自宅で簡単!500円からできる歯をピカピカに白くする全手法

pickapicka
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄ばんだ歯を白くしたい、明るく白い歯になりたいと誰もが憧れますよね。なかなか自分の歯に自信が持てない人は、話すときも歯を見せないように気にしている方もいるのではないでしょうか?歯を白くするやり方はいくつか方法があります。

また、「歯を白くしたい!」と思い、必要以上に磨いていませんか?その行動が歯の黄ばみの原因かもしれません。歯は主体となる象牙質をコーティングするようにエナメル質があり、磨き過ぎは表面のエナメル質が削られてしまうのです。象牙質は黄ばんでいるので、エナメル質が無くなってしまうと黄色い象牙質がむき出しになり逆効果となります。それぞれ費用面や効果を考えていただき、自分に合ったやり方を試してみましょう。

今回の記事では、簡単に出来るやり方や注意点を紹介しています。白い歯が手に入れば、これからの生活が楽しくなる事が間違いありません!自信を持って笑うことが出来るように、ぜひ役立ててください。

 1.自宅で出来るホワイトニングの全手法

1-1まずは定番!ホワイトニング専用歯磨き粉で白くする

歯を白くしたいけどホワイトニングをするほど費用はかける事ができない。そんな方におすすめなのが、専用の歯磨き粉を使って白くするやり方です。ホワイトニング歯磨き粉は種類がたくさんあります。

けれども、どれを選んだら良いのかわからないですよね?実際に自分で使ってみたおすすめの歯磨き粉を紹介します。

◆おすすめのホワイトニング歯磨き粉

①スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア

ホワイトニングペーストトラブルケア

出典 http://www.cosme.net/

口コミが多く、アットコスメというサイトでランキング1位の歯磨き粉です。自分で使ってみた感想は清涼感があって、歯磨きすると気分が良いです。値段は1,300円程度で手ごろでしたが、白くなったのかはわかりませんでした。歯磨き粉の口コミに関しては@COSMEを参考にして購入してみてください。

 ②ライオン ブリリアントモア 歯科用 美白歯磨剤 90g フレッシュスペアミント【医薬部外品】

ライオン ブリリアントモア 歯科用 美白歯磨剤 90g フレッシュスペアミント

出典 http://www.amazon.co.jp/

イオンの力で汚れの原因となるステインを浮き上がらせる事が出来ます。ホワイトニング歯磨き粉の中ではシェア8割を超える人気商品です。自分で使ってみた感想は、歯がツルツルして着色汚れは落ちている感覚がありました。東急ハンズで購入する事もできて、値段は約1000円です。

◆歯磨き粉と一緒にフッ素も使おう

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用すると、成分に研磨剤が含まれている事が多いので、磨き過ぎは歯の表面のエナメル質を傷つける可能性があります。コーティングが出来るフッ素を、ホワイトニング専用歯磨き粉の後に使うと効果的です。

◆おすすめのフッ素

コンクールF

コンクールF

 出典 http://www.amazon.co.jp

◆ホワイトニング歯磨き粉とフッ素を併用する効果的なやり方

①普段使っている歯磨き粉を使ってブラッシング

②ホワイトニング歯磨き粉で歯を磨く

③市販で売っているフッ素を使用する

フッ素の使い方はコップに50ml程水を入れて、5滴程垂らして良く混ぜる。その後、うがいをするだけですので簡単です。

◆ホワイトニング歯磨き粉のメリット、デメリット

メリット デメリット
・低コストで出来る ・効果に個人差がある
・虫歯予防にもなる ・継続するのが面倒

1-2重曹を使って歯を白くしよう

重曹を使って白くする

重曹には歯を白くする効果があります。

重曹をうまく使用することで、タバコのヤニを落とす事が出来たり、黄ばみや黒ずみを取ることも可能です。

しかし、重曹は研磨力が強いために、磨きすぎてしまうと歯の表面を傷つけてしまうので注意しましょう。費用としては100gを100円程度で購入できるので低コストです。

◆重曹を使ったうがいのやり方

①500mlの水とスプーン1杯(3g)の重曹を用意する

②良く混ぜて、うがいをする

重曹うがいのやり方に関して詳しくは「1日5秒で出来る口臭予防!忙しいあなたにオススメな重曹うがいの効果とは」を参照下さい。

◆重曹を使った歯磨きのやり方

①歯ブラシにひとつまみの重曹をふりかける

②磨いた後は軽くゆすぐ

◆重曹を使ってホワイトニングする時の注意点

重曹を使用する際は食用を使ってください。掃除する際に使用する工業用だと、万が一飲み込んでしまったときに身体に悪影響があります。

また、重曹は磨き過ぎると歯を傷つけてしまうので、ホワイトニング歯磨き粉と同様にフッ素でコーティングすると良いでしょう。注意点の詳細は「虫歯に効く重曹の効果と注意点」を参考にして下さい。

◆重曹ホワイトニングのメリット、デメリット

メリット デメリット
・低コストで出来る ・効果に個人差がある
・自宅で簡単に出来る ・やり過ぎは歯を傷つける

1-3歯の消しゴムで汚れを落とそう

歯の表面についてしまったタバコのヤニや、コーヒーのステインなどを落とす事に効果的な歯の消しゴムがあります。歯と歯の間が汚れてしまって、なかなか取れないという方にはおすすめの商品です。トゥースティックダブルという歯の消しゴムが人気で、費用としては約500円です。

◆おすすめの歯の消しゴム

トゥースティック ダブル

歯の消しゴム トゥースティック ダブル

出典 http://www.amazon.co.jp/

◆歯の消しゴムの使用方法

①歯と消しゴムの水気を取る

②白くしたい歯に、優しく擦る

③使用後は水でうがいをする

④消しゴムが汚れた場合、1mm程度カットする

◆歯の消しゴムを使用するときの注意点

歯ぐきには当たらないようにしてください。たくさん擦れば白くなるというわけではないので注意しましょう。磨き過ぎは、歯を白くするどころか黄ばむ可能性があります。

詳しくは「歯の黄ばみの原因を知って解消するための正しい実践法」を参考にして下さい。

◆歯の消しゴムのメリット、デメリット

メリット デメリット
・自宅で簡単に出来る ・磨き過ぎは歯を傷つける
・持ち運びが可能で外出しても使える ・効果に個人差がある      

1-4ホワイトニングペンで歯を白く

塗るだけで簡単に歯を白く見せる事ができるホワイトニングペンというのがあります。持ち運びが出来るので、手入れが簡単であり、気になった時に使用できます。費用としては、1本あたり2,500円程度です。

◆おすすめのホワイトニングペン

ボディマジックホワイトニングペン

ボディマジックホワイトニングペン

出典 http://www.amazon.co.jp/

◆ホワイトニングペンの使用方法

①ホワイトニングペンで歯に薬剤を塗る

②塗った直後に、もう一度上塗りをする

③1~2分経ったら歯ブラシで汚れを落とす

◆ホワイトニングペンのメリット、デメリット

メリット デメリット
・携帯が出来る ・効果が短い
・簡単にケアが出来る ・効果に個人差がある

1-5費用は掛かるが効果のあるホワイトニングテープ

アメリカではホワイトニングテープというのが大ヒットしています。理由としては、歯を白くする効果が高い事と即効性があり、歯医者へ行かなくても、薬局で簡単に手に入るからです。

しかし、薬剤が強力な為に日本で販売する事は認められていません。購入したい場合はインターネットで買う事になります。使用方法と注意点に関しては、必ず読んでください。費用としては20回分で9000円程度です。

Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effects

クレスト3Dホワイト CRESTホワイトニングストリップス プロフェッショナル・エフェクト

出典 http://www.amazon.co.jp

◆ホワイトニングテープの使用方法

①ストリップを取り出し、台紙から剥がす

②ジェルの付いている部分を歯に貼る

③そのまま30分装着する

④30分後口をゆすぐ

⑤使い終わったストリップは捨てる

◆ホワイトニングテープの使用方法

・1日1~2回 30分間を10日間続ける

・装着時にストリップが余った場合は、裏側に折り曲げる

・使用する前に歯磨きはせずに、軽くゆすぐ

・年間で使用量は2箱まで

・年齢制限があり、12歳以上でないと使用出来ない

・神経のない歯や人工の歯には使用出来ない

参考 ホワイトニングクレストを使う前に知っておきたい6つのポイント

2.確実に歯を白くしたいなら歯医者さんへ

2-1 PMTCで本来の白さを取り戻そう

◆PMTC(professional mechanical tooth cleaning)とは

歯のクリーニングを専門家の歯医者さんにやってもらう事で、着色してしまった汚れを落とす事が出来ます。毎日の食事で歯に色が付いてしまうので、クリーニングだけでも白くなったと感じる方も多いです。歯石や歯垢も一緒にお掃除していただけるので、虫歯予防にも最適です。本来の白さ以上に白くしたい場合は、クリーニングでは出来ません。

2-2ホワイトニングで白くする方法

ホワイトニングには主に2種類あります。それはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。

◆ホームホワイトニングとは

歯医者さんでマウスピースを作成して頂き、自宅で出来るホワイトニングキットを貰います。お家で好きな時間にホワイトニングをする事が出来るので、昼間にお仕事している方でも大丈夫です。料金は約3万円~5万円程度です。1本当たりの値段ではなく、全体的に白くする事が可能なのでオフィスホワイトニングよりも安いです。

◆オフィスホワイトニングとは

歯医者さんへ通院していただき、専用の機械で光を当ててホワイトニングを行います。短期間で効果が出やすいのが特徴であり、急な結婚式などにも対応できます。料金に関しては、白くする本数によるので違いがありますが、約2万円~10万円程度です。

◆それぞれのホワイトニングのメリット、デメリット

  メリット デメリット
ホームホワイトニング ・白さを保つ期間が長い
(約1~2年)
・自宅で好きな時間にできる
・自分の望む白さまで続けられる
・効果が出るまでに時間が1~2週間程度掛かる
オフィスホワイトニング ・白くなるのが早い
・手間がかからない
・白さを保つ期間が短い
(約3~6ヶ月)
・費用が高い
(約1本3000円程度)

ホワイトニングの効果に関しては「すぐに白くしたい人へ!!効果のあるホワイトニングとは」を参照下さい。

2-3ラミネートベニアで白くする

ラミネートベニアラミネートベニアとは、歯の表面を少しだけ削り、そこにネイルチップのような人工の歯を貼り付ける治療法です。

変色した歯や形が不自然な形の歯の治療に使われる事が多く、色がきれいなため、芸能人の方で見かける事も多いです。

 

◆ラミネートベニアのメリット、デメリット

メリット デメリット
・綺麗な歯並びになる ・費用が高い(5~15万)
・白さが永遠に保てる           ・取れてしまった場合は施術代が掛かる

3.継続的に白さを保つ方法

大事なポイントは着色のある食べ物に気をつけることです。ホワイトニング直後の48時間以内は色が付きやすく、カレーやコーヒーなど着色が強い食べ物は控えてもらい、食べ物以外ではタバコや葉巻なども注意が必要です。

ホワイトニングをおこなった後などに白さを保つには、毎日のセルフケアが必要です。まず一番に大切な事は歯磨きです。白い歯にしたとしても、毎日の歯磨きをサボってしまうと汚れは蓄積されていきます。

また、いくら食べ物や飲み物に気をつけていても、歯というのは加齢によって色が変化します。理由としては、歯に栄養が行き渡りにくくなるからです。年齢と一緒に外見が変化する事と同じように、歯の見た目も変化します。

4.まとめ

お手軽に出来る方法はいくつかあります。自宅で出来る白くするやり方は、歯を白くする事ではなく、汚れてしまった歯を綺麗にすることです。確実に効果を得たい方は、歯医者さんでホワイトニングを受けるのが良いでしょう。ぜひ、気軽に出来るやり方ですので1度試してみてください。

自宅で歯を白くする手法について、実際に歯科医師にもインタビューして見解を掲載しております。興味のある方は下記をクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロによる施術で歯を白くしたい方へ!

歯を綺麗にみせるホワイトニングやクリーニング、セラミックの被せ物など、審美性に力を入れている歯医者さんを探していませんか?そんなときにベンリなのが歯科検索サイト【EPARK歯科】です。

  • 全国「約58000件」の歯科医院を検索できる

  • ご自宅や職場の近くの医院を一覧で見れる

  • 当日すぐに診てもらえる「今すぐ予約」も用意


歯医者さんの検索はこちらから

歯医者の検索・予約はこちらから