治したはずの銀歯が痛い!その原因とリスクを徹底解明

7329bc036df0f2a09ddadb14999a141d_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治療したはずの銀歯が痛い・・・。そこで、治療してくれた歯医者さんを責めるのは、ちょっと待ってください。

実は、銀歯が痛むことは、誰にでも起こり得ることなのです。治療した直後にも、つめてから数年後にも、銀歯は痛むことがあります。治療の後遺症、虫歯の再発や知覚過敏など、原因も多種多様です。

そして、銀歯をつめることは金属アレルギーをはじめ、さまざまなリスクを発生させることがわかってきました。そのため、歯医者さんでは最近、プラスチックやセラミックで虫歯を治療。銀歯をつめずに、歯の白さを保ったまま虫歯を治せるようになりました。

今回は、銀歯の痛み、リスク、そして銀歯をつめない虫歯の治療法などを一挙に紹介。この記事を読めば、銀歯のお悩みをきっと解決できるはずです。

 1.治療後すぐの銀歯の痛み

銀歯をつめてすぐに痛んだり、しみたりするのは、虫歯を削ったので、ある程度しかたありません。その症状は通常、1週間くらい残ります。ただし、痛みがあまりにも長くつづくなら、もういちど歯医者さんに診てもらいましょう。

1-1 銀歯は熱を伝えやすい

治療後すぐに、銀歯が痛む・しみる原因のほとんどは、金属による熱の伝わりやすさ。極端に冷たいものや熱いものを食べたときに痛むのは、銀歯の下にある歯の神経がいつもより刺激を受けてしまうからです。この症状は通常、1週間程度で落ち着いてきます。

1-2 神経が過敏になっている

麻酔をする、歯を削る、銀歯をつけるときに乾燥させる、虫歯の治療で、歯の神経はさまざまなダメージを受けます。そのダメージを回復するのには、ある程度の時間が必要です。一般的には1週間で落ち着きますが、人によっては何ヶ月、何年もかかる場合があります。

2.以前につめた銀歯の痛み

治療後すぐの銀歯の痛みは、基本的に落ち着きます。一方、つめてから時間が経った銀歯が痛いという方は、歯医者さんに診てもらってください。銀歯は汚れやすく、細菌の巣になり得るものです。虫歯の再発や知覚過敏など、お口にトラブルが起こりやすくなります。

2-1 銀歯の下が虫歯になった

時間とともに、銀歯はすり減ったり、埋めたセメントが劣化。銀歯と歯のあいだに隙間ができてしまいます。そこから細菌が入り、銀歯の下が虫歯になって痛みが出るのです。このような場合、銀歯を外して再治療をする必要があります。

2-2 銀歯の下が知覚過敏になった

時間の経った銀歯が知覚過敏になって、痛む・しみるケースがあります。その際は、クスリやコーティング剤の添付、レーザー治療などで対処。また、知覚過敏の原因のひとつに歯周病が考えられるので、必ず歯医者さんに行きましょう。

2-3 隣の歯が虫歯や知覚過敏になった

銀歯の隣にある歯が虫歯や知覚過敏にあると、銀歯が痛むように感じます。銀歯は、いちど虫歯になった箇所。つまり、トラブルが起こりやすいポイントといえます。また、時間が経って劣化した銀歯は虫歯のもとになるので、日ごろのケアに気をつけましょう。

2-4 残した神経が耐えられなくなった

歯医者さんは、歯の神経をできるかぎり残して虫歯を治療します。なぜなら、歯の神経は回復する可能性があるからです。しかしながら、残した神経が耐えられなくなるケースもあります。痛みが強いようなら、歯の神経を取るのもひとつの案です。

2-5 歯ぎしりをしている

歯ぎしりをしていると、歯の根元が削れてくることがあります。銀歯をつけていても、その下にある歯が削れて、痛みは出てしまうのです。そのような場合は、金属を外さずに歯の根元の部分をプラスチックで詰める治療などを行います。

2-6 歯にひびが入っている

歯はよく見ると、ひびが入っています。それは、私たちが噛むという作業を毎日繰り返し行っているからです。銀歯をつけた歯の場合、小さなひびは問題ありませんが、神経の近くにまでひびが広がっていると、痛みを発症します。痛みが強いようであれば神経の処置をするケースもあります。

3.銀歯が引き起こすリスク

当たり前ですが、銀歯は金属です。銀歯をつめたときは、硬くて痛くありませんでしたか? また、お口のなかに金属がずっと入っていることを考えてみてください。さまざまなリスクが生まれそうですよね。そんな銀歯のリスクを、ここでは紹介します。

3-1 歯を傷めてしまう

銀歯のつくり方は、経験と勘を頼りにした手作業です。残念ですが、ぴったりとはまる銀歯をつくることは不可能に近く、どうしても段差ができてしまいます。銀歯は、歯よりも硬い金属です。はめ込んだときや噛み合うときに、歯を傷つけてしまうのです。

3-2 歯ぐきを黒くしてしまう

金属はぬれると、イオンとなって溶け出す反応を持っています。口内にある銀歯は、唾液によって成分が金属イオンとなり、歯ぐきに浸透。その結果、歯ぐきが黒くなります。お口のなかを常に健康な状態に保っていても、この症状は起きてしまうのです。

3-3 金属アレルギーが出てしまう

金属イオンは歯ぐきだけでなく、体内にも蓄積してアレルギー症状を引き起こします。そして、銀歯は、パラジウムというアレルギーを引き起こしやすい金属を含有。パラジウムに対してアレルギー反応を持つ方は、100名中20名~30名ほどいると言われています。

hyo

3-4 虫歯や歯周病が悪化してしまう

銀歯は汚れやすく、傷つきやすいため、細菌が繁殖してしまいます。このことが原因となって、虫歯や歯周病をより悪化させてしまうのです。また、口臭の原因にもなります。銀歯の周りは、歯医者さんの定期健診などによる意識的なケアが必要なのです。

4.銀歯を使わない2つの治療法

銀歯によるリスクが見直され、最近では、金属以外の素材で虫歯治療を行うケースがあります。歯を白いまま保つだけでなく、金属によるリスクまで回避でき、銀歯の治療よりも歯を削らずに虫歯を治せるようになりました。

また、お口にトラブルが起きていなくても、歯医者さんで銀歯をプラスチックやセラミックに取り替えることが可能です。ここでは、その治療で使う素材を2つ紹介します。

4-1 プラスチック

歯科用のプラスチック「レジン」を使用した治療法。小さな虫歯には「コンポジットレジン」、大きな虫歯には「ハイブリッドレジン」という素材を使って治療します。また、どちらの治療法も、保険を適用できるのでリーズナブルです。

コンポジットレジン

穴が開いているような小さい虫歯を削り、ペースト状のプラスチックを流し込む治療法。歯と接着するので、銀歯よりも虫歯になりにくく仕上げます。特殊な光をあてると短時間で硬まるので、治療はほとんど1度で完了。ただし、プラスチックは、4~5年で黄色に変色する素材です。歯医者さんでの定期的なメンテナンスが必要になります。

ハイブリッドレジン

歯全体に銀歯をかぶせるような大きな虫歯に使う、強化プラスチック「ハイブリッドレジン」。はじめに虫歯を削った後、歯形を取ります。数日後、ハイブリッドレジンの冠を歯に装着する治療法です。コンポジットレジンと同様、プラスチックのため、4~5年で黄色に変色。また、保険の適用範囲が、小臼歯のみに限られます。

保険適用の歯

4-2 セラミック

強度があり、汚れがつきにくく、透明感のある白さを持ったセラミック。材質が劣化しにくいため、長期間の使用が可能で、変色も起きません。また、小さな虫歯からブリッジ治療まで処置できる、優れた素材です。ただし、保険の適用はされないため、コストがかかってしまいます。

4-3 プラスチック(レジン)とセラミックの違い

簡単に説明すると、プラスチックは短い期間で使うもの、セラミックは長い期間で使うものと考えてください。保険の問題でコストが大きく変わるものなので、ライフスタイルに合わせて治療を受けてください。また、どちらの素材も、硬いものが当たったりすると割れる可能性があります。

5.まとめ

銀歯は、国民皆保険制度で最低限の歯の機能の回復ができる、安くて加工しやすい治療法として生まれました。しかし、最近では、銀歯による悪影響が注目されてきています。それを解決するのが、プラスチックやセラミックを使った治療法です。気になる方は、歯医者さんに相談してみるのが得策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合った歯医者さんをすぐにWEB予約

歯医者さんは予約を取ることで、治療もスムーズに進めることができます。自分の都合に合う、通いやすい歯医者さんを見つけましょう。予約を取ることで、患者さん自身の待ち時間も少なく治療を受けることができます。

  • ご自宅や職場の近くの医院を一覧で見れる

  • 当日すぐに診てもらえる「今すぐ予約」も用意

  • 全国「約58000件」の歯科医院を検索できる


歯医者さんの予約はこちらから

歯医者の検索・予約はこちらから