お悩み解決コラムその他

ロイテリ菌の力で虫歯を予防!お口の健康を守る善玉菌とは?

ロイテリ菌

103view

「ロイテリ菌」という言葉を聞いたことはありませんか? 歯の健康を守ってくれる善玉菌として注目を集めている細菌です。

最近、ロイテリ菌の性質を利用して「口の中にいるロイテリ菌を増やし、虫歯・歯周病を予防する」という予防法が注目されはじめています。こういった予防法を「プロバイオティクス」とか「バクテリアセラピー」と呼んでいます。

こちらの記事では、「ロイテリ菌の性質」と「ロイテリ菌を活用した予防方法」を一から解説しています。

1.ロイテリ菌とはどんな細菌か?

ロイテリ菌は、正式名称を「ラクトバチルス・ロイテリ菌」といいます。「L.ロイテリ菌」と書いてある場合もありますが、「L」は「ラクトバチルス」の略で、まったく同じ菌を意味します。一般に「身体に良い菌」とされている乳酸菌の仲間で、哺乳類の消化管・母乳などに含まれる細菌です。

1-1 ロイテリ菌は虫歯・歯周病を予防できるのか?

ロイテリ菌には、「ロイテリン」という物質をつくり出す働きがあります。ロイテリンは複数の細菌・カビ・酵母が増殖するのを防ぐ「抗菌性物質」です。ただ、すべての細菌を攻撃するわけではなく、特定の細菌にしか影響を与えません。「特定の細菌」というのは、虫歯菌・歯周病菌などを含む数種類の有害な菌です。

わかりやすく説明すると、ロイテリンは虫歯菌・歯周病菌の増殖を抑えますが、善玉菌には影響しません。だからこそ、ロイテリンを生み出すロイテリ菌は、口腔内の環境を整えることができると言われています。

1-2 歯垢の分解、口臭予防の働きも

ロイテリ菌は、歯垢(プラーク)を分解する性質も持っているので、虫歯菌・歯周病菌の住みかをなくす働きも期待できます。この働きにより、ロイテリ菌は虫歯予防だけでなく、口臭の予防・改善にも役立ちます。

口の中には、細菌のかたまり(バイオフィルム)があり、これが口臭の原因になっています。プラークを分解し、バイオフィルムの悪玉菌を抑制することで、口臭の根本原因を解消することが可能です。

1-3 口腔内の健康もまた「細菌のバランス」で決まる!?

おなかの調子を整えるために、乳酸菌・ビフィズス菌などを摂取したことがある方も多いと思います。これは「腸の働きを助ける善玉菌を増やし、便秘・下痢の原因になる悪玉菌を減らす」というのが目的です。

つまり、腸内の「細菌のバランス」を善玉菌優位に整えるわけです。「細菌バランス」を意味する「腸内細菌叢」「腸内フローラ」といった言葉も、最近は有名になってきました。同じように、歯・歯茎といった口腔内の健康を保つときにも、「口の中の細菌バランス」を整えることが有効です。

そして、ロイテリ菌の働きを利用すれば、口の中に住む悪玉菌(虫歯菌・歯周病菌)を減らし、善玉菌優位の状態をつくり出すことができます。

2.ロイテリ菌はサプリメントから摂取する!

ここまで解説したとおり、ロイテリ菌は口腔内の環境を整えるのに役立ちます。さて、そんなロイテリ菌を摂取するには、どのような方法があるのでしょうか?

基本的には、サプリメントから摂取することになります。ロイテリ菌を豊富に含んでいるのは母乳くらいですから、なかなか「食べ物から摂取する」というのは現実的ではありません。

2-1 代表的なサプリメントは、スウェーデン生まれの製品

ロイテリ菌を摂取するためのサプリメントとして代表的なのは、スウェーデンの「バイオガイア社」が販売している製品です。バイオガイア社は、母乳由来のロイテリ菌をたくさん保有している上、商業利用の特許も持っています。そのため、現状、ロイテリ菌の製品の多くは、バイオガイア社が販売している状態です。

もともと、善玉菌の力で健康を維持する「バクテリアセラピー」の考え方自体、スウェーデンのカロリンスカ研究所が推進したところがあります。そのため、ロイテリ菌のサプリメントがスウェーデン製なのは自然ななりゆきといえるでしょう。

ちなみに、カロリンスカ研究所はノーベル生理学・医学賞の審査をおこなう機関でもあります。

2-2 歯医者さんでもロイテリ菌を活用

もちろん、日本国内でもロイテリ菌のサプリメントを手に入れることは可能です。薬局・ドラッグストアなどでも購入できますが、それ以上におすすめなのが、歯医者さんに相談する方法です。

一部の歯医者さんでは「バクテリアセラピー」を取り入れ、「患者さんの口腔環境に応じてロイテリ菌のサプリメントを提案する」という試みをはじめています。「虫歯になる前に予防する」という方向性で、予防歯科を重視している歯医者さんに相談してみると良いでしょう。

特に「スウェーデン式の予防歯科」をかかげている歯医者さんは、ロイテリ菌のサプリメントを扱っていることも多いです。

3.バクテリアセラピーの特徴とその安全性

ロイテリ菌を使ったバクテリアセラピーは虫歯・歯周病治療に適していますが、万能というわけではありません。すでに進行した虫歯・歯周病に対しては、「歯を削る」「歯石を取りのぞく」などの外科的治療が必要です。

この章では、ロイテリ菌を使ったバクテリアセラピーの特徴について、細かくまとめることにしましょう。

3-1 長期的な視点で、口腔環境を改善するのに向いている!

あくまでも予防法なので、即効性はありません。「口の中のネバネバ感が解消する」「口臭が改善する」といった作用が生まれるまでには、早くて数日、遅いと数週間くらいの期間が必要です。ロイテリ菌が口腔内に定着して増えるまでに、それなりの時間がかかるからです。

3-2 歯周病治療の効果を助ける!

バクテリアセラピーは予防法なので、すでに進行している歯周病を治すには向きません。しかし、歯医者さんの歯周病治療とバクテリアセラピーを同時におこなうと、治療効果が向上します。

歯周病は歯と歯茎の隙間である「歯周ポケット」が拡大することで悪化します。そこで、歯周病治療では「歯周ポケットの縮小」を目指しますが、歯科治療とバクテリアセラピーの併用で、歯周ポケット縮小の速度が約3倍になったという研究結果があります。

参照URL:http://www.prodentis.jp/

3-3 もともと体内に存在する菌なので、安全性が高い!

ロイテリ菌は、最初から人間の口腔内・消化管内に存在している善玉菌です。薬品ではありませんから、特に副作用もありません。

さらに2014年の段階で80の国・地域で採用されているなど、臨床結果も豊富です。また、ロイテリ菌を使った健康食品の主な販売元である「バイオガイア社」が、さまざまな臨床実験をおこない、その結果を公表しています。以上から、ロイテリ菌によるバクテリアセラピーに関しては、一定の信頼性が認められていると考えて良いでしょう。

参照URL:http://www.biogaia-dental.jp/company

4.まとめ

善玉菌を活用する予防医療は「バクテリアセラピー」「プロバイオティクス」などと呼ばれ、だんだんと存在感を増してきています。ロイテリ菌がもっと普及すれば、スウェーデンのように「80歳を超えても自分の歯が20本以上残っていて当たり前」という状況がやってくるかもしれません。

ページトップへ