親知らず

親知らずの虫歯を抜かなくても良い時と、抜くべき時の見分け方

アイキャッチ_親知らず3

12,440view

自分に合った歯医者さん探しはこちら

奥歯が痛む…。良く見ると親知らずが虫歯になってしまっていませんか?親知らずの虫歯は、抜歯をしなくてはいけないのか、抜かなくても治せるのか判断するのは難しいですよね。

そのまま放置してしまうと、どんどん隣の歯まで虫歯になってしまいます。虫歯になってしまった親知らずは、自分で治す事は出来ませんので、歯医者さんには必ず行きましょう。

しかし、必ずしも抜歯するというわけではありません。抜歯が不要なケースもあります。今回の記事では、親知らずが虫歯になってしまった時の対処法だけでなく、どのような場合であれば抜歯が必要なのかを記載しています。参考にしてみて下さい。

1.親知らずの虫歯を抜歯すべき場合

1-1親知らずが真横に生えていて、虫歯が侵食している場合

親知らずが虫歯になり、真横に生えている場合は治療をしても、再発の可能性が高いので抜歯をした方が良いです。隣の歯にまで影響する可能性があり、しっかりと汚れを落とす事が出来ていません。

1-2虫歯が神経まで侵食している場合

親知らず

親知らずの虫歯が神経まで侵食していると、抜歯をしたほうが良いです。理由としては、親知らずは根が曲がっていることがあり、根管治療も難しい為です。抜歯をせずに、状態によっては治療する事も可能ですが、難度の高くなる神経の治療を2~3か月行うのかという点があります。残したい場合は、歯科医師と相談してみましょう。

1-3歯に食べカスがよく詰まる場合

親知らずの汚れを落とすのは難しいです。歯ブラシで届かない部分があり、デンタルフロスでも奥歯なのでやりづらい為です。親知らずの汚れを落とす為に有効な、タフトブラシというデンタルグッズがあります。通常時の歯ブラシよりも小さくなっていて、孤立歯を磨くのに有効です。

プラウト Plaut × 4本 アソート

タフトブラシの選び方出典 http://www.amazon.co.jp/

2.抜歯をせずに、治療したほうが良い場合とは

噛み合わせに参加をしていて、他の歯にも影響が無い場合には治療で治した方が良いことがあります。親知らずを残しておくと、矯正や移植、入れ歯の土台などに利用できる事があるからです。

抜歯をしなくても良い場合とは、「きれいに歯磨きで汚れを落とす事ができる場合」「真っ直ぐに生えて、向かいの歯と噛み合っている場合」です。その状態で噛みあわせに参加しているのであれば、残す事ができます。親知らず自体が機能していなければ、抜歯してもいいし、抜かなくても良い状態ということになります。

親知らずを抜かなくて良い場合
・真っ直ぐ生えていて、隣の歯と接触していない
・歯磨きでしっかりと汚れが落とせる
・噛み合わせに参加していて、問題が無い
・骨の深い位置まで埋まっていて、影響が無い場合

3.妊娠中や授乳中は歯科医師に必ず相談

妊娠中や授乳中の方は、影響の少ないお薬を処方するか、投薬なしで抜歯を行うかになります。ただ、抜歯を先延ばしにできるのなら、先延ばしにした方がいいのでなるべく避けるという形になります。神経の治療が必要で痛みが強い場合などは、抜歯を優先した方がいい場合があります。

妊娠中だから歯が抜けない! と思ってしまい我慢することで、状態が悪化すると最悪流産を引き起こしたり、急性炎症を起こして服薬しなければおさまらない状態になることもあります。それならば、安定期に投薬なしで抜いてしまった方がいい場合もあるのです。

マタニティー外来を行っている歯科では、「歯科医院に相談に行ったけど、妊娠中は歯は抜けないといわれ、痛みが強くてがまんできなくてどうしていいかわからなかった」というような患者さんからの声も多いそうです。

必ずしも、妊娠中や授乳中は抜歯が出来ないというわけではないので、十分に歯科医院にご相談ください。ばい菌が繁殖することで早産や流産の原因になったり、痛みを我慢するストレスが母体によくない場合もあるからです。

近場で相談できる歯医者さんの検索はこちら

4.まとめ

親知らずは虫歯になりやすい歯です。抜歯をしておくと、虫歯予防や歯並びが良くなるなどのメリットがあります。先に抜歯をしておくと、小顔になるというケースもあるそうです。

しかし、抜く事によって噛み合わせに問題が出てしまう場合や、神経や血管を傷つける可能性がある場合など、親知らずの生え方は人それぞれ違います。必ず歯医者さんとご相談して頂き、治療をしましょう。