虫歯

虫歯の部分のみを溶かすカリソルブ治療の方法や費用、期間

garusorubu

20,357view

皆さんは虫歯の治療といえばどんなイメージをお持ちでしょうか? 痛い、音が怖い、ガリガリ削られるなどのイメージが多いと思います。カリソルブ治療はそんなマイナスイメージを変えてしまう新しい虫歯治療です。

カリソルブは虫歯の部分だけを取り除くので、健康な歯を削るリスクを防ぐことが可能です。この記事では、カリソルブが適用される虫歯とはどんな状態なのかを含め、カリソルブの治療法や費用について紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.カリソルブの治療方法

1-1 カリソルブ治療の概要

カリソルブ治療は虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布して溶かす治療法です。溶かされた虫歯は手用器具を使って取り除きます。使用する薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないので、今までの治療と違って健康な歯質を削ること無く、最大限残すことができる虫歯の治療法です。

カリソルブ治療に使用する薬剤には「次亜塩素酸ナトリウム」と「アミノ酸」が使われています。次亜塩素酸ナトリウムは歯科ではよく殺菌のために使われますが、カリソルブ治療では虫歯の部分に作用して溶かします。アミノ酸は三種類配合されており、健康な歯質への攻撃的な作用を抑える働きをしています。

カリソルブ治療のイメージ

カリソルブ治療

歯科業界では「ミニマルインターベーション」=『M.I』という概念が広まりつつあります。これは、「虫歯治療の際に健康な歯の質に対する犠牲を最小限にして歯の寿命を延ばすという成果を出すことを目標にする」という考えです。

「カリソルブ治療法」はまさに『M.I』の概念に沿う治療法であるということで1998年にスウェーデンで導入開始され、日本では2007年に厚生労働省で認可されたばかりの比較的新しい治療法なのです。

1-2 カリソルブが適用される虫歯の状態

虫歯の状態によって治療方法は変わります。健診でもよく耳にすることがあるかと思いますが、虫歯の段階はCOからC4の5段階に分けられます。

虫歯の段階とそれに対する治療を理解し、カリソルブ治療ができる虫歯の状態を知りましょう。

CO

  • 歯に穴があく前の初期虫歯です。
  • 歯磨きやフッ素塗布などの予防で歯の再石灰化により治ることがあります。

C1

歯の表面のエナメル質という組織に穴があいている状態で痛みはないですが放置すると進行するので、一般的には削って詰める治療になります。

  • 麻酔をしないで治療できることが多いです。

カリソルブ治療が適用されます。

C2

  • 歯の内面にある象牙質という組織にまで虫歯が進行している状態です。
  • 神経は生きていますが、象牙質の内側に神経があるので冷たいものや甘いものでしみるといった症状があります。
  • 神経に近づいているので麻酔をして削り、詰め物をするか範囲が広い場合は型取りをして虫歯の大きさにあった詰め物をセメントでつけます。

カリソルブ治療が適用されます。

C3

  • 虫歯が神経に達している状態で痛みを伴います。

神経を残すことができず虫歯治療ではなく神経をとる治療(根管治療)が必要になりますのでカリソルブ治療は出来ません。

C4

  • 神経が死んでさらに壊死した状態です。
  • 痛みがある時期を超えて痛みは軽減しますが、神経の管に虫歯菌が侵入し、周りの組織や全身に悪影響を及ぼします。
  • 壊死した神経を取り除き、神経の管を殺菌する治療(感染根管治療)が必要になり治療も時間がかかります。
  • 残っている歯がほとんどなくなってしまっている場合は抜歯になることもあります。

上記のようにカリソルブ治療が適応されるのは、C1からC2の間の虫歯です。従来の虫歯治療は虫歯になっていない部分を削ったり、虫歯を取り残さないように少し広めに削ったりすることがありました。

C3に近い虫歯は削っている間に神経に達してしまったり、削った影響で神経が炎症反応を起こしたりして結果的に神経を取らなくてはいけなくなるケースが少なからずあったのです。虫歯の治療に行ったはずが神経も取ることになったという経験をされた方もいるでしょう。

そこで注目してもらいたいのがカリソルブという治療法です。

1-3 カリソルブ治療の具体的な流れ

①次亜塩素酸ナトリウム0.5%と3種類のアミノ酸が主成分の薬剤を虫歯に塗布し、30秒間待ちます。

②軟らかくなった虫歯部分を先に刃がついていない特殊な手用器具で慎重に取り除いていきます。この作業を何度か繰り返し、完全に虫歯を除去します。

③虫歯を完全に除去した後、プラスチックや金属の詰め物をして、治療が完了します。

2.カリソルブ治療の費用と期間

2-1 カリソルブ治療は完全自費診療

カリソルブ治療は、アメリカやヨーロッパでは、随分前に一般化された虫歯治療法で、多くの歯科医院が安い料金での治療を行っています。一方、日本では、カリソルブ治療が厚生労働省に認可されたのは2007年のことで、まだまだ一般的には広まっていないのが現状です。

また、カリソルブ治療は使用する薬剤が保険適用外である、歯を削る従来の方法よりも治療に時間が掛かるなどの理由により、現在のところ保険治療で受けることはできません。つまり、カリソルブ治療は、完全自費治療となるため、それなりに高い医療費がかかるといえます。

2-2 具体的な費用の目安

では、実際に歯科医院でカリソルブ治療を受けた場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。実は費用については、歯科医院によってかなりの幅があります。

あくまでも目安ですが、虫歯1本あたり、約5千円が費用の相場となりますが、最後に仕上げる際の詰め物代込みで1万~3万円くらいの費用がトータルでかかります。

2-3 カリソルブの治療時間と通院回数

カリソルブの治療は、薬剤を塗って虫歯を溶かし、それを除去する、という作業を数回繰り返します。そのため、従来のやり方で一気に削る治療に比べると、1回の治療時間は長くなります。

各歯科医院によっても異なりますが、目安としては治療時間が1回40~60分程度となり、通院回数1~2回の期間で治療が行われます。

3.カリソルブ治療のメリットとデメリット

3-1 メリット

カリソルブ治療は、従来の削る虫歯治療に比べ、さまざまなメリットがあります。

①治療時の痛みが少なく麻酔を使わない治療が可能です。そのため麻酔ができない子供や高齢者の方にも有効です。

②歯の神経を残せる可能性が高い治療です。カリソルブ治療は虫歯になっている部分のみを取り除くことができるので、今まで神経を残すことができなかった深い虫歯でも神経を残せる可能性が高くなります。

③歯医者特有の音や振動などによる恐怖感がないので歯科恐怖症の方も安心して静かな治療ができます。

④薬剤で柔らかくなるのは虫歯に侵された部分だけなので、健康な歯を最大限残すことができます。

3-2 デメリット

①従来の虫歯治療より1回の治療時間が長くなります。今までの虫歯治療では、ドリルを使って削っていくため、あっという間に虫歯の部分を除去できました。

カリソルブ治療は薬剤を虫歯になっている部分にゆっくりと作用させます。ですから、通常の虫歯治療のおよそ2~10倍の治療時間がかかると考えられます。

②カリソルブは溶けた歯を除去するために虫歯の穴にアプローチする必要があるため、虫歯の入り口が小さくて中で大きくなっている場合は、器具が届かないため入り口を削って広げないといけません。つまり、歯を削らないといけない場合もあります。

4.まとめ

皆さん新しい治療法「カリソルブ治療」についてご理解頂けたでしょうか。従来の削る治療に比べ、生きている歯質を大切にできるメリットの多い治療法ではないかと思います。歯科治療が苦手な人もこの方法なら大丈夫!虫歯が大きくなる前にカリソルブ治療で、苦手を克服するきっかけとなればとお勧めの治療法です。