歯周病

歯槽膿漏がもたらす臭いの原因とその対策

a7b2b37b19d69afbcc01f1f704164a0d_m
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28,415view

あなたは周りの人に口臭を指摘されたことはありませんか? 口臭は、自分自身ではなかなか気づかないことが多いようです。もしかしたら、知らないうちに周りの人を不快な思いにさせているかもしれません…。

では、臭いの原因はどこにあるのでしょうか? 原因は歯茎の病気である歯周病かもしれません。歯周病は悪化すると「歯槽膿漏」となり、口臭も強烈になっていきます。

歯槽膿漏を放置すれば、口臭だけでなく最終的に歯まで抜け落ちてしまいます。悪化する前に早めの治療を心掛け、大切な歯を守り、爽やかな息を取り戻しましょう。ここでは、歯槽膿漏の臭いの特徴をお伝えし、臭いが発生する原因やその対策まで紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

1.歯槽膿漏の臭いかどうか確かめる

歯槽膿漏は口臭まで発生する厄介な病気です。ただ、自分の口の臭いはなかなか気づかないことが多いので、意識して口臭チェックをしてみるのがいいでしょう。歯槽膿漏ではなく、胃の炎症が原因で口臭がするということも考えられますので、まずは自分の手で口を塞いでみてどんな臭いがするか確認してみてください。

◆歯槽膿漏の臭いの特徴

歯槽膿漏の臭いの主な物質は「メチルメルカプタン」と呼ばれる揮発性硫化物です。このメチルメルカプタンの臭いは強烈で、特徴として「腐った玉ねぎ」のような臭いを発するといわれています。

◆胃の炎症が原因の口臭

歯槽膿漏ではなく、「胃炎」が原因で口臭が発生していることも考えられます。胃炎は、胃の中の「ピロリ菌」の感染が主な原因です。胃の炎症による口臭の特徴は「腐った卵」のようだといわれています。また、ストレスや暴飲暴食によって「胃腫瘍」になった場合もこのような口臭が発生します。自分の健康状態を省みて、胃の痛みや不快感がないかを確認してみることも大事です。

2.歯槽膿漏の臭いの原因と対策

2-1 臭いの原因は「歯周ポケット」のプラーク

歯槽膿漏がどうして強烈な臭いを発するのか? それは、歯と歯茎の間にできた歯周ポケットにプラークがたまっていることが原因です。このたまったプラークにより歯周ポケットが「4ミリ以上」深くなると、細菌が増殖して臭いを発するようになります。

「腐った玉ねぎ」のようだといわれている歯槽膿漏の臭いですが、こんな臭いが自分の口から発せられていたら本当にイヤですよね! しかも、自覚症状がないことが多いので、周りの指摘により気づかされたときは、ショックが大きいと思います。

2-2 「膿」が強烈な臭いを発する

また、歯槽膿漏は、歯を支えている「歯槽骨(しそうこつ)」が溶けてしまう病気です。これに伴い、歯茎が退縮してしまって「膿」まで出てくるようになると、その膿が強烈な臭いの元となります。

2-3 臭いの対策には“丁寧な歯磨き”を心掛ける

臭いの対策として自分自身ができることは、まず丁寧な歯磨きを心掛けることです。毛先が細い柔らかい歯ブラシを使って、歯周ポケットのプラークを除去していきましょう。その際、歯と歯茎の境目を「45度」の角度で、「1箇所20回程度」を目安に軽く磨いてみてください。

しかし、歯槽膿漏の影響で膿まで出てくるような場合、市販の「歯槽膿漏薬」を使って悪化を防ぐように努めてください。歯磨きのときは、柔らかめの歯ブラシで歯茎をマッサージするように優しく磨いてみてください。

市販の「歯槽膿漏薬」に関しては『“薬”で治そう!歯周病を改善させる方法』を参考にしてください。

2-4 歯医者さんで“臭いの元”を取り除く

自分自身で行う歯磨きだけでは、どうしても磨き残しが心配になってきます。歯磨きだけでは不安な方は、歯医者さんで“臭いの元”となっているプラークをきれいに除去してもらうことができるので、歯医者さんで一度、お口の中を診てもらいましょう。

歯医者さんでは、プラークと歯石を除去してもらう「スケーリング」という治療のやり方があります。“スケーラー”と呼ばれる特殊な器具で、歯磨きでは落としきれなかったプラークや歯石を取り除くことができます。

また、歯茎がひどく腫れて膿が出ているような状態の場合、歯茎を切開して膿を出すことも考えられます。冒頭でも述べたように、この膿は強烈な臭いの原因となりますので、歯医者さんで適切に対処してもらいましょう。

3.臭いの原因菌を除去する「3DS」という治療法

歯槽膿漏の不快な臭いを取り除く「3DS」という治療方法があります。これは歯医者さんで行ってくれる「マウスピース」を使った最新の治療方法です。ちなみに、「3DS」とは、「Dental Drug Delivery System」の略語で、「歯医者さんでお薬を使い、口内に直接届けるシステム(治療方法)」を意味しています。

歯医者さんで自分に合った歯型のマウスピースを作ってもらい、その中に歯周病菌を殺菌するお薬を入れて、歯磨き後にそのマウスピースを歯にはめ込みます。そうすることで、お薬の浸透力が高められ、効き目が長続きするという利点があります。

ではここで、「3DS」の治療の流れと、おおよその費用も図で紹介します。

◆治療の流れ

歯槽膿漏 治療の流れ

 

 

 

 

 

 

 

◆治療にかかる、おおよその費用(保険外診療となります)

処置 料金 備考
歯周病菌検査 10000~15000円 検査2回(1回最低5000円)
マウスピース製作 10000~15000円 上下2個の合計金額
PMTC(口腔内クリーニング) 3000~5000円 クリーニング回数1回
3DS施術 6000円 回数2回(1回3000円)

4.まとめ

歯槽膿漏になると、次第に口臭が発生するようになります。口臭の発生源は歯周ポケットにたまったプラークであることがわかりました。また、歯茎から膿まで出るようになると、その膿は強烈な臭いの原因となります。お口のエチケットを守るには、自宅での丁寧な歯磨きと、歯医者さんでの治療も大切になってきます。自分のお口の中を爽やかに保つために、早めの対策を講じましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加