お悩み解決コラム虫歯

【虫歯予防デー】大人も子供も実践!歯の大切さを考え直す取り組み

虫歯予防デー

1,813view

6月4日は虫歯予防デーと呼ばれています。「む・し」と読めることからこの日に定められました。
6月4日から10日までの一週間を歯と口の健康週間とし、ポスターの掲載やテレビCM放映などで虫歯予防の実地を呼びかけています。

歯医者さんや保育園では、歯と虫歯予防の大切さを伝える活動を行う所が多いようです。

1.「虫歯予防デー」誕生の流れと様々な活動

「虫歯予防デー」はいくつかの段階を経て誕生しています。この章では、その経緯についての説明と、虫歯予防に関する様々な活動について紹介していきます。

1-1 誰が何のために作ったの?

日本歯科医師会が厚生労働省と文部科学省と一緒に、国民に虫歯予防の習慣を身につけてもらうために実地しています。

1928年から1938年までは日本歯科医師会だけで、6月4日のみ実地されました。

1939年からは護歯日、1942年からは健民ムシ歯予防運動に名前を変え、1943年から1947年までは中止になります。

1949年に口腔衛生週間として復活。期間も一週間に延びました。その後は、何度も名前を変えていきます。

1952年に口腔衛生強調運動、1956年に再度口腔衛生週間、1958年からは歯の衛生週間、2013年より現在の歯と口の健康週間になっています。

虫歯予防デーの目的は、歯と口の健康に関する正しい知識の普及、虫歯予防に関する適切な習慣の定着、虫歯の早期発見及び早期治療を徹底することです。

1-2 虫歯予防デーだからこそ楽しく学ぶ

虫歯予防は小さいころからの歯磨き習慣が大事です。
そうは言っても、小さい子供は家でなかなか歯磨きをしてくれないので、困っているお母さんは少なくないと思います。

虫歯予防デーは様々な活動が行われています。せっかくなので親子で参加して、歯磨き習慣を身につけてもらいましょう。

★歯と口の健康に関する図画・ポスターコンクール

各地にある歯科医師会を中心に行われています。幼稚園から高校生くらいまで、各年代で募集しています。応募したポスターは展示してくれる所が多いです。

★良い歯のコンクール

各地にある市や歯科医師会などが行っています。親と子の一組で参加できるものと、子供だけで参加できるものがあります。歯がどれくらい健康かを審査します。

★診療所で開催されるイベント

虫歯予防デーにイベントを開催する歯医者さんは多いようです。

ブラッシング指導以外でも、虫歯予防に関するクイズ大会やショーなど、様々な工夫をこらしています。子供の歯のお悩み相談やフッ素塗布を受けられる所もあるので、ぜひ近くの歯医者さんのイベントをチェックしてみて下さい。

★歯に関する絵本を読み聞かせ

保育園では絵本や紙芝居を読み聞かせる所が多いようです。子供にとって一番楽しく虫歯予防を学べる方法かもしれません。歯に関する絵本はたくさんあるので、家でも子供に読み聞かせましょう。

2.子供の虫歯予防で大切なこと

虫歯予防への取り組みは子供の頃からしっかり実践していくことが大切です。そのために、家庭で正しいケアを行い、歯医者さんでの定期的な検診を欠かさないようにしましょう。

2-1家ですぐできる虫歯予防

小さい子供が虫歯になったら、お母さんが一番責任を感じてしまうと思います。虫歯ができる子もいればできない子もいます。違いはなんでしょうか?
虫歯は歯磨きだけでは防げないからです。正しい方法を実践して、子供の虫歯を予防しましょう。

①3歳までは虫歯菌の感染を減らす

生まれたばかりの赤ちゃんの口には、虫歯菌がいないことを知っていますか? 虫歯菌は親などの身近な大人から感染してしまうのです。
虫歯菌は歯がないと定着しないので、感染の窓と呼ばれる乳歯が生え始めた2歳前後から注意しましょう。3歳くらいまでに感染しなければ、虫歯になりにくいと言われています。

大人と同じ食器を使ったり、噛んだものを食べさせたり、口にキスしたりするのもできるだけ控えるようにしましょう。

②だらだらと食べさせない

口の中に入る糖分が虫歯菌のごちそうです。糖分を食べた虫歯菌が酸を出して歯を溶かすことが虫歯の要因です。

溶けた歯は唾液に含まれるカルシウムで修復されますが、再石灰化と呼ばれる修復が始まるまでには食べ終えてから時間を置かないといけません。
食事をだらだら食べたり、お菓子をちょくちょくつまんだり、ジュースを飲み続けたりしては、歯が溶け続けてしまいます。

食べる時間はしっかり決め、それ以外では口に入れないようにしましょう。

2-2歯医者さんでしかできない虫歯予防

①定期検診を欠かさずに

虫歯になる前に歯医者に行くことが大事です。歯が生えた時から、3カ月に一回は定期検診に行くよう心がけましょう。
乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、子供も歯を磨きにくいので、どうしても磨き残しが出てきます。

虫歯の早期発見だけでなく、歯並びや生え変わりに問題がないか確認してもらうことができます。

②フッ素を塗布して強い歯にする

フッ素には歯質を強くしたり、口の中に発生する酸を抑えたりする作用があります。子供の場合、生えたての乳歯や永久歯は、歯の質が弱くて虫歯になりやすい状態です。
歯の表面に塗ることで、虫歯菌に溶かされにくい歯になるのです。

【関連記事】虫歯を予防!フッ素が歯を強くするメカニズムとは?

③シーラントで永久歯が守られる

歯ブラシの届きにくい歯の溝からできやすい虫歯を予防する処置です。歯を削らずに歯の溝をプラスティックで埋めるだけです。

子供は歯磨きがまだ上手ではないので、虫歯になりやすい未熟な永久歯を守るのに効果的です。強く噛んだ時に外れてしまうこともありますが、また埋め直すことができます。

ただし、シーラントはあくまでも毎日の歯磨き習慣の補助です。
虫歯に絶対ならないわけではありません。

3.大人だって虫歯予防が大切

子供だけでなく、大人も普段から虫歯予防に対する意識を持つことが大切です。その取り組みとして、80歳になっても自分の歯を20本以上残すことを目標にした「8020運動」があります。

3-1 80歳で歯を20本以上残すための「8020運動」

いつまでも自分の歯でおいしい物を食べ続けられるようにと、1989年から日本歯科医師会と厚生労働省が推進している運動です。
20本以上の歯があれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めると言われています。

2008年からは日本歯科医師会が50%以上の達成を目標に掲げています。
厚生労働省の調査によると、運動開始当初の達成率は7%ほどでしたが、2012年には38.3%にまで伸びました。

ただし、スウェーデンでは国民の80%以上が達成しているので、比べるとまだまだ開きがあると言えます。

参考URL①:https://www.jda.or.jp/enlightenment/8020/dream.html
参考URL②:http://www.nagase-dental.net/prevention/prevention1.html

3-2達成するために今からやるべき虫歯予防

①デンタルフロスや歯間歯ブラシを使うようにしよう

虫歯の発生の9割近くが歯と歯の間です。歯と歯の間にある歯垢(プラーク)は歯ブラシでは落とせません。

虫歯だけでなく、歯周病も防げるので歯磨きの習慣に加えましょう。

【関連記事】80歳まで自分の歯を残すためのデンタルフロス簡単実践法

②自分の歯と口の健康状態を把握すること

歯の定期検診は健康診断と同じことです。年齢を重ねていけばいくほど虫歯菌を中和する唾液が少なくなるので、歯は細かいケアを必要としてきます。

お口の中の状態に合わせて3~6か月に1回は検診に行くようにしましょう。

定期検診の最大のメリットが歯周病の早期発見です。
歯の抜ける原因は虫歯と歯周病ですが、歯周病は痛みなどの自覚症状が少ないので気づきにくいです。

程度の差はありますが、歯周病患者は、20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割と言われています。
(日本生活習慣病予防協会調査より http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/disease/periodontal/)

初期の歯周病は医者の肉眼でも見つけにくいので、気をつけましょう。

3-3達成できなくても今からやれること

現在、もう達成できない状態であっても、残った歯を大事にすることに変わりはありません。

歯が一本でも多ければ、それだけしっかり噛めます。よく噛めば唾液が多く出るので、口の中がきれいになります。
良く噛むことで刺激が歯根膜から脳に伝わるので、認知症予防につながってきます。

歯が少ないことで上手に話せない、人前で笑うのを我慢する、入れ歯が合わなくて悩む、硬い物が食べられないといったことは大変なストレスです。
豊かな生活というのは歯があって成り立つことが多いと思います。

4.まとめ

虫歯予防デーは子供だけでなく、大人も自分の歯の健康状態を見つめ直すチャンスです。セルフケアとプロフェッショナルケアの両面から、虫歯予防を徹底しましょう。80歳を過ぎても歯で悩むことなく、好きに話して、笑って、何でも食べられる豊かな生活を目指しましょう。

ページトップへ