医療控除・医療助成横浜市

お子様の歯の治療がお得!横浜市の小児医療費助成まとめ

横浜市_医療費助成

2,448view

小さなお子様の場合、小児医療費助成制度を利用すると歯医者さんの治療が実は無料になります。しかし、この制度の対象者ではあるものの、利用方法や取得方法などがわからない方も少なくないです。今回の記事では横浜市での小児医療費助成制度についてまとめています。是非参考にして治療料金をお得に、お子様の歯を守りましょう。

2016年1月時点で横浜市が公表している内容になります。

【目次】

1.助成金制度とは
2.料金がどう安くなるのか
3.助成金が受けられる対象・条件
4.小児医療費証の取得方法・有効期限
5.歯医者さんでの適用方法
6.まとめ

1.小児医療費助成金制度とは

saitama

小児医療費助成金制度とは健康保険証掲示した際の自己負担3割分をさらに免除し治療料金が無料になる制度です。既に市内にお住まいの方はもちろん、これから横浜市へ移られる方もお子様が対象年齢であれば、申請手続きを行えば利用することが可能です。ただし、保険適用外の治療や健康診断などは助成金制度の対象外になります。

2.料金がどう安くなるのか

23区 助成金 4

適用例:小学校3年生が虫歯治療を行った場合
金額は10割負担で「初診」10,000円、「2回目以降」5,000円と想定

横浜市 助成金 料金比較

この例の場合ですと、適用前と適用後で6,000円も料金の差があります。
金額は上限が無いので保険適用内の治療であれば、仮に月に複数回治療を受けたり、自己負担金が高額でも無料になります。

3.助成金が受けられる対象・条件

何がいるの?

<対象年齢>
対象年齢は0歳児~小学校3年生の3月末まで

無題

<適用条件>

1.国内の健康保険に加入していること

2.横浜市にお子様の住民票があること

3.保護者の所得制限に当てはまらない方
ご家庭で所得が1番多い方の年間の所得金額が、下記の所得限度額よりも上回っている方のお子様は、助成金の対象外です。

扶養親族の人数保護者の所得限度額
0人540万円
1人578万円
2人616万円
3人以上は扶養が1人増す毎に38万円加算

※0歳児に関しては1歳になるまでは扶養人数に含まれません。

ただし適用できない場合もあり、その場合は以下があげられます。

<適用できない場合>

1.保険の効かない治療
(健康診断、乳児検診など)

2.既にその他の医療費助成を受けている
(重度障害者医療費援助事業など)

3.生活保護を受けている

歯医者さんで治療を受ける際は、一度お電話して適用されるか聞いてみましょう。

4.小児医療証の取得方法・有効期限

小児医療証は、小学校3年生までのお子様を対象に発行します。小児医療証を取得する際は、お住まいの区内の区役所窓口で手続きをしてください。区役所での申請後、その場でのお渡しが可能です。

<作成時に必要なもの>

・健康保険証
・朱肉で押すタイプの印鑑

また、市外から転入される方の場合、扶養者の所得証明書が必要です。
詳しくは転入先の区役所にお問い合わせください。

<有効期限>

小児医療証は誕生日または横浜市への転入日から、次の誕生月の月末までです。
※9歳のお子様は小学校3年生の3月末まで

5.歯医者さんでの利用方法

歯医者さんで小児医療費助成金制度を利用するには、窓口で健康保険証の他に小児医療証が必要となります。

~利用方法~

お会計の際にこの2点を掲示してください。

1.健康保険証
2.小児医療証

掲示するとお会計の際、窓口での料金のお支払いありません。

~小児医療証を持ってきていなかった場合~

「小児医療証をもってくるのを忘れちゃった・・・」という方や、「去年までの料金の申請忘れちゃった・・・」という方もご安心ください。受診から5年以内であれば区役所(注1)で払い戻し申請して、受け取ることが可能です。

注1:横浜市内のお住まいの区の区役所のみで申請することができます。
お住まいの区役所一覧はこちら→横浜市 国民健康保険のページ

<申請に必要なもの>

1.お会計の際に健康保険証を忘れずに出し(注2)精算した領収証
2.預金通帳(現金振込になります)
3.朱肉で押すタイプの印鑑
4.健康保険証、小児医療証(横浜市のものは下記)

被扶養者
shouniiryousho
出典:全国健康保険協会出典:横浜市 南区

2:健康保険証を出さない状態で会計をして領収証を受け取ると、区役所に提出しても受理されないので注意してください。

払い戻し申請後、3~4ヵ月後、指定の口座に自己負担分が払い戻されます。
治療後は早めに申請するようにしましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?
保険内治療であれば、お子様のどんな治療も無料で受けることが可能になります。
「最近子供を歯医者さんに連れて行ってないなぁ・・・」って思う方もいらっしゃいますよね?
最近は子供と一緒に歯医者さんで診てもらう方が増えてきています。
久しぶりに行って診てもらうと、思わぬ歯の病気にかかっている方も珍しくありません。
是非、一度予約をしてみましょう。

sozai

横浜市のその他の医院

    次の4件を表示する