歯の異変

早期治療が大切!“押すと痛い”のは歯の根っこが原因

haitai
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

103,222view

私たちは、歯が痛いと真っ先に虫歯ができたのではないかと疑ってしまいます。けれど、歯を“押すと痛い”と感じれば、それは虫歯ではなく歯の根に問題がある可能性があります。歯医者さんでレントゲンを撮ってもらわないと、歯の根っこの部分まではよくわかりません。しかし、歯を支えている根っこの部分に異常があれば、最悪大切な歯を失ってしまうことにもなりかねないのです。押すと痛いという「治療のサイン」を見逃さずに、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう!

1.歯の根っこが痛みの原因

1-1 歯の根っこは歯医者さんでしか治せない

押すと痛いと感じていた歯は、実は以前に虫歯の治療を行い、神経を抜いてしまった歯ではないでしょうか? なぜ治療して神経を抜いてしまったのに痛いのか。それは治療した際に、虫歯菌を取り残してしまったり、かつて神経のあった空洞に細菌が侵入することで痛みが生じることがあるのです。

つまり、歯の根っこが痛みの原因なのです。根の中は歯医者さんで治療してもらわない限り、症状が改善されることはありません。すぐに歯医者さんへ向かい、早めに治療をしてもらいましょう。

1-2 根の周りにある膜が細菌に感染

歯の根っこに取り付いた細菌は、歯の根の周りにある膜にも影響を及ぼします。根の周りにある膜のことを歯根膜(しこんまく)といいますが、この歯根膜は、ものを噛んだときに固さや軟らかさを判断する役割があります。この歯根膜が細菌に感染することにより、その機能が正常に働かず、歯を押したり噛んだりしたときに痛みを感じるのです。

1-3 細菌の正体

細菌に侵された歯の根っこは、レントゲンで見ると黒い影として映ります。この黒い影は「歯根嚢胞(しこんのうほう)」と呼ばれるものです。これが歯の根の中を汚染していた細菌の正体です。

1-4 歯茎が腫れて、膿も出る

歯根嚢胞になると、押すと痛いだけでなく、やがて歯が浮く感じや歯茎の腫れも出てきます。歯茎に白いニキビのようなふくらみができて、それを押すと膿が出てきます。これは歯茎の中に溜まった膿の出口となっています。歯茎の中の膿が多くなり破れると、そこから膿を出しては、その後しぼんでしまいます。そしてまた膿が溜まると同じことを繰り返すのです。この膿は口臭の原因にもなりますので、できるだけ早めの治療が大切なのです。
今すぐ予約できる歯医者さんの検索はこちらから

2.根の中を掃除してもらう

2-1 根っこの病気は自然には治らない

歯根嚢胞ができた歯の根っこを治すにはどうしたらいいのでしょうか。神経を抜いた歯は血液が流れず、自然に治ることはありませんので、症状が現れたら歯医者さんで治療してもらうしかありません。歯医者さんで歯の根の中をきれいに掃除してもらいましょう!

2-2 早期治療が大切

歯根嚢胞は根の治療を行えば必ず完治するとは限りません。症状の程度によっては、何度か治療のために通院しなければなりません。しかし、早めに治療することで完治もしやすくなります。

もし治療をしても膿が止まらないような状態になった場合は、歯茎を切開して膿の袋ごと取り出します。歯茎を切るなんて「怖い!」と感じるかもしれませんが、痛みのないように麻酔をして処置をするので安心です。

3.根っこの異常は知らないうちに進行する

忙しい現代人にとっては、定期的に歯医者さんに通うことはなかなか難しかったりします。今回のように見た目で症状がわからない場合は、「放っておいても大丈夫だろう」となりがちです。

しかし、歯の根っこの異常は自分が知らないうちにどんどん進行していきます。疲れやストレスなど、免疫力が低下した場合は特に急速に悪化するといわれています。忙しいことをいいわけにしていると、歯の根っこはどんどん悪くなっていくだけですよ。
ネットで歯医者予約はこちらから

4.まとめ

歯の根っこは隠れて見えませんが、異常な状態になったとき、歯を押すと「痛い!」という“危険信号”を送ってくれます。その信号を見逃さずに、歯を押したり噛んだりした際に痛みを感じたら、まずは虫歯ではなく歯の根っこの病気だと考えましょう。そして、忙しくとも迷わず、早めに歯医者さんに行くことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加