歯科医師 新井 洋臣先生(新井歯科医院| 埼玉県桶川市)インタビュー

    歯科医師 新井 洋臣先生(新井歯科医院| 埼玉県桶川市)インタビュー
    新井歯科医院
    新井 洋臣院長

    新井歯科医院は、桶川駅から徒歩6分の場所で地域に根ざした歯科治療を提供しています。現在の院長・新井先生の祖父の代から三代にわたって続けてこられた歯医者さんです。

    患者さんのことを第一に考え、思いをくみ取ることを大切にされています。

    年配の方も多い土地柄、「健康寿命を延ばすことは、私たちの仕事にかかっている」と熱くお話してくださった新井先生。そんな新井先生が抱いている歯科医療への思いや、こだわりについて伺いました。

    三代にわたって歯科診療を提供。世代を超えて、地域の健康に貢献し続けます

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットー、心がけていることをお聞かせください
    新井 洋臣先生アイコン
    新井 洋臣先生
    「患者さんの願いをくみ取ること」が当院のモットーです。同じような症状に見えても、原因や患者さんが望むことはそれぞれ異なります。

    そのためていねいなカウンセリングを通して、問診票だけではわからない患者さんの思いまでくみ取るよう努めています。

    お口の健康を維持するためには定期的な通院が重要です。そのため気兼ねなく受診できるようなホームドクターでありたいと思っています。

    また年配の患者さんも多く見られるので、健康寿命を延ばすことも私たちの責務であると考えております。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    行っているインプラント治療について教えてください
    新井 洋臣先生アイコン
    新井 洋臣先生
    当院では歯を失った方に対してインプラント治療(※自由診療)を行っています。インプラント治療の特徴として、1本から処置を行うことができるため、入れ歯やブリッジのように、周りの歯を削る必要がありません。さらに天然歯に近い自然な噛み心地、自然な見た目もポイントです。

    必ずしもインプラント治療が良いというわけではないため、メリット・デメリット、メンテナンスについてや費用などをしっかり説明したうえで、患者さんのお口の状態と要望に応じて判断をします。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    お子さんの治療にも注力しているとのことですが、どのような工夫をしていますか?
    新井 洋臣先生アイコン
    新井 洋臣先生
    小児歯科診療も、祖父の代から力を入れていた診療の一つです。取り組みとしては院内での診療のほか、幼稚園に伺って検診や講義をしています。

    診療を行う際に気をつけていることは、「無理に治療を行わないこと」。お子さんが怖がっている状態で無理に治療を押しつけると、歯医者さんへの苦手意識を植え付けてしまいます。

    そのため怖い場所ではないことをまずわかってもらえるよう、たくさん会話をしたりていねいに説明をしたりしています。

    もちろん虫歯治療に対応していますが、大事なのは「予防」です。当院ではフッ素塗布を行う歯を強くすることで虫歯を予防できるよう努めています。

    親御さんに対しても食事や仕上げ磨きの正しい方法や、お子さんの歯の変化について、アドバイスをしています。

    新井歯科医院を掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 新井 洋臣先生(新井歯科医院| 埼玉県桶川市)インタビュー 2021-10-27T16:13:41+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ