歯の異変

歯がしみる3つの原因に応じた歯医者での治療法とセルフケア

歯 しみる

471view

歯がしみるのは、3つの症状におけるサインです。どの症状も誰にでも起こり得る、日常生活と関連する身近な存在である上、放置すると口内トラブルに発展する可能性があるといわれています。やはり自分の歯を守るためにも、あらかじめきちんとした対処法を身に付けておく必要があるでしょう。

この記事では、歯がしみる原因やセルフチェックの方法、症状に応じた治療法などについて紹介しています。いつまでも健康な歯とカラダを維持できるよう、今後の参考にしてみてください。

1.歯がしみる3つの原因

1-1 知覚過敏で歯がしみる

歯がしみる原因のひとつは、「知覚過敏」です。毎日の歯みがきや歯ぎしりなどによって歯の表面がすり減る、もしくは欠けてしまうことで、神経が刺激されやすくなって起こります。歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい食べ物を口に入れたりするとしみるといわれており、あくまで一過性の症状であることが特徴です。

また初期段階ではあまりしみる感覚がないために、見過ごされがちな症状でもあります。しかし、痛みを感じることできちんと歯磨きを行わないでいると、歯垢の蓄積により「歯周病」の発症リスクが高まります。

歯周病は歯がしみるほかに、歯ぐきが腫れている、血が出るといった症状が生まれます。悪化すると痛みもどんどん増していきますので、気づいたところで早めの解決が必要なのです。

1-2 虫歯で歯がしみる

歯がしみるもうひとつの原因は、「虫歯」です。知覚過敏とこの虫歯の2つが、歯がしみる原因の代表的な症状だとされます。虫歯は歯にたまった汚れに口の中の菌が集まり、その菌が徐々に歯を溶かすことで生じる症状です。

こちらも知覚過敏と同様に、初期段階ではあまり自覚できない症状であり、歯がしみはじめると悪化が進んでいる可能性があります。悪化すると、何もしていない状態でも痛みを感じることがあるので要注意です。

1-3 ぶつけたり、硬いものを噛んだあとに歯がしみる

歯をどこかにぶつけたり、硬いものを噛んだりしたときに、歯がしみることがあります。こちらは一過性のダメージであり、痛み止めなどの処置により、ものの数日で快方に向かうケースがほとんどです。

何らかの要因で歯がしみはじめたものの、思い当たる節があるならばさほど心配する必要はないでしょう。ただ、何週間も続くようであれば一過性ではなくなりますので、歯医者さんに相談してみましょう。

2.知覚過敏で歯がしみるときの対策法

知覚過敏と虫歯の見分け方は2章で述べた通りです。この章では、知覚過敏になってしまったときのセルフケアや、歯医者さんでの対策法について紹介していきます。

2-1 セルフケア

知覚過敏用歯みがき粉

知覚過敏が原因で歯がしみるとき、症状がまだ初期段階であればこちらを使用します。先述したように知覚過敏は、歯の表面がすり減るなどして神経が刺激されやすい状態です。

専用の歯みがき粉は、そのすり減った箇所をふさぐ役割を果たしてくれるため、使用から1~2週間を目途に症状が緩和されるといわれています。

ただこの際、ゴシゴシと強い刺激を歯に与えないようにしてください。毛先に伝わった力で、知覚過敏用歯みがき粉の成分が落ちてしまうおそれがあります。できるだけやさしく、細かな動きで磨きましょう。

2-2 歯医者さんで行う対策

コーティング剤

知覚過敏の症状が進行しているときは、コーティング剤を歯の表面に塗ります。知覚過敏の原因を直接的にアプローチする方法で、治療法としてもっともポピュラーな部類です。

コーティング剤を使用した当日から症状の緩和が見込めるので、日常生活に不便を感じはじめている人には最適な手段といえるでしょう。

ただ、歯みがきや食事などにより、コーティング剤も徐々にすり減ってしまいますので、定期的な治療が望まれます。

治療中に歯の修復が進めば、コーティング剤がなくなっても症状は現れません。修復期間については個人差がありますので、担当の医師に確認をしてください。

マウスピース

知覚過敏の原因が、歯ぎしりなどと診断された場合に用いられる治療法です。歯ぎしりは睡眠中、無意識のうちにしてしまう行為であるために、睡眠前に装着します。

歯にかかる負荷を分散する働きがある上に、歯ぎしりそのものを解決してくれるといわれており、根本的な改善にも期待できるでしょう。

3.虫歯で歯がしみるときの対策法

この章では、虫歯で歯がしみるときのセルフケアや、歯医者さんでの対策法を紹介していきます。

3-1 セルフケア

ブラッシング

虫歯の初期段階で用いられる治療法です。虫歯といっても、最初のうちは表面が白く濁るだけであり、穴も開いておらず痛みなどの自覚症状もさほどありません。

定期的に通院している人であれば医師が見つけてくれますが、そうでない場合、自分だけでの発見はかなり困難でしょう。

とはいえ、ひとつの治療法として確立されている手段であり、日ごろから丁寧なブラッシングをすることが虫歯治療および予防となり得ます。

少しでも歯がしみたときは、いつもより丁寧なブラッシングを心がけるようにしてください。

3-2 歯医者さんで行う対策

詰め物

歯の表面が黒ずみはじめ、穴も開きはじめる、初期段階より少し進行した状態で用いられます。これは、虫歯に侵されている箇所を削り、その分だけ詰め物をして防ぐ形です。

歯が詰め物を必要とする段階になると、痛みこそ感じませんが歯がしみるシーンが徐々に増えていきます。

すでに菌に侵されはじめており、そこからの進行は早いとされますので、違和感を少しでも抱いたところですぐに病院へ足を運びましょう。

根管治療

虫歯が神経まで達した状態で用いられる治療法です。虫歯に侵された箇所を除去し、歯の根から神経を取り除いた上で、洗浄および消毒をします。

最後に虫歯の再発を防ぐために、歯の内部へ薬剤を入れて被せものをすれば治療完了です。

根管治療は、歯がしみる症状だけでなく、慢性的に痛みを感じるまで虫歯が進行した段階で行います。症状に思い当たる節があれば、歯医者さんへの相談を急ぎましょう。

入れ歯・インプラント

虫歯によって歯のほとんどが溶けてしまう、もっとも悪化した段階で用いられる治療法です。虫歯に侵された歯を抜歯し、入れ歯およびインプラントを抜いた箇所に装着します。

入れ歯やインプラントを必要とする段階では、虫歯に侵された歯の周辺も菌によるダメージを受けます。やはり自分の歯を守るためにも、できるだけ早期に治療を受けることが大きなポイントとなるでしょう。

4.まとめ

知覚過敏や虫歯になってしまうと、歯がしみるという症状を引き起こします。その状態を放置していると徐々に悪化し、大変な治療を必要とする段階にまで発展するかもしれません。

歯がしみたときには、セルフチェックで原因を突き止めたり、歯医者さんへ足を運んで迅速な解決を目指しましょう。