歯科医師 小松 薫先生(リリオ歯科クリニック|東京都葛飾区)インタビュー

    歯科医師 小松 薫先生(リリオ歯科クリニック|東京都葛飾区)インタビュー
    リリオ歯科クリニック
    小松 薫院長

    亀有駅に隣接された複合施設の中にあるリリオ歯科クリニック。

    院長の小松先生は女性の歯科医師です。クリニック全体でお子さま連れの方に配慮した環境を整え、相談しやすいアットホームな雰囲気づくりを心がけています。

    患者さまの要望を尊重した診療を心がける小松先生に、初診の方への配慮や力を入れている治療などについて詳しくお伺いしました。

    相談しやすいアットホームな雰囲気づくり、患者さまのお気持ちを尊重した治療を心がけています

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットー、日ごろから大切にしていることを教えてください
    小松 薫先生アイコン
    小松 薫先生
    普段から心がけているのは「スピーディーにしっかりと治療を行うこと」です。患者さまの心身にかかる負担をできる限り軽減できるよう、治療についてしっかりと説明を行ってから処置を進めていきます。

    また緊張や不安が強い方にもできる限りストレスを感じさせない治療を提供するため、麻酔処置に工夫をしています。

    歯茎に塗布する表面麻酔と注射の2段階で麻酔を施す、麻酔液を注入するスピードを一定に保ち不快感を抑える『電動麻酔器』を使用するなど、痛みを和らげる配慮も欠かしません。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    お子さまの治療で意識していること、お子さま連れの方への配慮を教えてください
    小松 薫先生アイコン
    小松 薫先生
    院内がバリアフリー設計になっていて、キッズスペースを用意しているので、小さなお子さま連れの方も気兼ねなく通っていただけると思います。

    小児歯科診療は、予防ケアがメインです。まずは歯科医院の環境に慣れてもらうよう、女性の歯科衛生士が話をしたり診療チェアに座らせたりとコミュニケーションを取りながら、診療をサポートしています。

    お子さまの歯科医院デビューは、歯が生えたはじめる頃、つまり生後半年ぐらいからが良いでしょう。3~4カ月に1回定期検診を受診し、虫歯のチェック、フッ素塗布を行うことを推奨しています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    力を入れて学んできた治療は何ですか?
    小松 薫先生アイコン
    小松 薫先生
    『根管治療』と『入れ歯治療』は特に力を入れて学んできた分野です。

    『根管治療』は歯の根を洗浄、消毒して患者さん自身の歯を保存する治療で、お口の土台を整えるため、より綿密な処置が求められます。

    入れ歯はインプラントのオペが難しい方でも歯の機能を取り戻すことのできる方法です。全身疾患がある方にも提供することができる選択肢のため、力を入れて学びました。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    初診の患者さまへ配慮していることはありますか?
    小松 薫先生アイコン
    小松 薫先生
    歯が痛い、お口の中が腫れている、歯科治療が苦手など、初診の方は少なからず不安があることでしょう。

    初診の方とお話しする際は、まずリラックスしていただけるよう心がけています。患者さまと目線をあわせ、笑顔で接し、話しやすい雰囲気をつくるようにしています。

    また治療説明の際は歯科医師の意見を押し付けず、できる限り患者さまの意思を尊重するようにしています。

    患者さまのご要望にあわせた治療方針を検討しますので、些細なことでもご相談ください。

    リリオ歯科クリニックを掲載している記事

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 小松 薫先生(リリオ歯科クリニック|東京都葛飾区)インタビュー 2021-11-15T10:59:51+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ