矯正

マウスピース矯正の値段の目安と特徴も交えた種類別の費用

マウスピース 費用ai

83,183view

顎変形症と認定されたケース以外、矯正治療は保険適用外となります。従って、治療費は高額となりますが、ワイヤーを使用したブラケット矯正よりも、一般的に安価な矯正法となるのが、マウスピース矯正です。

ブラケット矯正と比較すると、処置できる歯並びは限られていますが、目立たずに矯正でき、装着時の痛みや違和感が少なく、自分でも取り外しができるなど、自由度の高い矯正法です。

また、一口にマウスピース矯正といっても、各メーカーによって、お値段が変わってきます。さまざまな種類のマウスピースの特徴や費用を知ることで、自分にベストなマウスピース矯正をチョイスできるはずです。

1.マウスピース矯正のお値段の目安

マウスピースにはさまざまな種類があり、歯科医によっても料金設定が異なります。従って、一概にすべてのマウスピース矯正=安価とは言えませんが、ブラケット矯正と比較すると、一般的には割安と言えます。

1-1 ブラケット矯正よりも一般的には割安

国内のマウスピース矯正で最も多く採用されている、アソアライナーという装置が、費用の目安となります。アソアライナーによる上下顎の全体矯正では、40万円~60万円程度。

一方、上下顎にブラケットを装着する場合には、80万円~100万円程度の費用がかかりますので、マウスピース矯正の方が、費用はかなり割安になると言えます。

また、部分的な矯正ではさらに費用を安く抑えることができます。

1-2 基本的なお値段の内訳

アソアライナーによる全体矯正費用の内訳概算

診断料 1万円

矯正治療費 32万円

処置料 18万円(月1回1万5000円の12ヶ月分)

あくまで、一つの目安ですが、アソアライナーを1年間使用する場合、定期的な通院による処置料を含めて、約50万円ほどの費用がかかります。ブラケット矯正による全体矯正を約80万円とすると、およそ30万円ほど費用が割安になると言えます。

2.各種マウスピースの特徴と費用について

マウスピースを使った治療法は、国内では2006年あたりから導入され始めた、比較的、新しい治療方法です。しかし、すでに世界的な実績を誇るものや、純国産で国内に広く普及しているものなど、さまざまな種類があります。その特徴と費用の目安をご紹介しましょう。

2-1 インビザライン(75万円~)

世界で約300万人以上の治療実績のあるマウスピースが、インビザラインです。世界的には、もっとも普及しているマウスピースといえます。

米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術を用いて、歯の移動をシミュレーションしたマウスピースを成型します。

シミュレーションに基づいたマウスピースを、1日20時間装着し、10日から2週間ごとにマウスピースを交換することで、歯を矯正していきます。歯科医によっては、一般のブラケット矯正よりも高くなるケースもあります。

2-2 アソアライナー(40万円~)

アソアライナーは日本製のマウスピース矯正装置で、国内で最も普及しているものです。アソアライナーを提供するアソインターナショナル社は、日本最大の矯正専門歯科技工所であり、スピーディーな矯正装置の供給が可能です。

従って、歯型を取った後、最短で10日程度で、マウスピース治療を開始できます。10日間毎に、ソフト、ミディアム、ハードとマウスピースの固さを強めていき、30日毎に歯型を取って、新たなマウスピースを制作。そして、またソフト、ミディアム、ハードというサイクルで矯正していきます。

2-3 イークライナー(40万円~)

マウスピース矯正では、矯正過程でその都度歯型を取って新たなマウスピースを製作する手間がかかります。

イークライナーは、治療前の歯型をベースに、歯の移動をシミュレーションし、治療過程で必要なすべてのマウスピースを作ることができるので、歯型を取る煩雑さが軽減されます。

矯正過程では、厚みの異なるマウスピースで、徐々に矯正力をかけていきます。

2-4 DENマウスピース(40万円~)

通常のマウスピース矯正は、装置を1日20時間程度、装着するのが望ましいとされています。

一方、DENマウスピースは、1日8時間から10時間の装着なので、寝ている間を中心に矯正できるのが大きな特徴となります。

また、従来のマウスピースでは矯正できなかった、抜歯をともなう矯正などの難症例にも対応しています。ただし、難症例の場合は費用がおよそ100万円からとなり、ブラケット矯正よりも高額になります。

2-5 オペラグラス(40万円~)

前歯に重点を置いた矯正や、軽度の歯列矯正に向いているのがオペラグラスです。歯型を取った後、3Dスキャナーを用いて、歯の移動量をシミュレーションし、より効果の高いマウスピースを製作します。

3~4週間程のサイクルで、新たに歯型を採取し、マウスピースを交換しながら矯正していきます。

2-6 アクアシステム(15万円~)

主に前歯の部分的な歯列矯正に用いるのがアクアシステムです。特殊なコンピュータ解析を使用しない分、費用を安く抑えられます。

マウスピースは毎回歯型を採取する必要がありますが、交換時期は4~6週間と、比較的長く、通院する回数を抑えることができます。

2-7 エシックス(10万円~)

1、2本くらいの軽度の歯列矯正に向いているのがエシックスです。アクアシステム同様、コンピュータの解析を行わない分、費用を安く抑えられます。

食事と歯磨き以外は、24時間の装着が望ましいとされています。

3.マウスピース矯正のメリットとデメリット

第2章で、さまざまな種類のマウスピース矯正の特徴をご紹介しましたが、ここで改めて、マウスピース矯正に共通するメリットとデメリットを列挙しておきましょう。

3-1 マウスピース矯正のメリット

  • 透明なので見た目を気にせず矯正できる
  • 装着時の痛みや違和感が少ない
  • 食事や歯磨きなどでは取り外しできる
  • 矯正中に虫歯の治療も可能(最初に歯型を取るインビザラインでは虫歯治療後が望ましい)
  • 矯正中にホワイトニングもできる
  • 金属アレルギーの方でも使用できる

3-2 マウスピース矯正のデメリット

  • 1日およそ20時間程度の装着が望ましい(DENマウスピースを除く)
  • 抜歯をともなうような難症例には不向き(DENマウスピースを除く)
  • 奥歯の矯正や歯を大きく動かすには不向き
  • 自分で取り外せるので矯正を怠りがちになる
  • ブラケット矯正よりも治療期間が長くなる場合もある
  • 定期的に歯型の採取が必要で通院回数が多くなる(インビザライン、イークライナーを除く)

4.安価で効果的な乳歯期のマウスピース矯正

乳歯が残っている時期(2歳~小学生)の子供の矯正では、床矯正(しょうきょうせい:口の裏側に器具を装着する矯正法)とマウスピース矯正がありますが、欧米では子供の歯の矯正法として、マウスピース矯正が主流で、床矯正よりも安価です。

4-1 乳歯のある時期がベスト

小学生の約7割が不正歯列に陥っていると言われていますが、乳歯が残っているこの時期にマウスピースで治療すると治療効果も大きいと言われています。

小学5、6年生では、手遅れとなるケースもあり、小学校1、2年生がベストなタイミングです。また、難易度の高い反対咬合(受け口)でも、3歳くらいから早期に治療すれば、治せるケースもあります。

4-2 お子様の負担が少ない

子供のマウスピース矯正は、主に就寝時の装着と日中の1時間程度(年齢により異なる)なので、矯正の負担が少ないのも大きなメリットと言えます。

4-3 床矯正よりも安価

床矯正では、装置の製作費用が高額になりますが、マウスピース矯正では既成のものを使用するため、費用を安く抑えられます。

5.まとめ

目立たず、取り外しが可能で、安価と、多くのメリットがあるマウスピース矯正。ご自身の歯並びをマウスピースで矯正できるなら、それに越したことはありません。

マウスピースの矯正をあきらめていた方でも、マウスピースの種類を選ぶことで矯正できる場合もあります。

さまざまな種類のマウスピースを取り扱っている歯科医を選べば、マウスピースで矯正可能かどうかを、納得行くまで相談することが可能ですし、自分に最適でリーズナブルなマウスピースを見つけることもできるはずです。