歯周病

歯肉炎に効くおすすめの3つの薬と今から始められる予防方法

6a9846d201e5395182dbdb36654478d1_m

42,270view

歯を磨くと血が出る…歯茎が赤く腫れているなど、出来る事ならばすぐに治したいですよね。そのような症状は歯肉炎の主な症状であり、歯周病の初期状態です。悪化してしまうと歯周炎や歯槽膿漏という重度の歯周病になる危険性もあります。

歯肉炎は初期状態ですので、毎日の歯磨きを改善するだけでも、治すことができます。歯肉炎の9割は自宅で治す事が可能であり、今回の記事では、歯肉炎に効く薬だけでなく、すぐに始められる対処法についても紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

1.歯肉炎に効く、使い方が違う3つの薬

1-1歯ぐきに直接塗る歯槽膿漏薬

塗るタイプの歯槽膿漏薬は口内炎や歯槽膿漏に有効です。歯周ポケットに直接指で塗りこむタイプと、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムや、組織修復成分のアラントインといった成分が腫れや出血を抑えます。使用感は、スーっとした爽やかな感覚で、1,100円前後で購入できます。

1-2フッ素配合ジェル歯磨き粉

ジェル状の歯磨き粉で、フッ素が配合されているので虫歯予防にも効果があり、研磨剤が含まれていないので歯の表面を傷付ける心配もないことで近年評判の歯磨き粉があります。その商品の中でも、高い殺菌作用の塩酸クロルヘキシジンや、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムが含まれているものは、当該成分が歯茎に浸透していく事で腫れを治めていく効果があります。1,100円前後で購入が出来ます。

1-3殺菌力の強いうがい薬

近年、殺菌力の強いうがい薬も販売されています。殺菌効果の高いCPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)や、抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムが配合されていて炎症を抑えています。清涼感があり、スッキリとした感覚になります。値段は1,400円前後で購入できます。

2.自宅で始められる歯肉炎を治す方法

2-1歯磨きのやり方を改善する

歯肉炎を治す方法として、効果的なのが歯磨きを正しく行うことです。歯肉炎にはバス法という歯磨きのやり方があり、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの汚れを効果的に落とせます。最も大事なポイントは、汚れを残さない事です。食べカスが残っているので、歯茎が炎症を起こして歯肉炎になってしまいます。

歯の磨き方

★バス法のやり方

①歯ブラシを歯に対して45度になるようにあてる

②2ミリ程度の振動幅で小刻みに磨く

歯ブラシをギュッと握らず、えんぴつを握る感覚で磨いていきましょう。

詳しく歯磨きのやり方について知りたい方は「知らないともったいない!正しい歯磨きのやり方」を参照下さい。

2-2歯磨きとデンタルフロスを併せて使用する

デンタルフロスは歯垢を除去するのに、有効なデンタルグッズの1つです。

デンタルフロスの使い方

デンタルフロスとは、歯と歯の間の汚れを清掃する糸のことを言います。歯垢除去率が歯ブラシだけを使用した場合だと約60%に対して、デンタルフロスを併用することで約80%まで上がります。多くの歯医者さんが愛用しており、近くの薬局で購入する事が可能です。

デンタルフロスの使い方に関しては「初めて使う方は必ず見て下さい、デンタルフロスの正しい使い方」を参照下さい。

3.歯肉炎が悪化すると歯槽膿漏になる

歯肉炎の症状として、出血や歯ぐきが赤く変色するなどがあげられます。歯肉炎が悪化すると、歯周炎という状態になり、赤みが増して、歯ぐきの下がり、隙間が見えてきます。さらに悪化すると、歯がぐらぐらしてきて痛みが続き、臭いも発生するようになります。

歯槽膿漏とは

 4.まとめ

歯肉炎は、毎日の歯磨きで治す事が可能です。歯肉炎は、歯周病の初期状態ですが、悪化すると歯槽膿漏になる危険性もあります。毎日の歯ブラシをサボらずに、汚れを落とす事を意識してください。歯肉炎に効く薬を一緒に使う事で、より有効になりますので、ぜひ試してみましょう。