歯の異変

“噛むと痛い”歯の原因と対処法

149,151view

ご飯を食べているとき、「噛むと痛い!」と感じる…。せっかくの料理もおいしく食べられないですよね! 噛んで痛いと感じるのはなぜだろう?

まず考えられるのは虫歯です。虫歯の穴の中に食べカスが入り込み、噛んだときに神経が圧迫されて痛みを感じます。

次に考えられるのが、歯の根の周りにある膜が炎症を起こしている、「歯根膜炎」です。この歯の根の周りにある膜のことを「歯根膜」といいますが、この膜は繊維でできた束になっており、硬さや軟らかさを判断したり、歯を支えるクッションのような役割を果たしてくれています。私たちが“食”を楽しむ際に、この機能はなくてはならない存在なのです。

ここでは、歯根膜の炎症を引き起こしている原因と治療法、予防策も伝授しますので、あなたもこれを読んで快適な食生活を取り戻しましょう!

【関連記事】奥歯を噛むと痛い!痛みの原因と治療法【歯痛に役立つコラム】

1.歯根膜の炎症を歯医者さんで治してもらう

歯の根の周りにある膜を「歯根膜」といいますが、その膜が炎症を起こしてしまうと「歯根膜炎」という症状が生まれます。歯根膜はとても敏感で、例え髪の毛のような細い糸が口に入っただけの“小さな刺激”ですら感じ取ることができます。それほど敏感な歯根膜が炎症を起こしたわけですから、「噛むと痛い!」という感覚が起きるのは当たり前というわけです。

この歯根膜が炎症を引き起こすのには、さまざまな理由が挙げられます。炎症がどんな原因で起きたかによって、治療の仕方も違ってきます。歯医者さんで炎症の原因をたしかめ、治療を施してもらいましょう。

2.炎症の種類

2-1 虫歯菌による炎症

歯根膜が炎症を引き起こす原因に「虫歯菌」があります。虫歯には見た目でもわかる穴の開いたものや、金属の詰め物などの下に隠れているもの、神経が死んでしまったことで生じるものがあります。その虫歯菌が歯根膜に感染したために、炎症を起こしてしまい、歯を噛むことで痛さを感じるのです。

◆治療法

歯の根っこの治療を行い、細菌に感染した歯の神経を取り除いてから消毒します。治療のときに強い痛みを感じると麻酔が効きにくいため、痛み止めを数日間服用することもあります。

神経がない場合は痛みを感じないので、この治療の場合麻酔は必要ありませんが、歯を押すと強い痛みを感じるので、「痛いから麻酔をしてほしい!」と思うかもしれません。しかし、麻酔をすると炎症が広がってしまう可能性があります。強い力を入れずに削って膿を出せれば、その瞬間に痛みは引いていきます。

2-2 歯周病による炎症

歯根膜炎は、歯周病によって起こる場合もあります。歯周病により歯の周りの骨が溶けてしまうと、歯がぐらついてきて、やがて歯根膜に炎症を起こします。

◆治療法

歯周病の治療には、プラークや歯石を除去するだけでなく、歯のぐらつきを止めるための再生療法を行い歯の根の周りの骨を修復していきます。

2-3 歯ぎしりによる炎症

夜寝ている間に「歯ぎしり」を繰り返すと、歯根膜に炎症を起こすことがあります。歯ぎしりの力が強く、長期に渡って歯ぎしりする癖が続いていると歯根膜炎になってしまいます。

◆治療法

歯ぎしりがなくなれば、自然と炎症の痛みは消えていきます。歯ぎしりを行わないように意識することが必要ですが、無意識に行う歯ぎしりには、「マウスピース」を使った対処法もあります。

2-4 根の治療後に起きる炎症

歯の根っこの治療をした後に歯根膜に炎症が起きてしまう場合もあります。根っこの治療は細菌を取り除くために、根の先の隅々まで掃除を行うので、その際に歯根膜に刺激が加わって痛みが生じることがあります。2~3日間痛みが続くこともあります。

◆治療法

痛みが強い場合は痛み止めの薬を飲むか、化膿してしまった場合は、歯医者さんで膿を取り除いてもらうことも考えられます。

2-5 歯の破損や外傷による炎症

歯をぶつけたり、折れたり、ひびが入ってしまった場合にも歯根膜に炎症が起きてしまうことがあります。ぶつけたときに神経が死んでしまうこともあります。

◆治療法

接着剤で固定して、歯根膜を安静にさせておきます。痛みが強く、もしも神経が死んでしまった場合は根の治療を行う必要があります。

2-6 上顎洞炎(じょうがくどうえん)から歯根膜炎になる

「上顎洞炎(じょうがくどうえん)」から歯根膜炎になる可能性もあります。上顎洞炎とは、頬骨の奥、鼻の横、目の下のあたりに広がる空洞の粘膜が腫れてしまうことです。この炎症が歯根膜にも及んで歯根膜炎になってしまうことがあります。

◆治療法

抗生物質を2~4週間服用することで、次第に歯の痛みも消えていきます。

3.歯根膜炎にならないための予防

3-1 普段からの歯磨きが大切

歯根膜の炎症を起こさないためにも、日頃の歯のケアが大切です。虫歯にならないためには、もちろん歯磨きを毎日きちんとすることが大切ですが、歯の隙間のプラークを取り除くことは、通常の歯ブラシだけでは難しいと思います。市販の「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」などを利用することで、虫歯だけでなく歯周病の対策にもつながります。

3-2 歯の定期健診をする

自分で歯磨きをしただけでは不安だという方は、歯の定期健診をするのがいいでしょう。一生懸命に磨いていたつもりでも虫歯になっていたり、知らないうちに歯周病が進行していたりします。歯の定期健診を受けることにより、初期段階で虫歯や歯周病を発見できる可能性が高まります。正しい磨き方の指導もしてくれます。歯根膜の炎症を引き起こさないためにも、歯医者さんでチェックしてもらえれば安心ですね!

また、定期健診の間隔に関しては個人差がありますので、自分に適したペースで検診を受けた方がいいでしょう。歯医者さんと相談して決めるのがベストです。

3-3 歯ぎしりをなくす

歯ぎしりが癖で歯根膜に炎症を起こさないためには、「マウスピース」を装着して予防することもできます。また、歯ぎしりは日頃のストレスが原因であるということがいわれています。ストレスを軽減させることで、“食いしばり”をなくす努力が必要です。

4.まとめ

「噛むと痛い!」という症状は、虫歯だけでなく、歯根膜が炎症している可能性があることがわかりました。

私たちは食事をするときに「噛む」という作業を何度も繰り返します。その度に痛みを感じていては、食事を楽しむことはできなくなってしまいます。歯根膜の炎症を防ぐには、虫歯や歯周病にならないことが一番です。日頃の歯磨きを怠らず、歯医者さんで定期健診を受けることも大切です。毎日の食事をエンジョイして、幸せを“噛み締めて”ください!

ページトップへ