歯の異変

歯が透けるのは酸蝕歯の進行サイン!歯医者での治療と予防策

toumei2

49,894view

鏡を見て、自分の歯が透けていると思ったことはないでしょうか? それは、歯の表面のエナメル質がすり減ってしまい、その下の象牙質が透けて見えていることを意味しています。

歯の表面がすり減り、透けて見えてしまう要因は『酸』です。酸性の強い食べ物を摂取し過ぎると、「酸蝕歯(さんしょくし)」という病気になる可能性が高まります。

この記事では、歯が“透ける”というショッキングな症状の原因について詳しく説明し、このような事態を改善させる方法や、予防のために必要なことも解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.歯が透ける酸蝕歯の症状

私たちの大切な歯は、主体となる「象牙質」と、それを守るように「エナメル質」が覆っています。ただ、エナメル質が食事中の『酸』によって溶かされてしまうと、歯が透けたような状態が起きてしまいます。この状態を「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼んでいます。

下記のイラストのように、歯の先端部分が薄くなり、歯医者さんが歯の裏側から特殊なライトを照らすと、その状態がはっきりと認識できます。

酸蝕歯の中期症状である「歯の先端」が透けた状態

歯が透ける症状

歯が透けていることに気づいたら、酸蝕歯がすでに進行した中期の状態であるといえます。酸蝕歯は自然治癒できるものではありません。もし、酸蝕歯の疑いがあるならば、歯医者さんで適切な処置を施してもらう必要があります。

なぜなら酸蝕歯を放置すると、以下のような事態を引き起こす可能性があるからです。

  • 歯の中の神経が損傷する
  • 噛み合わせが悪くなる

また、歯が“透ける”という症状以外に、酸蝕歯の疑いがあるポイントを以下に記してみました。

1-1 酸蝕歯の初期症状

  • 軽度の知覚過敏(熱いものや冷たいものがしみる)
  • 歯の表面の部分が丸みを帯びて見える
  • 歯が黄ばんで見える

1-2 酸蝕歯の中期症状

  • 重度の知覚過敏
  • 歯が茶色く見える
  • 歯に小さな凹みができる(進行して深くなると二次的に虫歯が発生)

冒頭でも記したように、歯が透けて見える症状は、酸蝕歯の中期の状態です。上記のような症状がすでに起きている場合や、過去に思い当たる症状がある場合、酸蝕歯の可能性が高いと認識してください。

2.症状に合わせた酸蝕歯の治療

酸蝕歯を治す方法は、進行状況などによって異なります。いずれにせよ、症状が悪化しないうちに早めの対策が大切になってくるのです。

2-1 初期症状

  • セルフケアでの改善
  • 歯医者さんで薬剤を塗ってもらい、症状の改善に努める

2-2 中期以降の症状

中期以降の酸蝕歯の状態

中期以降の酸蝕歯

  • 虫歯治療と同じく、詰め物や被せ物による処置
  • 3DS治療

『3DS』は、「Dental Drug Delivery System」を略したもので、自分に適した歯型のマウスピースを作成し、その中に歯の表面を再石灰化させるためのカルシウム製剤のジェルを入れ、約2時間装着させる治療法

  • ダイレクトボンディング法

歯科用レジン(プラスチック)を使って、歯の形や色をきれいに修復させる治療法

ダイレクトボンディング法

 

  • 抜歯

ダメージがひどい場合の処置として行う

酸蝕歯の治療は、原則、歯医者さんで行います。初期症状の場合、歯磨き粉の選び方や、歯を磨くタイミングに気をつければ改善が見込まれることがあります。

しかし、「歯が透ける」などの症状が生まれた場合、歯医者さんでの治療を行わないと症状は改善されません。悪化すると最悪の場合「抜歯」を選択せざるを得なくなり、大切な自分の歯を失う原因となりますので、注意しなければいけないのです。

3.歯が透ける前にやっておくべきこと

3-1 酸蝕歯の初期症状を見逃さない!

エナメル質の表面がすり減って、歯が透けてしまわないようにするには、酸蝕歯の初期症状を見逃さないことです。「1章」で記したことをおさらいすると、酸蝕歯の初期症状は以下のような症状と、歯の表面の変化が確認されます。このような状態のときに早めの対策を施せば、酸蝕歯の進行を防ぐことができるのです。

軽度の知覚過敏

軽度の知覚過敏は、熱いものや冷たいものを口に含んだときに感じる“しみる”という感覚です。この感覚が生じた場合、酸蝕歯の初期症状を疑ってみてください。

歯の表面が丸みを帯び、黄ばんで見える

酸による摩耗が起きると、歯の表面は丸みを帯びてきます。また、歯の表面全体に光沢がないか変色している、黄ばんで見えるという状態は、酸蝕歯の初期状態であるといえます。

酸蝕歯の初期状態

3-2 エナメル質強化の歯磨き粉で「セルフケア」

酸蝕歯の初期状態を見逃さずに改善していくためには、歯磨き粉選びも重要です。『酸』によって起こる歯のダメージに焦点を当てた歯磨き粉を選びましょう。「エナメルプロテクション処方」の製品であれば、エナメル質の強化を図り、虫歯の予防や、酸蝕歯の初期症状である、知覚過敏によって歯がしみる症状を防いでくれます。

4.普段の生活習慣から歯が透けるのを防ぐ

4-1 酸性の強い食品を上手に摂取

酸蝕歯を進行させないようにするには、酸性の強い食品に気をつけることです。どんなふうに気をつけるかというと、そのポイントは摂取の仕方です。酸性の食品というと主に以下のようなものが挙げられます。

  • コーラやサイダーなどの炭酸飲料
  • 梅干しや酢の物
  • 柑橘系の果物
  • ビールやワインなどのアルコール
  • クエン酸やリンゴ酸を含むスポーツドリンク

上記のようなものを長時間、口に含み続けたりすることで、酸蝕歯のリスクが高まります。私たちが酸性の食品を一切摂取しないということは事実上、不可能ですが、過度な摂取を避け、口内を酸性にし続けることさえ気をつければ、酸蝕歯のリスクを抑えることは可能なのです。

4-2 歯磨きのタイミングに気をつける

酸性の食品を口にした場合、その後の歯磨きのタイミングに気をつけましょう。私たちのお口の中が酸性になった場合、歯から「カルシウム」や「リン」などのミネラル成分が溶け出す「脱灰(だっかい)」という現象が起きます。これが虫歯を引き起こす原因となってしまうのです。

しかし、お口の中では「再石灰化(さいせっかいか)」という、唾液によって溶けたミネラルを元の正常な状態に戻す作用が働いてくれます。このメカニズムが存在する限り、溶けてしまった歯を修復することが可能なのです。

ところが、再石灰化が起きる前に歯を磨いてしまうと、この修復機能が作用しなくなってしまいます。歯磨きは「1時間程」経過してから行うようにしましょう。

5.まとめ

この記事では、歯が透ける症状について言及し、透ける原因が「酸蝕歯」という病気であることをお伝えしてきました。歯が透ける症状は酸蝕歯の中期の状態なので、歯医者さんに診てもらい、適切な治療をしてもらいましょう。また、酸蝕歯にならないための予防策をしっかり頭に入れておくことが大切です。