減することができます。ただし、2、3日もずっと冷やしていると組織が固くなってしまうため、冷やすのは激しい痛みを感じるときのみにしましょう。

2-2歯ブラシは優しく、柔らかいものを使おう

親知らずに炎症が起きているときは、柔らかい歯ブラシでやさしく歯磨きをしましょう。腫れている部分に硬い歯ブラシを強く当ててしまうと、刺激が強く傷がついてしまうので逆に症状を悪化させてしまうので注意が必要です。親知らずを歯磨きする時におすすめの歯ブラシは下記になります。

soelu ソエル PLUS ワンタフトブラシ

soelu ソエル PLUS ワンタフトブラシ出典 http://www.amazon.co.jp/

ワンタフトブラシは奥歯が磨きやすく、上記の商品は毛先がやわらかいので炎症を起こしている部分の汚れを落とすのにおすすめです。

2-3うがい薬で消毒

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 250mL

イソジンうがい薬出典 http://www.amazon.co.jp/

コンクールやイソジンなどの刺激が少なく、殺菌作用が期待できるうがい薬を濃い目に使用し、消毒するのも有効的です。アルコール成分の強いマウスウォッシュは、逆効果になり、口臭につながることもあるので、避けると良いでしょう。

2-4最終手段は痛み止め

【指定第2類医薬品】イブクイック頭痛薬 40錠

イブクイック頭痛薬出典 http://www.amazon.co.jp/

親知らずや歯茎の炎症によって痛みが強い場合は、痛み止めを飲むと良いでしょう。薬局で販売されている「正露丸」、「イブ」、「バファリン」、「ロキソニン」などが有効だと言われています。

3.歯医者さんでできる治療手順

3-1抜歯をして親知らずの炎症を治す

親知らずを抜歯するかどうかは、親知らずの炎症が治まってから判断されます。炎症が何度も再発する可能性がある場合には、抜歯を勧められるでしょう。つまり、薬で炎症を抑えることができない場合や、歯茎切除を行っても炎症を緩和することができないときは抜歯をします。

3-2薬で炎症を抑える

炎症部分をキレイに洗い流し、抗生物質で痛みや腫れを抑えます。親知らずの炎症が酷いと口が開かなくなり、治療自体が行えない場合もあるので注意が必要です。

3-3歯茎を切除する治療法

歯茎を切除することによって、親知らずの周辺に細菌をためず、炎症を繰り返さない環境を作っていきます。また親知らずの上に歯茎がある場合も、炎症を繰り返す可能性があるので、同様に切除していきます。

4.抜歯後に知っておくべきこと

4-1痛みはいつまで続くのか

大抵の場合は3日、長くて1週間で痛みがなくなります。ですが、抜歯した際に痛み止めを1週間ほど処方されているので、痛みを感じることは少ないです。

しかし、親知らずの抜歯は親知らずの位置や生え方によって変わってきます。まず、上の親知らずよりも下の親知らずの方が歯槽骨がしっかりしているので、抜歯は難しくなります。つぎに、まっすぐ生えている親知らずよりも、真横になっている親知らずの方が難しいです。

さらに、親知らずは最後まで生えきらず、歯茎に埋まっている場合もあります。深く埋まっている場合には歯茎を切開する必要があるので、抜歯はさらに困難になります。困難な抜歯になればなるほど、痛みが長く続いてしまいます。痛みが2週間以上つづく場合はドライソケットになっているかもしれません。

4-2ドライソケットに注意!

ドライソケットとは、親知らずを抜歯した後、抜歯して穴があいた内部の骨がむき出しになっている状態のことです。本来はむき出しの骨の上に、かさぶたの役割をする血餅ができますが、血餅がはがれ歯茎を作ることができず、内部の歯がむき出しのままになり、骨に直接飲食物が触れると痛みを伴います。痛みは骨が覆われる10日から2週間ほどつづきます。

歯を抜いた後は綿をかんでいるのですが、口の中に血があると思ってつばをためている人がいます。そのため、綿がぬれているので血が固まらず流れ出てしまうのです。綿を噛んでいるときはつばを飲み込むようにしましょう。

5.まとめ

自宅でできる5つの応急処置は、「冷やす」「やさしい歯ブラシ」「うがい薬で消毒」「最終手段の痛み止め」「体力回復」です。すぐに歯医者さんへ行って治療を受けましょう。