虫歯

虫歯で熱がでる事も!危ない発熱の仕方とは

a0002_007560
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

73,573view

熱で身体を崩してしまった時に、歯も痛むことってありませんか?熱が原因で歯が痛くなる可能性があります。インフルエンザなどの高熱は全身の血流が低下してしまい、歯に十分な栄養が受け渡しできないので、痛くなる場合があります。

また、熱が原因で歯が痛くなってしまったのか、虫歯が原因で熱がでてしまったのでは全く違います。今回は原因と対処法に関してお伝えしますので、参考にして下さい。
自分に合った歯医者さん探しはこちら

1.虫歯で熱が出たなら注意!!虫歯と熱の関係とは

歯が痛くて熱が出た人は重度の虫歯だと思われます。熱が出るということは虫歯が神経まで達してしまい、神経自体が炎症を起こして発熱している可能性があります。かなり進行している状態なので早めに歯医者さんに行きましょう。

風邪やインフルエンザなどで高熱を出すと歯痛を伴うケースがあります。栄養分の受け渡しが出来てないのもそうですが、歯周病の初期段階の人が、インフルエンザをきっかけに痛み出す事があります、体力が低下するとそれまで表面化していなかった歯周病菌が活動するのです。 

2.虫歯の放置は絶対にやってはいけない!

2-1放っておいたら激痛がやってくる!

神経のある歯に虫歯菌が到達してしまうと、我慢できないほど痛みます。濡れタオルなどで冷やしたり、ロキソニンSなどの痛み止めで応急処置は出来ますが、効き目は長くはありません。何もしなくても痛い場合は下記の図のような歯になってはいないでしょうか?

進行度C3(神経まで進行)の虫歯

象牙質を通り越して、神経まで侵食している可能性があります。治療法としては、神経を抜く必要があります。耐えられない痛みも、神経を抜けば痛みが消えます。

2-2虫歯が進行すると鼻に膿が溜まることも

上顎の奥歯は鼻の副鼻腔(ふくびこう)に近いため、歯の根から出た細菌が副鼻腔に溜まり、副鼻腔炎(ふくびくうえん)を引き起こすことがあります。副鼻腔炎とは頭痛を引き起こし、さらに細菌が顎の中にまで広がってしまうと骨髄に感染して頭痛が起きます。

抗生物質を飲んで副鼻腔炎の治療をしますが、症状が悪化している場合には1回や2回の治療では完治できませんので、耳鼻科に相談しましょう。もちろん、原因の虫歯を治す事は大前提にあります。

2-3高熱と嘔吐が続いてしまう

歯根の細菌が広がってしまい、骨髄まで感染してしまうと顎の骨を腐らせて骨髄炎になってしまうかもしれません。そうなると、熱や嘔吐など体調不良が続きます。小さな子供の場合は、手足が自分で動かせなくなるほどの辛い症状です。

治療法としては、抗生物質を取り入れて治療します。1ヶ月以上はかかってしまい、安静にする事が必要です。

今すぐ虫歯治療できる歯医者さんの検索はこちら

3.虫歯から熱が出た時のやってはいけないこと

3-1熱いお風呂は控えよう

熱いお風呂に入ると、血行が良くなり虫歯がより痛みだすことがあります。軽くシャワーだけ浴びて出るのが良いでしょう。

また、体温を上げるような激しい運動も、痛みが増す事があるので控えた方がいいでしょう。

3-2アルコールを控えよう

アルコールも同様に痛みが増す原因の一つです。理由としては血流が良くなり、体温が上がります。炎症を起こしやすい状態なので、虫歯が痛む時は控えましょう。

3-3気になってもさわらない

手に付着したバイ菌が虫歯をより悪化させてしまう可能性があるので触ってはいけません。

4.歯科医院の見解をみてみよう!

新宿西口歯科医院

松成 淳一先生

新宿西口歯科医院 院長

東京都新宿区西新宿2丁目1-1

新宿三井ビル4F

新宿駅 西口徒歩6分

WEB予約にすすむ
※歯医者・歯科の時間を指定して予約ができます

0066-9689-095280電話予約はこちら
※当日の歯医者・歯科予約については、お電話にてご相談承ります
歯医者・歯科への電話予約についての注意事項【必読】

Q『虫歯』が原因で『熱』が出たら非常に危険な状態なのでしょうか。
A危険な度合いは症例によって大きく幅がありますが、多くの虫歯では発熱に至ることは非常に稀だとお考えください。

虫歯の症状としては発熱以前に「水が凍みる」「穴があいた」「黒くみえる」等の症状が先に起こります。そして全身的な発熱となると、細菌が骨まで到着して骨髄炎を起こしているかもしれません。

我慢しても自然治療は考えられませんので一刻も早く歯科医院を受診してください。

Q先生おすすめの『虫歯治療方法』を教えてください。また『痛くない治療方法』がありましたら教えて下さい。
A小さな虫歯ならマイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)を用いて最小限の歯の切削を行い、コンポジットレンジ充填をするのがお勧めです。

ある程度の大きさになってしまっていたら、型を採って歯科技工士が作製する「インレー」という治療法になってしまいますが、現在はE-max(イーマックス)という優秀な材料が開発されているため白くキレイに修復することが出来るようになりました。「痛くない治療法」についてはきちんと麻酔をしてもらうことです。

そして麻酔が痛くては意味が無いですから、麻酔の痛くない歯科医師が見つけられるといいと思います。

5.まとめ

ひどい熱の場合は歯痛を伴うケースがあります。虫歯が原因で熱が出た場合はかなり悪化している可能性がありますので注意しましょう。また、そのまま放置していると死に至る危険性もあります。必ず歯医者さんへ行きましょう。

歯医者・歯科への電話予約についての注意事項
※お客様が予約専用電話番号に発信した電話番号は、予約確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。
※予約確認の連絡があります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加