虫歯

歯根治療の方法と費用、治療中や治療後の痛みの原因と対策

103,927view

歯根治療とは、根管の治療の事で、歯の根っこの治療のことを指しています。歯の根には、歯の神経や血管が入っている「根管」という管が通っています。虫歯が悪化すると、虫歯菌が根管内に入り込んでしまい、歯の神経や血管を蝕んでいきます。

この記事では、歯根治療の方法や費用、治療中や治療後の気になる痛みについても詳しく触れていきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.歯根治療の方法について

大切な歯を残すために行うのが、歯根治療となります。歯根治療で使用される薬としては、水酸化カルシウムが主流ですが、他にも4種程あります。それぞれの薬にメリット、デメリットがありますが、中でもデメリットの少ない水酸化カルシウムを好む歯医者さんが多いようです。

1-1 治療法

歯根治療のはじめの段階で問題があると、歯根から再び炎症が生じてしまい、根の先端部分に膿の袋ができます。こうなると再度、歯根治療が必要になってしまいます。

歯の根っこはとても細く複雑な構造なので、肉眼では見えず、とても難しい治療です。この根管治療を確実に行えば、重度の虫歯も抜かずに済みます。歯は一度抜いてしまうと、元に戻す事は不可能です。歯を残しておくためにも、歯根治療は重要です。

以下、3種の歯根治療についてご紹介していきます。

抜髄(ばつずい)治療

虫歯が悪化するなどして、神経が死んでしまった時に行う治療法です。

感染した根管内の神経や血管を取り除き、根管内を綺麗に洗浄・消毒していきます。根管に隙間なく薬剤を詰める事によって、歯の機能を回復させます。

感染根管治療

根管の奥深くで炎症が起きている場合、あるいは以前に受けた歯根治療が不完全で、顎の骨に異常が起きてしまった場合に行う、再治療のようなものです。

根の先端に膿みの袋ができている、あるいは、「根尖病巣(こんせんびょうそう)」が見られる場合には、早急な治療が必要です。

以前の治療で詰めた薬を除去してから洗浄・消毒を行うため、比較的難易度の高い治療です。一般的な処置で対応できない場合には、外科的処置になる場合があります。

外科的根管治療

感染根管治療でも、根尖病巣が小さくならなかった場合に行う治療法です。

根尖病巣を一つずつ取り除く外科手術となります。除去後には、根尖・根管をすき間なく埋めていき、完了させます。

歯根治療で使われる薬剤5種

①ホルマリン系

②フェノール系

③ヨウ素系

④抗生剤系

⑤水酸化カルシウム系

2.歯根治療の費用

日本の根管治療は、粗悪な治療も少なくないのが現状です。かぶせ物が外れたといって来院する患者さんも実は多いです。

レントゲンをとってみると、根の治療が不十分だったために、感染根管になってしまい、再治療しなければならなくなるケースもあります。

時には、病巣もなく成功している治療も見られますが、これは実はごく少数派です。基本的には再治療の繰り返しが多く、その度に歯は痛んでいきます。

2-1 日本の根管治療の費用(保険適用)

奥歯の感染根管の総費用は、保険で9000円(自己負担3000円程になります。)

見にくくて手が届きにくく、厄介な治療が10000円もしないのです。奥歯の根管治療ならば、中レベルの難度の症例の場合、30分程度の所要時間で4~5回の来院が必要です。歯科医師の技術によって時間がかかる場合もあります。

2-2 自費治療の場合の費用

歯が悪くなったら、抜いてインプラントにするという選択肢もありますが、まだまだ使える歯を抜いてしまうのは、避けたいものです。残せる歯はできるだけ残した方がいいですし、患者さんもそれを希望する人がほとんどです。

進んだ虫歯も、高精度の自費の根管治療を行い、残すよう努力する事が大切になります。また、健康保険の根管治療では、費用、時間、使える器具、薬剤に限りがあるため、最善の根管治療を選ぶと、費用はやはり自己負担です。しかし、もしも歯が残ればインプラント治療よりずっと安く済みます。

♦自費の根管治療の費用例

  • 前歯    40,000~
  • 小臼歯   50,000~
  • 大臼歯   60,000~

破折ファイルを除去する費用 1根管につき30,000円~

※検査代や材料代といった別途費用がかかる場合があります。

3.歯根治療の治療中や治療後の痛み

根の治療は、根の中の細菌で感染した壁の部分を、針金のような器具(ファイル)で削り取っています。神経はないので、通常痛みは感じませんが、歯の先端にヒビが入っていたり、歯の周りの膜が敏感だと、このファイルを動かすたびに痛みを感じます。

 根の治療中の痛みや、治療後の噛んだ時の違和感や痛みが取れない場合は、歯科医に麻酔をしてもらうようにしましょう。

治療中の痛みの原因と対策

歯の周りには歯根膜(しこんまく)という、噛んだ時に、硬さや軟らかさなどを感じる膜があります。歯根膜はとても敏感で、口の中に入った髪の毛一本でも敏感に感じ取ります。また、神経のない歯は、歯がもろくなっているので、歯にヒビがあれば、いつまでも噛んだ時に違和感が残ります。

根の治療をする時には、この歯根膜を刺激してしまうために、違和感や痛みとして残ります。痛みがある場合は、歯科医に麻酔をしてもらうようにしましょう。

4.歯根治療の後に腫れが引かない場合の対処法

根の治療をしたのにも関わらす、痛みを感じる場合があります。これは、根の先に逃げ場を失った膿がたまっているためです。

これを治すには根の中から膿を出すか、歯茎を切開して膿を出してあげると楽になります。このやり方を「歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)」といいます。

4-1 歯根端切除術とは

歯の根の先に問題がある場合、病巣が含まれる歯根の先端を切り取る手術である、「歯根端切除術 (しこんたんせつじょじゅつ)」という外科手術を行う必要が生まれます。これは、再び歯の機能を取り戻せる可能性がある治療です。

歯根端切除術とは、根の先に溜まった膿の袋を、歯茎の方から切開を入れて取り除き、感染した根の先の一部を切断する方法をいいます。

通常、根の先の膿の袋は、根の中の消毒をする事によって改善していきます。しかし、根の治療だけでは、膿が完全に取りきれない場合に、歯根端切除術を行い、外科的に膿の袋を取り除いていきます。

4-2 歯根端切除術を行なうケース

歯根端切除術による治療が必要なケースは以下の通りです。

  • 根管の形状により、完全に感染部分が取れない場合
  • 過去に歯根治療を受けたときに問題が生じたが、被せ物やその中にある土台が外せない場合
  • 過去に歯根治療を受けたときに問題が生じたが、根管に詰めてある薬剤が根の先から溢れて除去不可能な場合
  • 外傷で歯の根の先が破折してしまった場合

4-3 歯根端切除術の方法

歯根端切除術では、まず根の治療を行っていきます。できるだけ、根の治療で改善できるように治療を行っていき、根の中が綺麗になった状態で薬を詰めて経過をみていきます。

膿の袋が小さくなる傾向があれば、そのまま被せものをしていきますが、被せものをした後に再び、膿の袋が大きくなる可能性もあります。場合によっては、被せものをそのままに歯根端切除術を行います。

歯科用CTを使用し、どの根の、どの部分が原因なのかを確認します。極力傷口が小さくて済むように部位を特定していきます。

歯茎に麻酔をして、膿の袋を取り出します。拡大鏡を使い、細菌や膿の袋が残らないように綺麗に取り除いていきます。また、「ピエゾサージェリー」と呼ばれる超音波メスで、歯肉や粘膜を傷めずに治療を行うこともできます。

感染源となっている根の先端を切断し、切断した歯の面には歯が再生しやすいセメントを詰めます。膿の袋によって、根の先端の骨が大きくなくなっている場合には、骨を再生させる膜を置きます。

その後、歯茎を元の位置に戻し、縫い合わせます。そして翌日、傷口に消毒と問題が無ければ、7~10日後に抜歯します。溶けてしまった骨が完全に戻るのには、半年近くかかります。症状が無ければそのまま経過観察となります。

4-4 そもそも腫れが引かないのはなぜ?

神経を取り除く前や、根管治療前には歯痛がなかったのに、治療してから歯痛が起こった場合には、根の中に細菌が入り込んでしまった可能性が考えられます。

この場合、ラバーダム防湿を行わない根管治療、無菌的環境で治療されていない場合は、治療中にも、口の中の唾液や歯の周りの歯垢(プラーク)から、根っこの中に細菌が入りこんでしまいます。こうなると、「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅえん)」という病気が発生します。

この病気が原因で、歯の痛みが長引くことがあります。治療後は歯に刺激が加わるため、一時的に痛みが生じる事もありますが、これは、細菌性の(炎症による)痛みとは異なり、通常3日程度で落ち着く痛みなので、心配ありません。長引く痛みの場合には、細菌の感染を疑ってください。

5.歯根治療をした後で起きる口臭について

歯根治療をした後、口臭が気になる場合、それは薬の匂いや、膿の匂いが原因だと考えられます。

薬の匂いは、仮に詰めたセメントの一部が欠けて、そこからしてくるためだと考えられます。

薬剤の匂いが気になるようでしたら、もう一度仮に詰めたものをはずして、詰め直してもらうのもいいでしょう。

5-1 口臭が出る理由は膿がたまる

口臭と膿が必ずリンクしているとは限りませんが、セメントが欠けているなどの問題が生じている場合、このような可能性は否定できません。

また、膿が大きくなり、歯肉の外にまで症状が出るくらい大きければ、口臭につながる可能性が高いです。しかし、根っこの中に問題がある場合、口臭とは関連しないといわれています。

根管治療中は蓋をするので(綿だけで蓋をする場合もあり、その場合は膿の臭いがします。)臭いのは歯の中だけ、という事になります。そのため、銀歯を被せる頃には理論上無臭です。

それでも実際に口臭があるとなると、可能性が高いのは歯周病です。歯周病の検査も適宜受けてみるといいでしょう。

5-2 口臭を改善する方法

歯茎にたまった膿は、小さいものであれば、歯の根の治療を行えばすぐに改善できます。まずは歯の被せ物を外してみましょう。

そして、膿の発生元である感染部分を除去した後、ばい菌が残らないように内部を綺麗に掃除して終了です!

口臭が気になる程度で、痛みや違和感がなければ、数回の治療で膿も消えていき、臭いも気にならなくなるでしょう。ただし、痛みが急にひどくなった場合には、麻酔をして歯茎を切る事になります。

切開した歯茎から、たまった膿が出てくると、痛みは和らいでいきます。その後、抗生物質で歯茎の中の菌を除菌する事になります。

そもそも、歯茎から臭い膿が出てくる原因は、かつて虫歯治療をした歯の根っこにあります。

そのため、治療ですでに歯の土台が入っていて、歯の中からの治療ができない時には、歯茎を切開して歯の根っこだけを切断する「歯根端切除術」を行う事になるでしょう。

6.まとめ

神経を失うと、歯の寿命は半減してしまいます。もちろん、全ての歯がそうなるわけではありませんが、寿命は確実に短くなります。根の治療も、歯科医の技術に大きく左右され、再治療も頻繁に行われます。

自分の歯で今後もずっと過ごしたいのであれば、歯を削らないための予防歯科をやっていくことが大切でしょう。

ページトップへ