歯の異変

酷い痛みを取り除くための歯髄炎の治療法と費用、治療期間

39a925730ddf67824f1300fcd9e27496_m

793view

酷い痛みの歯随炎に困ってはいませんか?歯髄炎は、歯髄(歯の神経)と呼ばれる歯の中心部分が腐敗を始めているか、歯髄が化膿して炎症を起こしている状態のことを言います。

今回は歯髄炎の具体的な治療方法から、治療費や通院期間、治療後に痛みだした時の対処法まで、歯髄炎に関する情報をまとめてお伝えします。歯の痛みに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.歯髄炎に効果的な治療法

歯髄炎に効果的な治療は、歯髄を除去するかしないかで方法が変わります。薬で炎症を抑えるか、もしくは歯髄を取り除いて根管治療をするか、大きく分ければこの2つです。また、どうしても治療が困難な場合の最終手段として、抜歯を行うことも考えられます。

歯の構造

1-1 薬で炎症を抑える

歯髄炎によって歯が酷く痛むとき、歯の中では血流が神経を圧迫し、痛みが出ている状態です。まずは、痛みを落ち着かせるために、痛み止めの薬を飲んで痛みを和らげてから、次のステップの治療をします。

軽度の歯髄炎の場合は塗り薬で治療出来るケースもあります。また、冷たい飲食物の刺激は歯髄炎を悪化させるので、治療中は温度差のある飲み物や食べ物を控えるようにします。

1-2 根管治療

歯髄炎を起こしてしまった歯髄は、もとの状態に戻せないこともしばしばあります。歯髄まで虫歯が進んでしまった歯がわかりやすい例と言えます。「虫歯が神経まできている」という表現を使う場合に当てはまります。

このケースでは、根管治療で細菌に感染した歯髄を取り除き、洗浄し、薬を充填します。そのあとは、金属で土台を作り、クラウンという被せ物をして治療は完了です。ただし、歯髄を取ってしまうと歯の寿命は短くなります。

歯髄を残す治療を選べるケースもありますが、残念ながら難しい方法なので歯髄を全て取ってしまうことがほとんどです。例外として、生えたばかりの永久歯や乳歯は歯髄を一部残すこともあります。

1-3 抜歯

塗り薬、根管治療でも対応出来ない場合は、抜歯(歯を抜くこと)で対応します。最終的な手段であり、保存が不可能で、他の健康な歯や歯周組織に悪影響を及ぼす可能性がある場合に行います。抜歯をしてしまうと、その部分はスペースが空いてしまい、噛み合わせが出来なくなるので、歯の代わりを使います。

抜歯後は、ブリッジやインプラントによって失った歯を補います。ブリッジは、両隣の歯を削って、土台を作り、人工の歯を被せます。両隣の歯を、文字通り橋のようにして、なくなった部分の歯を付ける方法なので、土台になっている歯が健康であることがポイントです。土台の歯は、場所や状態により2本や3本になる場合があります。

とはいえ、ブリッジは土台となっている両隣の歯に負担をかけてしまうので、長期的な予後については十分な検討が必要です。

一方、インプラントは歯を抜いたところにフィクスチャーというネジを埋め込みます。骨とフィクスチャーがくっつくまで2~3ヶ月程度待ってから、人工の歯を付けるという方法です。

ブリッジのように両隣の歯に負担がかかることはありませんが、歯肉炎が進んでしまった場合など、フィクスチャーと骨がうまく付かないこともあります。ブリッジ、インプラント、ともに不可能な場合は部分入れ歯を考えることになります。

2.歯髄炎の治療費

治療費は、保険適用の場合と自由診療の場合でかなり開きがあります。

2-1 保険適用治療の場合

根管治療の場合:約6,000円〜10,000円

ブリッジ治療の場合;約15,000円〜20,000円

根管治療によって歯髄を取り除いて虫歯を治療するときは約6,000円〜10,000円かかります。初診から1〜3ヶ月程度要することが多い治療法です。さらに虫歯が進行してしまい、ブリッジを選択するときも1〜3ヶ月程度かかり、費用は15,000円〜20,000円程度です。虫歯の状態や場所によっても違うので、あくまでも目安としてください。

2-2 自由診療(自己負担)の場合 

インプラント治療の場合:約300,000円〜400,000円

健康保険適用外のインプラントは、治療期間は最短2ヶ月~6ヶ月程度かかります。歯の下の骨の状態によって治療期間はまちまちです。自己負担のため、治療費は300,000円~400,000円程度かかります。

3.完治までの治療期間

通常の場合、比較的少ない通院で治療を終えることが可能です。通院に時間がかけられない場合は、歯科医師と治療のスケジュールを相談してください。

3-1 通院回数は比較的少ない 

歯髄炎は、通院回数が比較的少ないケースが多いです。一例として、虫歯が進んでしまって歯髄炎になっている場合、虫歯を削って歯髄を取るところまでで2~7回程度の通院で済みます。歯の根っこの治療に1回、金属で被せ物の土台を作って、歯の型を取って実際に被せるという工程のために3回程度通院します。

3-2 途中で治療を中断しないほうがいい理由

痛みが取れてしまうと治療を中断してしまう人もいますが、完治するまで歯科医院に通院しましょう。消毒に使う薬剤の効き目は48時間程度と言われており、次の治療まで間が空いてしまうと、どうしても歯の中が汚れてしまい、そこから細菌に感染してしまうことがあります。せっかく歯を残せるはずだったのに、二次的に細菌感染が進んでしまうことで、抜歯に至る場合もあります。治療は最後まできっちりと完了させましょう。

4.治療後に痛みが酷い場合の対処法

治療後に痛みが出てしまうことがあります。その場合は、以下の方法で痛みに対応します。

4-1 痛み止め 

歯髄炎を治療したあとに痛みが残る場合は、痛み止めを処方して様子を見ます。4、5日経過すると治ることが多いです。

4-2 抗生物質 

歯髄炎治療後に、抗生物質を処方されることもあります。何らかの原因で、再度炎症を起こしている場合や、細菌感染が疑われるときは抗生物質を出されます。耐性菌を作ってしまわないように、出された抗生物質は最後まできちんと飲んでください。

4-3 歯医者で噛み合わせの調整 

噛み合わせが気になる場合、被せた場所を削るなどして噛み合わせを調整します。また、時間が経つにつれて治療後に気になっていた箇所の違和感は減っていきます。

5.歯髄炎になってしまう原因

歯髄炎の原因をまとめました。いずれも、細菌感染が原因ですが、どの部位から、どのような原因で細菌感染が起こったのかが問題となります。

5-1 虫歯 

歯髄炎の原因の多くは、虫歯が進行した結果です。虫歯が進行することによって、歯髄炎を引き起こします。虫歯が進行すると、エナメル質に穴を開け、象牙質、歯髄にまで細菌が到達します。歯髄にまで到達した細菌が神経の炎症を起こし、歯髄炎を引き起こすのです。

5-2 歯髄への刺激(外傷など)

何かに歯をぶつけてしまい、歯髄そのものが割れてしまうと歯髄炎になります。口の中は細菌が多いので、割れたところから細菌が侵入してしまうのです。もし歯が折れてしまった場合は、速やかに歯科医院を受診してください。

折れた欠片の歯は、ガーゼなど清潔な物に包んで持って行きましょう。歯ぎしりや、食いしばりが強い方の歯は、強い力を受けて割れることがあります。ちょっとしたヒビから細菌が入り込み、歯髄炎を引き起こすという仕組みです。

激痛を感じる前に、歯科医院へ行って治療方法を相談してください。歯ぎしり・食いしばりは歯並びの改善や、マウスピースの装着などで対応します。

5-3 歯科治療時の薬剤などの影響

なんども同じ箇所に虫歯が出来て治療を繰り返したときや、深い虫歯の場合など、歯髄が薬剤に刺激され、ダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた歯髄は、歯髄炎になるほか、自然に死んでしまうこともあります。まれに、弱ったものの回復することもあります。

6.まとめ

歯髄炎は、放置していてもよくなることがありません。ほとんどの場合は虫歯が酷くなって歯髄炎を引き起こすケースですが、他の要因も考えられます。痛みが酷くならないうちに、歯科医院を受診することと、痛みが酷い場合は我慢せずに痛み止めを服用することが大事です。痛みが引いたからといってそのままにしてしまうのではなく、出来るだけ早めに受診しましょう。