コラム

せっかくの連休なのに歯が痛い!連休に行ける歯医者と応急処置をご紹介

連休 アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

71view

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの大型連休中に「急に歯が痛くなってしまった!」「ぶつけて歯が欠けてしまった!」「普段は仕事で行けないから連休中に治したい!」と考える方もいらっしゃいますよね。

しかし、連休中は診療していない歯医者さんが多く、痛みを我慢して過ごした、歯医者さんを探そうと思ったけどすぐに見つからなかったからあきらめてしまった、という方も多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな悩める方のために、痛みを抑える為の応急処置やトラブルが起きた時の応急処置の方法、連休中に行ける「休日歯科応急診療」を紹介していきます。

【もくじ】
1.連休中の救世主「休日歯科応急診療」について
2.連休だからこそできる!短期集中治療について
3.虫歯による歯の痛みを抑える応急処置方法
4.歯が欠けた時の応急処置方法
5.辛い思いをしないために!虫歯にならない為の予防が大事

1.連休中の救世主「休日歯科応急診療」について

休日歯科応急診療所をご存じですか?これは、各市区町村が歯科医師会などと連携して、休日の急患に対応してくれる診療所のこです。基本的には継続した治療は行わず応急処置のみになりますが、今すぐにでも痛みをとってほしい!という方はぜひお住まいの地域の休日歯科応急診療している歯医者さんを検索してみてください。

2.連休だからこそできる!短期集中治療について

連休中に歯医者さんを見つけられたとしても、継続して通院ができないから、結局最後まで通えなさそう…と不安を感じる方もいますよね。一般的な歯医者さんでは、虫歯治療でも最低2回、複数虫歯がある場合は、それ以上かかるケースも多くあります。これは、保険治療の関係で、一度にたくさんの治療を行うことができない、という背景があります。歯医者さんに行くと、領収書に●点、というように記載されているのを見たことがあると思いますが、その点数も治療によって異なり、点数制限があるのです。

平日忙しく、休みの日以外はなかなか歯医者さんに行けない、という方は「短期治療」を行っている歯医者さんを選ぶのも手です。歯医者さんの中には、忙しい方や、なにかイベントや出張があってこの日までに治療を終わらせたい!という方のために、土日や連休を使って、集中的に治療をしてくれる歯医者さんがあります。
短期集中治療を行っています、とうたっていなくても、先生に相談をしたらもしかすると対応してくれるかもしれません。
ぜひご自身の地域で対応している歯医者さんがないか検索してみてください。

3.虫歯による歯の痛みを抑える応急処置方法

連休のあいだ、歯医者さんに行けないときにできる、痛みを抑える為の応急処置を3つご紹介します。

①ツボを押す
今すぐ痛みを抑えたいのに薬が手元にない!というときはツボを押してみてください。親指と人差し指の付け根にある「合谷(ごうこく)」というツボです。歯の痛み以外にも頭痛や様々な症状に効くと言われています。やり方は、反対側の親指で合谷を押します。3秒押し、2秒離す、を3~4回繰り返します。

②鎮痛剤を飲む
痛みを一時的に抑えることができます。市販のものであれば、「ロキソニンS」などがあります。価格は12錠で700円ほどで、これは胃にも優しく小粒で飲みやすいうえ、早めに効いてくると言われています。ただし妊婦の方の服用は安全性が確立されておらず、65歳以上の高齢者の方は薬剤師相談服用してください。

③患部に詰め物をする
虫歯に直接薬を塗る方法もあります。虫歯の穴が大きく空いている場合には「正露丸」を詰めると痛みを和らげることが期待できます(参考:大幸薬品HP)。詰め物が入らない小さい虫歯の場合は「新今治水」を塗ると良いでしょう。これは虫歯に効く有効成分が高い割合で含まれており、塗って数分で効き目が出ると言われていますので、なるべく早く痛みから逃れたい!という方におすすめです。

▼関連記事
歯痛!!今すぐ歯の痛みを止める4つの応急処置
http://haisha-yoyaku-blog.jp/toothache-first-aid-treatment-4488
歯の神経の痛みを和らげる応急処置と痛みが起きた際の注意点
http://haisha-yoyaku-blog.jp/dental-nerve-pain-32558
虫歯による激痛の応急処置と歯医者さんで行う根本的な治療法
http://haisha-yoyaku-blog.jp/caries-severe-pain-31752

4.歯が欠けた時の応急処置方法

歯をぶつけたら欠けてしまった!そんな緊急事態のときは、気になるからといって触ったりせずに、欠けた部分は保存しておきましょう。もし痛みがある場合は鎮痛剤を飲みましょう。
先ほど、虫歯の痛みを抑える方法でも紹介した「ロキソニンS」などがあります。

ただし、歯が欠けた場合は自分で形を元に戻すことはできない為、必ず歯医者さんでの治療が必要になります。すぐに歯医者さんに行けないときはマスクをするなどして対応し、直近で行ける歯医者さんを探しましょう。

▼関連記事
歯が欠けたときの応急処置と痛みの有無による歯医者での対策
http://haisha-yoyaku-blog.jp/missing-teeth-8059

5.辛い思いをしないために!虫歯にならない為の予防が大事

今回この記事を読んでいる方は、きっとつらい思いをしたはずです。連休中に耐えがたい歯の痛みに襲われた、という場合は、虫歯が神経にまで達していて、ずいぶん前から虫歯になっていた可能性があります。
そうならない為にもやっぱり大事なのは日ごろからの予防です。

■夜疲れて帰ってきてもしっかり歯磨きをする!
■食事をしたら歯を磨く!
■デンタルフロスを使う!

など、歯医者さんに行かなくてもできることはたくさんあります。しかし、自分でもケアには限界があり、歯磨きをしていても磨き方にクセがあったりすると虫歯のリスクはなくなりません。

やはり、一番確実なのは定期的に歯医者さんで検診を受けることです。検診が面倒に感じる方もいるかもしれませんが、定期健診を受けていれば痛い思いもせずに済みますし、虫歯治療にかかる費用も要りません。

また、歯は一度削ったり抜いてしまうと人工的には戻せても、耐久性や機能は天然の歯に勝るものはありません。将来入れ歯になってしまったり、差し歯や銀歯だらけになってしまうと、充分に食事が楽しめなかったり、口を開いた時の見た目を気にしてしまい、ふだんの生活に支障が出てしまうこともあります。そうならない為にもしっかり歯医者さんで検診を受けて、健康な歯を維持していくことが大事なのです。

6.まとめ

連休中に歯のトラブルが起きた場合、一時的な応急処置は可能ですが、虫歯が治るわけではありません。必ず連休明けに歯医者さんへ行き、きちんと治療しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事に関するタグ

コラム