その他

歯医者で銀歯を白くする方法とその費用+簡単に白くする方法

銀歯を白くai

98,158view

鏡で口の中を見た時や、大口を開けて写っている自分の写真を見たとき、予想以上に銀歯が目立って見えて気になったことはありませんか? 現在でも保険内治療において奥歯に用いられることが最も多いのは金属色の銀歯です。

最近では白い材料で治す方法も増えてきています。過去の治療で入れられた銀歯を外して白い材料の歯に変える人も増えています。

この記事では、現在主に行われている銀歯を白くする治療法の特徴やその費用、色が目立つにも関わらず今でも銀歯が用いられることが多い理由についても紹介していきます。

1.歯医者さんで銀歯を白くする方法

1-1 保険内で白くする方法

コンポジットレジン

歯の一部分に詰めてある小さな銀歯を白くする時に行われる治療法です。銀歯を外し、歯と同じ色のコンポジットレジンを詰め、光を当てて固める方法で、多くの歯医者さんで行われています。
ただし、この治療は前歯には問題ありませんが、奥歯などの力が加わる部分で使用すると、2.3年で割れてしまうことがあります。治療したい箇所に合った素材を選ぶようにしましょう。

メリット

  • 通常1回の治療で完了することができる
  • 比較的削る量も少なくて済む

デメリット

  • 小さな銀歯を外した場合にしか適応できない
  • 奥歯には適さない

硬質レジン前装冠

前歯を白くする際に保険で最もよく使われます。金属の被せ物ですが、表面は歯と同じ白い色のレジンが貼り付けてあります。内部が金属のため強度があり、裏側(舌側の面)は銀色になっています。

中切歯(一番真ん中の前歯)、側切歯(中央から数えて2番目の歯)、犬歯(前から3番目『糸切り歯』)のみが保険適応となります。

メリット

  • 金属でできているため壊れにくい
  • 人それぞれの歯の色に合わせて作ることができる

デメリット

  • 保険内では前歯にしか使えない
  • 裏側は金属色(通常は外から金属色が見えることはほぼありませんが「裏も全部白くしたい」という方には不向き)
  • 長期的に使っていると着色してくる

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠は、硬質レジンという歯科用プラスティックでできた被せ物です。中切歯、側切歯、犬歯、その隣の第一小臼歯までが適用です。前述の硬質レジン前装冠のように金属の裏打ちがないので、表も裏も白いです。

メリット

  • 金属を使用しないので全面が白い
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 割れたりすり減ったりしやすい→噛み合わせが強い場合には使用できない
  • 硬質レジン前装冠と同様、経年的に着色してくることが多い

ハイブリッドセラミックレジン冠(CAD/CAM冠)

2014年4月より小臼歯(中央から数えて4番目、5番目の歯)のみ保険適用になりました。レジン(歯科用プラスチック)の塊をCAD/CAMという機械で削り出して作ります。

メリット

  • 金属を一切使わないので金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • すり減りやすく割れやすいので、噛み合わせによっては使えないことがある(前出の硬質レジンジャケット冠よりは優れた強度を持つ)
  • 長期に使用すると前出の2つと同様変色してくることが多い

CAD/CAMの設備が必要で、厚労省の認可を受けた歯科医院のみ保険適応での提供が認められています。取り扱っている医院がまだ少なく、自費診療として行っている医院もあるようです。興味のある方は受診する歯医者さんに事前に問い合わせてみてください。

1-2保険外で白くする方法

セラミックインレー

歯の一部分に詰めてある小さな銀歯を白くする場合に行われる、セラミック(陶器)でできた詰め物です。

メリット

  • 優れた見た目で、汚れが付きにくく、変色しにくい
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーなどの心配もない

デメリット

  • 割れやすい
  • 他の詰め物に比べると歯を削る量が多い

ハイブリッドセラミックインレー

こちらも歯に詰めてある小さな銀歯を白くする治療法。セラミック(焼き物)とレジン(歯科用プラスチック)を混ぜて作る詰め物です。

メリット

  • セラミックインレーと比較すると割れにくい
  • 金属アレルギーの可能性は非常に低い

デメリット

  • 経年的にみると変色する
  • 衝撃に強く割れにくいが、長期的に見るとすり減ってくることが多い

オールセラミック冠

全体がセラミック(陶器)でできている被せ物です。透明感があり、天然の歯に最も近い質感を再現できます。

メリット

  • 透明感があり見た目が良い
  • 汚れが付きにくく、殆ど変色しない
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの可能性も低い

デメリット

  • 割れやすい
  • 他の方法に比べて歯を削る量が多くなる

メタルボンド

中身は金属で、表面にセラミック(陶器)を貼り付けたかぶせ物です。

メリット

  • 見た目がよく変色しにくい
  • 金属を併用しているので強度があり、適応範囲が広く、奥歯にも使用可能

デメリット

  • 金属を使用するので、金属アレルギーの可能性→金属アレルギーを起こしやすい保険の金属(合金)でなく、人体を刺激しにくい貴金属を使用すれば、金属アレルギーを起こしにくくなる
  • 裏側から見ると金属が見えるので、全面が白い材料でできているオールセラミッククラウンに比べると見た目が劣る
  • 強度はあるが天然の歯以上に硬いため、噛み合わせの歯を痛めることがある

ジルコニアクラウン

ジルコニアセラミッククラウンはメタルボンドの内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用し、表面にセラミックを貼り付けた被せ物です。ジルコニアは高い審美性と強度を持ち、人工ダイヤモンドとしても使われます。

メリット

  • 透明感があり、オールセラミッククラウンには劣るが天然の歯の色調を再現することができる
  • 汚れがつきにくく、ほとんど変色しない
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない
  • 強度があるので奥歯にも使用できる

デメリット

  • 歯を多く削る必要がある
  • 天然の歯より硬いので噛み合わせの歯を痛めてしまう可能性がある
  • ジルコニアが割れることはほぼないが、覆っているセラミックが割れることがある

2.歯医者さんで銀歯を白くするのにかかる費用

2-1 保険内の場合

コンポジットレジン

歯1本あたり1000円前後で可能(医院によってはより審美性の高い治療を行うため保険外で行っていることもあり、その場合約1万円〜5万円ほどかかることもある)

硬質レジン前装冠

約5000円

硬質レジンジャケット冠

約3000円

ハイブリッドセラミックレジン冠

約9000円

上記の料金は、自己負担が3割の場合の一般的な金額です。また、削る処置の料金や型取りの料金、被せ物本体の料金、装着料、「補綴物維持管理料」と呼ばれる2年間の保障料等を含めたものです。

2-2 保険外の場合

セラミックインレー、ハイブリッドセラミックインレー

約3~5万円

オールセラミック冠、メタルボンド

8~15万円

ジルコニアクラウン

10~20万円前後

保険治療に比べてかなり高額となり、医院によって値段設定もさまざまです。治療前に見積もりを出す医院が多いので、保証料は入っているのか、保証期間はどのくらいなのか、追加で必要となる料金はないのかなどをしっかり確認し、納得した上で治療を受けられることをおすすめします。

3.もっと簡単にできる方法-歯のマニキュア

歯の表面に専用の塗料を塗り、白くする方法です。着色の気になる天然の歯はもちろん、銀歯にも使用できます。

3-1 自宅で行う方法

薬局等に2000円前後で買える歯のマニキュアが販売されています。自宅で手軽にできる方法ですが、自分で塗るのでムラができやすく、また食事等ではがれやすいです。どうしても白くしたい時の応急的なものとして使用するのがよいでしょう。

3-2 歯医者さんで行う方法

「ホワイトコート」という方法です。歯の表面をよく磨いて汚れを落とした後、ベースコート、ホワイトコート、トップコートと塗り重ねて光で固めます。

歯を削らず、1回の来院ですぐ白くすることができ、1か月前後持つようです。欠点は、着色しやすいこととはがれやすいことです。

保険外治療なので医院によって異なりますが、1本で約2000円~4000円程度です。はがれやすく、塗料の厚みにより歯が分厚く不自然になりやすいので、行っている歯医者さんは少ないです。

4.銀歯を白い歯にすることのメリット・デメリット

4-1 メリット

たとえ奥歯で見えにくくても、大きく口を開けると銀歯が見えて気になるという人は多いと思います。白い歯にすることで、気にせずに笑顔を作ることができます。

また、銀歯は金属アレルギーを引き起こす可能性もありますが、白い歯ですとアレルギーの起こる可能性を低くすることができます。

4-2 デメリット

既に入っている銀歯を白い歯にする場合、銀歯を外して歯の形を整えるために削らなければなりません。

歯は削られるほどもろくなり、寿命が短くなっていきます。削ることによってしみたり、痛みが出たりする可能性もゼロではありません。

銀歯の入った歯に虫歯ができた場合や、何らかの症状が出たことがきっかけとなり白い歯を入れようとする場合を除き、何の症状もない銀歯を外すという時はよく考えてから治療されることをおすすめします。

4-3 銀歯にもメリットはある

見た目の劣る銀歯が保険治療で最もよく使われるのにも理由があります。他の材料に比べて最も強度が優れ、すり減ったり壊れたりすることが少ないためです。

薄くても割れることがないので、歯を削る量も少なくて済みます。また、比較的歯に近い硬さのため、噛み合う歯を痛めることも少ないという利点があります。

金属を溶かして型に流す方法で作成され、細かい部分を再現しやすく高い精度で作ることができます。

5.まとめ

銀歯を白くするにはさまざまな方法があります。保険外では特に治療費も高額になりますので、歯医者さんに相談して、自分に合った治療法を選択してみてください。歯医者さんの回答は下記で確認することができます。

『銀歯を白くする方法』について、歯医者さんの回答を見る