歯の異変

“噛むと痛い”歯の原因と対処法

かむかむ別府risarisa20141018093713500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

71,717view

ご飯を食べているとき、「噛むと痛い!」と感じる…。せっかくの料理もおいしく食べられないですよね! 噛んで痛いと感じるのはなぜだろう? それは、歯の根の周りにある膜が炎症を起こしていることが原因です。この歯の根の周りにある膜のことを「歯根膜」といいますが、この膜は硬さや軟らかさを判断する大事な役割を果たしてくれています。私たちが“食”を楽しむ際に、この機能はなくてはならない存在なのです。

ここでは、歯根膜の炎症を引き起こしている原因と治療法、予防策も伝授しますので、あなたもこれを読んで快適な食生活を取り戻しましょう!
自分に合った歯医者さん探しはこちら

1.歯根膜の炎症を歯医者さんで治してもらう

歯の根の周りにある膜を「歯根膜」といいますが、その膜が炎症を起こしてしまうと「歯根膜炎」という症状が生まれます。歯根膜はとても敏感で、例え髪の毛のような細い糸が口に入っただけの“小さな刺激”ですら感じ取ることができます。それほど敏感な歯根膜が炎症を起こしたわけですから、「噛むと痛い!」という感覚が起きるのは当たり前というわけです。

この歯根膜が炎症を引き起こすのには、さまざまな理由が挙げられます。炎症がどんな原因で起きたかによって、治療の仕方も違ってきます。歯医者さんで炎症の原因をたしかめ、治療を施してもらいましょう。
今すぐ治療できる歯医者さんの検索はこちら

2.炎症の種類

2-1 虫歯菌による炎症

歯根膜が炎症を引き起こす原因に「虫歯菌」があります。虫歯には見た目でもわかる穴の開いたものや、金属の詰め物などの下に隠れているもの、神経が死んでしまったことで生じるものがあります。その虫歯菌が歯根膜に感染したために、炎症を起こしてしまい、歯を噛むことで痛さを感じるのです。

◆治療法

歯の根っこの治療を行い、細菌に感染した歯の神経を取り除いてから消毒します。治療のときに強い痛みを感じると麻酔が効きにくいため、痛み止めを数日間服用することもあります。

2-2 歯周病による炎症

歯根膜炎は、歯周病によって起こる場合もあります。歯周病により歯の周りの骨が溶けてしまうと、歯がぐらついてきて、やがて歯根膜に炎症を起こします。

◆治療法

歯周病の治療には、プラークや歯石を除去するだけでなく、歯のぐらつきを止めるための再生療法を行い歯の根の周りの骨を修復していきます。

2-3 歯ぎしりによる炎症

夜寝ている間に「歯ぎしり」を繰り返すと、歯根膜に炎症を起こすことがあります。歯ぎしりの力が強く、長期に渡って歯ぎしりする癖が続いていると歯根膜炎になってしまいます。

◆治療法

歯ぎしりがなくなれば、自然と炎症の痛みは消えていきます。歯ぎしりを行わないように意識することが必要ですが、無意識に行う歯ぎしりには、「マウスピース」を使った対処法もあります。

2-4 根の治療後に起きる炎症

歯の根っこの治療をした後に歯根膜に炎症が起きてしまう場合もあります。根っこの治療は細菌を取り除くために、根の先の隅々まで掃除を行うので、その際に歯根膜に刺激が加わって痛みが生じることがあります。2~3日間痛みが続くこともあります。

◆治療法

痛みが強い場合は痛み止めの薬を飲むか、化膿してしまった場合は、歯医者さんで膿を取り除いてもらうことも考えられます。

2-5 歯の破損や外傷による炎症

歯をぶつけたり、折れたり、ひびが入ってしまった場合にも歯根膜に炎症が起きてしまうことがあります。ぶつけたときに神経が死んでしまうこともあります。

◆治療法

接着剤で固定して、歯根膜を安静にさせておきます。痛みが強く、もしも神経が死んでしまった場合は根の治療を行う必要があります。

2-6 上顎洞炎(じょうがくどうえん)から歯根膜炎になる

「上顎洞炎(じょうがくどうえん)」から歯根膜炎になる可能性もあります。上顎洞炎とは、頬骨の奥、鼻の横、目の下のあたりに広がる空洞の粘膜が腫れてしまうことです。この炎症が歯根膜にも及んで歯根膜炎になってしまうことがあります。

◆治療法

抗生物質を2~4週間服用することで、次第に歯の痛みも消えていきます。

3.歯根膜炎にならないための予防

3-1 普段からの歯磨きが大切

歯根膜の炎症を起こさないためにも、日頃の歯のケアが大切です。虫歯にならないためには、もちろん歯磨きを毎日きちんとすることが大切ですが、歯の隙間のプラークを取り除くことは、通常の歯ブラシだけでは難しいと思います。市販の「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」などを利用することで、虫歯だけでなく歯周病の対策にもつながります。

3-2 歯の定期健診をする

自分で歯磨きをしただけでは不安だという方は、歯の定期健診をするのがいいでしょう。一生懸命に磨いていたつもりでも虫歯になっていたり、知らないうちに歯周病が進行していたりします。歯の定期健診を受けることにより、初期段階で虫歯や歯周病を発見できる可能性が高まります。正しい磨き方の指導もしてくれます。歯根膜の炎症を引き起こさないためにも、歯医者さんでチェックしてもらえれば安心ですね!

また、定期健診の間隔に関しては個人差がありますので、自分に適したペースで検診を受けた方がいいでしょう。歯医者さんと相談して決めるのがベストです。

3-3 歯ぎしりをなくす

歯ぎしりが癖で歯根膜に炎症を起こさないためには、「マウスピース」を装着して予防することもできます。また、歯ぎしりは日頃のストレスが原因であるということがいわれています。ストレスを軽減させることで、“食いしばり”をなくす努力が必要です。
相談できる歯医者さんの検索はこちら

4.歯科医院の見解をみてみる

新宿西口歯科医院

松成 淳一先生

新宿西口歯科医院 院長

東京都新宿区西新宿2丁目1-1

新宿三井ビル4F

新宿駅 西口徒歩6分

WEB予約にすすむ
※歯医者・歯科の時間を指定して予約ができます

0066-9689-095280電話予約はこちら
※当日の歯医者・歯科予約については、お電話にてご相談承ります
歯医者・歯科への電話予約についての注意事項【必読】

Q『噛むと痛い』という症状はいきなり発生するものなのでしょうか。また『噛むとと痛く』なる前の予兆などありましたら教えてください。
Aいきなり発症することもよくあります。その場合の多くは歯ぎしりのよる歯根の破折ではないでしょうか。二番目に考えられるのは神経を抜いた履歴のある歯では歯根の先端が膿んでくることがあります。

痛くなるまでは炎症はあるものの、炎症が弱い状態(慢性炎症)ですが、体調が悪かったり疲れていると細菌に体が負けて痛くなります。(急性化)

Q『噛むと痛く』なった場合の応急処置方法を教えていただけますか。
A残念ながら自分でできる処置は無いと考えてください。

とりあえずは痛い歯で咬まないようにして、市販の痛み止めをお飲みください。

細菌による炎症では早めに抗生物質(細菌を殺します)の投与が必要な場合もありますので、歯科医院の受診をお勧めします。残念ながら歯根が破折していれば抜歯に至ることが多いです。

5.まとめ

「噛むと痛い!」という症状は歯根膜という膜の炎症が原因だったということがわかりました。私たちは食事をするときに「噛む」という作業を何度も繰り返します。その度に痛みを感じていては、食事を楽しむことはできなくなってしまいます。歯根膜の炎症を防ぐには、虫歯や歯周病にならないことが一番です。日頃の歯磨きを怠らず、歯医者さんで定期健診を受けることも大切です。毎日の食事をエンジョイして、幸せを“噛み締めて”ください!

歯医者・歯科への電話予約についての注意事項
※お客様が予約専用電話番号に発信した電話番号は、予約確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。
※予約確認の連絡があります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加